Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“バキ化”した自身のイラストを持つバイきんぐ小峠。

バイきんぐ小峠がバキ化、数々の修羅場(ドッキリ)をくぐり抜けたツッコミ菩薩

ナタリー

19/8/22(木) 23:00

「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)と板垣恵介のマンガ「グラップラー刃牙」シリーズのコラボ企画「芸能人バキ化プロジェクト」の第4弾としてバイきんぐ小峠が“バキ化”し、そのイラストが公開された。

「芸能人バキ化プロジェクト」は、「ダウンタウンDX」の出演者を板垣がマンガ「バキ」シリーズの登場人物のようなタッチで描く企画。“話術闘技場”となった番組のスタジオで、ゲストたちがダウンタウンにトーク力で戦いを挑むというストーリーで展開されている。

バキ化した小峠は、フルコンタクト空手ならぬ“フルコンタクト・コント”団体「海賊(バイきんぐ)」の総帥という設定。「くぐり抜けた修羅場(ドッキリ)は数知れず、襲いかかってくる虎を『いつものやつ』だと思い込み、微笑みながら倒した」という逸話から“ツッコミ菩薩”の異名を持つ。

今回のイラストについて小峠は「とにかくすごいの一言! これはうれしいですね! 板垣先生とはプライベートでお食事に連れて行っていただいたり、交流があるんですが、とにかくうれしい」とコメント。自分の後ろに相方・西村も描かれていることにも触れ、「余計なものが写ってますけどね(笑)」と話していた。

(c)板垣恵介(秋田書店)1992『バキ道』 週刊少年チャンピオン連載

アプリで読む