Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Little Glee Monsterが語る、2018年に遂げた飛躍と個々の成長「今のリトグリは何色にもなれる」

リアルサウンド

19/1/16(水) 18:00

 Little Glee Monster(略称:リトグリ)が、本日1月16日に4thアルバム『FLAVA』をリリースした。

Little Glee Monster 『恋を焦らず』Short Ver.

 前作『juice』(2018年1月17日リリース)からスタートダッシュを切った2018年は、1年通して多くの人の耳に届いた2018年『コカ・コーラ』イメージソング「世界はあなたに笑いかけている」をはじめ、初のアリーナツアー『Little Glee Monster Arena Tour 2018 – juice !!!!! – 』や同じく初の海外単独公演『Little Glee Monster Asia Tour 2018 – juice!!!!! – 』と、国内はもちろん、海外にも彼女たちの歌声を届けられた1年だった。

 そして昨年末は2年連続出演となる『NHK紅白歌合戦』にてパフォーマー200人を引き連れた壮観なパフォーマンスを披露し、2019年2月には2年振りの日本武道館公演『Little Glee Monster Live in BUDOKAN 2019〜Calling Over!!!!!』2DAYSが控えるなど、2018年から2019年へ、その勢いはとどまることを知らない。

 そんな様々な挑戦があった2018年の振り返りから、最新作『FLAVA』、そして武道館公演まで、メンバー個々が見つけた“歌に対する新たな発見”やデビュー5周年を見据える“今のリトグリの強み”について語ってもらった。(編集部)【最終ページに読者プレゼントあり】

「2018年は『本当に駆け抜けた1年』」(芹奈)

ーー2018年はリトグリにとってどういう1年だったと思いますか?

芹奈:本当に駆け抜けた1年でしたね。

他のメンバー:(強く頷きながら)うん。

芹奈:去年の紅白(『第69回NHK紅白歌合戦』)まで、本当にあっという間でしたね。そのあっという間の中にもいろいろ大きな課題があったので、自分たちにも成長できた1年だったと思います。

ーー思えば2017年終盤に「Jupiter」がドラマ『陸王』(TBS系)の劇中歌に起用されたことで、すごく良い流れで2018年に入っていけましたものね。

芹奈:うん、そうですね。始まりから終わりまで、本当に最高の1年でした。

ーー2018年の2月、3月には横浜と大阪でアリーナツアー『Little Glee Monster Arena Tour 2018 – juice !!!!!–』がありましたが、あれからまだ1年も経ってないんですものね(参照:Little Glee Monsterが横アリ公演で見せた、ポジティブな空気に満ちたステージ//Little Glee Monster、“様々な挑戦”が結実 アリーナツアー千秋楽を見て)。

かれん:そっか、確かに。

ーーあのアリーナツアー含めて、とにかくライブが面白い1年だったとも思います。『MTV Unplugged』という新たな挑戦もありましたし(参照:Little Glee Monster、日々の研鑽で掴んだ憧れのステージ ブルーノート東京で魅せた特別な一夜)、夏には初のアジア単独ツアーも経験。9月から12月にかけてはホールツアー『Little Glee Monster Live Tour 2018~Calling!!!!!』もありました。それぞれカラーが異なり、ちゃんと今までとは違う側面を見せられたんじゃないかなと思います。

manaka:特にホールツアーは、初めてライブに来てくれた方が圧倒的に多かった印象が強くて。

ーー僕は千葉・松戸公演(11月10日開催)に伺いましたが、あの日のMCで皆さんが「初めてリトグリのライブに来た人?」と問いかけると、かなりたくさんの手が上がっていました。

manaka:そうでしたね。ずっと応援してくれているファンの方と、いろいろなところで知って初めてライブに来てくれた方が集まったあの光景を目にしたときに、私たちが思っている以上にリトグリを知るきっかけが去年もたくさんあったんだなということを実感できました。

ーー関東でもまだこんなにたくさん「リトグリのライブを初めて観た」という人がいる事実に驚きましたし、つまりそれは「リトグリのライブを観たい」という人が着実に増えているという表れでもあるわけですものね。

