Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「超・少年探偵団NEO -Beginning-」公開記念舞台挨拶の様子。

「超・少年探偵団」高杉真宙が佐野岳のアクション絶賛、板垣瑞生の誕生日サプライズも

ナタリー

19/10/26(土) 13:24

「超・少年探偵団NEO -Beginning-」の公開記念舞台挨拶が、本日10月26日に東京・渋谷TOEIにて開催され、キャストの高杉真宙、佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生(M!LK)、前田旺志郎、監督の芦塚慎太郎が登壇した。

江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズを原案とする本作。明智小五郎の弟子・小林芳雄のひ孫である芳狼が、学園七不思議の怪事件に遭遇しながら自らの秘められた能力や宿命と向き合うさまが描かれる。

約2年前に撮影した本作。メインキャストが久々に勢ぞろいしたことを受け、芳狼役の高杉は「楽屋で会ったときみんなスーツを着ていたので、同窓会に来たような気がしました」と笑う。芳狼の親友・ワタリ役の佐野は「久しぶりなんですが、会ったら即あの日々に戻れました」と話す。学生兼アイドルである明智小夜役の堀田は、完成披露上映会には前田が参加していなかったことから「今日は安心感があります。(前田は)なんでもツッコんでくれるので」と笑顔を向ける。前田と同じくミステリー同好会のメンバーを演じた板垣は「俺は別に(前田がいてもいなくても)どっちでもよかった」とわざと冷たく言い放ち、前田から「お前に一番ツッコんでるから!」と早速ツッコまれた。

わきあいあいとした空気で舞台挨拶が進む中、板垣は「僕たちミステリー同好会の3人はふざけてるんですけど、真宙くんは本当に真面目にこの映画をやっているので、それだけは忘れないでほしい。ほんっとうに!! ほんっとうにちゃんとやってました!」と突然アピール。それがわざとらしかったせいで、高杉は「ちゃんとやってないみたいだから」と苦笑いする。本作でアクションも披露している佐野は「監督に言って、アクションシーンを増やしてもらったんです。一応全部自分でやらせてもらいました」とスタントなしの撮影を回想。高杉は「本当にすごいです。観てて気持ちいいですもん」と佐野の身体能力を絶賛した。

ここからは物語にちなみ、キャストらそれぞれの“ダークサイド”に関する話題へ。早速高杉は、前田や板垣に「ないでしょ! 真宙くんはほんまにめちゃくちゃいい子だから、ダークサイドがあっても聞きたくない」「かわいいエピソードないんですか?」と囃し立てられる。そして高杉は「部屋から出られない……って話、ちょうどいいかな?」とインドア派であることを告白するが、登壇者たちのOKをもらえず、少し考えたのちに「本当にサボるのが上手で、小さい頃から弟2人に家事をやらせて、僕は“やってますよ感”出してました」と明かした。そして佐野は「僕、本当に腹黒くて。本当は『全員消えろ』『役者俺だけにならないかな』って思ってる(笑)」と暴露し、「仮面ライダー鎧武」からの付き合いである高杉の肩をたたき「真宙っちのことも……ごめん、お前嫌いだわ! 冗談だけど(笑)」とジョークを飛ばした。

終盤には、昨日10月25日に19歳の誕生日を迎えた板垣を、サプライズで祝福することに。怪人二十面相が登場した段階で何かを察してしまった板垣は、小声で「あっ(笑)」と漏らすが、観客たちが「ハッピーバースデートゥーユー」を歌うと、「もっと!」と煽る。そしてケーキを受け取り「こんなに素敵な人たちと誕生日を迎えられて、本当に僕は幸せ者だな」と笑顔を見せた板垣へ、前田から「君にしては挨拶がきれいすぎる」と疑いの目が。さらに板垣は、自分から「19歳の抱負ですか? いろんな方にこの映画が届けばいいなと思っています!」と進み出て、再び「別に聞いてない、聞いてない!」とツッコまれた。

「超・少年探偵団NEO -Beginning-」は全国で上映中。

(c)2019 PROJECT SBD-NEO

アプリで読む