Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

折坂悠太

折坂悠太、上野樹里主演ドラマ主題歌を担当「このドラマを見た人が明日を愛せるように」

ナタリー

19/7/6(土) 5:00

折坂悠太の新曲「朝顔」が、7月8日(月)21:00に放送がスタートするフジテレビ系テレビドラマ「監察医 朝顔」の主題歌に決定した。

上野樹里が主演の「監察医 朝顔」は、東日本大震災を経験した家族の姿を描いた作品。主人公の監察医・万木朝顔役を演じる上野のほか、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎らの出演が発表されている。

このドラマの主題歌として「朝顔」を書き下ろした折坂は、「主人公・朝顔の『監察医』という仕事は、『歌手』として生きる自分とも重なります。このドラマを見た人がただ、朝に始まる明日を愛せるように」とコメント。上野も楽曲について、「別れを乗り越えて生きている人々にも、聴いてほしいなと思いました。辛い事がたくさんあっても明るく前向きに生きている主人公の姿を、この素晴らしい主題歌と共に皆様の元へ届けていけたらと思います」と思いをつづっている。

折坂悠太 コメント

もの言わぬ人の想いを汲み取り、代弁し、暗い夜の先に、ひとすじ光を見出す。
主人公・朝顔の「監察医」という仕事は、「歌手」として生きる自分とも重なります。
このドラマを見た人がただ、朝に始まる明日を愛せるように。
物語の登場人物たちの歩む道が、僕や、大切なあの人と交差しますように。
そう願って歌います。

上野樹里 コメント

まず、タイトルが「朝顔」という役名と同じである事に感動しました。歌の中では、現在・過去・未来と描かれているようですが、朝顔の家族が思い浮かぶだけではなく、死という別れを乗り越えて生きている人々にも、聴いてほしいなと思いました。改めて太陽と共に咲く朝顔の花のように、辛い事がたくさんあっても明るく前向きに生きている主人公の姿を、この素晴らしい主題歌と共に皆様の元へ届けていけたらと思います。元号が変わって時代が変化していく中で、新しいサウンドであり懐かしさも感じる折坂さんの楽曲と歌声は、まさにこの「監察医 朝顔」のドラマに相応しいと思いました。

アプリで読む