Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「犬部!」林遣都、バディ犬に金メダル贈呈し顔面舐められる

ナタリー

ちえに金メダルを贈呈する林遣都。

「犬部!」の初日舞台挨拶が本日7月22日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの林遣都、中川大志、大原櫻子、浅香航大、監督を務めた篠原哲雄、主題歌を担当したNovelbrightの竹中雄大が登壇した。

片野ゆかによるノンフィクション「北里大学獣医学部 犬部!」を原案に、動物愛護サークル・犬部に所属する獣医学生たちが動物を守るため奮闘する日々とその後の人生を描いた本作。林が周囲から変人扱いされる犬好きの主人公・花井颯太、中川が颯太の相棒で心優しい同級生・柴崎涼介を演じ、犬部の後輩メンバーである佐備川よしみに大原、秋田智彦に浅香が扮した。

林は撮影を「毎日楽しかったです。ワンちゃんにも囲まれながら、久々に青春を味わいました。みんなのことも大好き。もう1回やりたいぐらいですね」と回想。監修として参加した動物トレーナーのアドバイスから、バディ犬のちえとの距離を縮めるため「あれ、なんだろうね」「青森あまり来たことなかったけどいいところだね」といった雑談を頻繁にしていたそう。林は「本当に人と話すように、とにかく2人きりでコソコソ会話をしてました。撮影が進むにつれて、どんどん表情が明るくなっていく。思い出すだけでウルッとしますね」と振り返った。

中川は印象に残っている撮影として真冬の夜に柴崎が倒れてしまい、心配した犬たちが寄り添うシーンを挙げる。「撮影は真夏。めちゃくちゃ暑い中、ダウンを着てました。本当に犬まみれで。(犬の)フォーメーションは綿密に組まれていてテトリスみたいに犬と絡まって、あんなに犬の温度を全身で感じたのは初めてでした(笑)。犬好きにとってはたまらない経験でしたね」と述懐。さらに“犬たちの名演”としてちえ演じる花子を秋田たちがアパートまで引き取りに来るシーンに言及し「車が来た音に反応して、玄関に行って吠えて戻ってくる芝居があって。台本には簡単に書かれてるんですけど、そんなことできるの?と思ってました。でも、ちゃんとルートや吠える場所を覚えるんです。あれは衝撃でした」と絶賛した。

映画を鑑賞したうえで、Novelbrightとして新曲「ライフスコール」を書き下ろした竹中。動物保護をめぐる厳しい現実の物語にも触れつつ、主題歌に込めた思いを「命について書くことが初めてでした。犬部は難しい現実を前にしてもひとつの奇跡を信じて立ち向かっていく。そういった思いを込めて作らせていただきました」と明かした。イベントでは「ライフスコール」の一節をアカペラで披露する場面も。MCからの「犬部、入部したいですか?」という質問には、「したいですね」と即答。竹中の入部資格について問われた林は「動物が好きであれば皆さん犬部。だから今日ここに来てくださってる皆さんも犬部です」と答えた。

イベントの終盤には劇中や宣伝で活躍しているミックスの保護犬ちえ、柴犬のきぃ、サモエド犬のサモン、ミヌエットの猫ミッツも登壇。林は撮影の苦労をねぎらい動物たちを代表してちえに金メダルを贈呈するも、直後に顔面を舐められていた。

「犬部!」は全国で公開中。

(c)2021「犬部!」製作委員会

アプリで読む