Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『モトカレマニア』田中みな実、山口紗弥加も参戦 暴走気味な恋の気配にザワザワ

リアルサウンド

19/10/25(金) 6:10

 いよいよMKM(モトカノ・モトカレマニア)同盟を結成したユリカ(新木優子)と山下(浜野謙太)。『モトカレマニア』(フジテレビ系)の第2話では、ユリカと山下がお互いに元カレ・元カノを忘れるべく、試行錯誤を繰り返した。

【写真】ジンギスカンをつつく田中みな実と浜野謙太

 ユリカに交際を申し込んだものの、自身も元カノが忘れられないモトカノマニアだった山下はそのことを正直にユリカに打ち明ける。そしてユリカと山下は意気投合し、脱MKM(モトカノ・モトカレマニア)同盟を結成するのであった。2人はデートに行ったり、あの手この手で前の恋人を忘れようとする。しかしこのタイミングでマコチ(高良健吾)がユリカに、先日の“マンション営業”の一件を謝り、ユリカはまたマコチに気持ちが揺れてしまう。すると、山下とマコチとユリカの3人で飲んでいるときに、マコチに山下とユリカの関係を応援され、脈がないことを痛感しますます落ち込むユリカ。一方で、マコチもまたユリカを大切に思っており、自分の気持ちと折り合いをつけようとしていた。

 山下の元カノであるむぎ(田中みな実)や、マコチと暮らしているさくら(山口紗弥加)などこれから活躍しそうな注目のキャラクターがいよいよ参戦してきた。さくらの正体は丸の内さくらと言う作家だ。ユリカの愛読書の作者でありながら、一方で現在のマコチの同居相手というユリカにとっては面白くない相手である。そしてむぎは、山下の元カノで、現在北海道にいるアナウンサーだ。さらにむぎには、これから進展する“あの話”があるそう。むぎの出方次第では、順調に脱MKMしていた山下もまたモトカノマニアに逆戻りしてしまうかもしれない。

 好きな気持ちというのは、理性で律せるものではないのだ。簡単なアクシデントですぐに“好き”が溢れ出てしまう。本作はそんな気持ちを切り替えられない男女をコミカルに描きながらも、結局全員が“好き”に素直なモトカノ・モトカレマニアたちだ。むぎやさくらも含め、みんなが暴走気味な恋の気配にザワザワしている。

 第2話では脳内会議のマコチバージョンも披露される。高良は、男気マコチで浴衣姿を披露したり青春マコチではユリカの彼氏時代の姿で登場するなど、新木同様にコミカルな芝居を見せた。マコチは、一見元カノに興味のない冷たい男になってしまったように思えたが、実はユリカのことを人一倍大切に思っており、空回りしながらも一生懸命ユリカを応援する。いつもどこかズレた発言でユリカを翻弄するが、高良の爽やかな笑顔とウルウルした瞳で、ユリカのように全てを許してしまう。妄想マコチのシーンでは、ユリカ視点でマコチに頭をポンポンしてもらっているような構図のシーンもあり、ファンにはたまらない演出だ。本作をきっかけに“高良マニア”が増えることは間違いないだろう。

 次回は、山下の会社の同僚で山下に思いを寄せる千鶴(趣里)も本格参戦する。ユリカを中心に広がった恋の群像劇は勢いを増すばかりだ。

(Nana Numoto)

アプリで読む