Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

映画「ある船頭の話」より。野性爆弾くっきー出演シーン。

次長課長河本&くっきー、オダギリジョー監督映画「ある船頭の話」に出演

ナタリー

19/8/9(金) 17:00

来月9月13日(金)より全国公開される映画「ある船頭の話」に次長課長・河本、野性爆弾くっきーが出演することがわかった。

「ある船頭の話」は、オダギリジョーが監督を務める作品。橋の建設が進む山村の川で船頭を続ける主人公・トイチ(柄本明)の物語だ。村人の源三が遊びに来るとき以外は黙々と渡し舟を漕ぐ日々を過ごすトイチだったが、不意に現れた1人の少女に人生を狂わされていく。

河本は橋の建設に携わる建設作業員役、くっきーは軽快に楽器を鳴らしながら祭りに向かう楽団員役を担当。2人を起用した理由についてオダギリは「河本くんは幼馴染でもあり、前監督作『さくらな人たち』の主演でもあり。くっきーさんは、今一番興味のある顔であり」とコメントした。

なお同作のキャストには村上虹郎、川島鈴遥、伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優、笹野高史、草笛光子、細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功も名を連ねている。

(c)2019「ある船頭の話」製作委員会

アプリで読む