かれん:そうやって新規のファンの方が増えているというのは、本当にうれしいですね。

「背中から感じる歌の音圧がものすごくて」(アサヒ)

ーーまた、昨年は1年間通して「世界はあなたに笑いかけている」という曲を、さまざまな場面で耳にする機会がありましたし、そこからファンになったという人も少なくないのかなと。1年かけて大事に育ててきたことで、あの曲はリトグリにとっての新たな代表曲になりましたよね。

芹奈:はい。昨年は本当にずっと、「世界はあなたに笑いかけている」を歌っていた印象が強いです。年末は特に、毎日のようにいろんな音楽番組やライブで歌わせていただきましたし。

Little Glee Monster 『世界はあなたに笑いかけている』Short Ver.

MAYU:あの曲自体のリリースは8月でしたけど、実際には春から歌っていたので、1曲をこんなに長い期間、いろんな場所で歌うのも初めての経験でした。

ーーそういった地道な活動も、ライブでの新規ファンにつながったと思います。それに加え、2018年はいろいろな音楽賞でリトグリが評価される機会も増えました。一番近いところですと、年末の『第60回 輝く!日本レコード大賞』で「世界はあなたに笑いかけている」が作曲賞を受賞しましたし、その前には『MTV VMAJ 2018』での最優秀撮影賞、海外でも『2018 MTV EMA (Europe Music Awards)』でベスト・ジャパン・アクト賞をそれぞれ受賞しました。

かれん:どれもうれしかったですし、名前を挙げていただけたこと自体がありがたくて。

芹奈:うん。そういう賞をいただくことによって、「ちゃんと私たちがやっていることが実になっているんだ」とか「ちゃんと爪痕を残していけているんだ」っていう実感がすごく湧くので、本当に選ばれたことはうれしかったです。

ーーちゃんと形として結果を残せた1年になりましたね。そんな1年の締めくくりには、『NHK紅白歌合戦』に2年連続で出場できました。200人の学生と一緒に「世界はあなたに笑いかけている」を歌う絵は、ただただ圧巻でした。

芹奈:初めてリハーサルするときは、200人がどれくらいなのか想像もつかなくて。「どんな感じなんだろう?」と思ってたけど、実際に歌ってみたらすごい圧倒されて。

アサヒ:実際、背中から感じる歌の音圧がものすごかった。

芹奈:あの人数の方々と一緒に歌うこと自体が初めてでしたし、しかもそれを紅白という場でやれたのが本当にうれしくて。もう二度とないかもしれないっていうくらいの経験だったので、すごく楽しかったですね。

ーー最初に芹奈さんが「駆け抜けた1年だった」とおっしゃいましたが、これだけいろんな活動が続くと、そのぶん充実感も大きかったんじゃないかと思いますが?

芹奈:すごいありましたね。そういう意味でも、2018年は本当に恵まれた1年だったと思います。

「5人の個性に焦点を当てて、個々の素材感を大切に」(かれん)

ーーそして2019年に入り、1月16日に4枚目のアルバム『FLAVA』がリリースされます。

かれん:こうやって毎年アルバムをリリースできることは、本当に幸せなことです。

ーー“FLAVA”という言葉自体には「性格、生き方、スタイル」といった意味がありますが、このアルバムタイトルにはどういう思いが込められているのでしょう?

かれん:もともとは“Flavor”が語源で、前作『juice』のときは全員がひとつに合わさって“juice”になるという意味だったんですが、今回は5人それぞれの個性に焦点を当てて、個々の素材感を大切にしようという意味が込められているんです。なので、アルバムのアートワークも背景や衣装にも肌色に近い色を使っていて。大人っぽさをテーマに撮影したので、これまでとも全然違いますし、私たちと同世代の方たちだけでなく大人の方たちにも手に取ってもらいやすい作品になったかなと思います。

芹奈:撮影もみんな普段あまり着ないような服を着られて、楽しかったですよ。MAYUがワンピースだったり、私もパンツだったりして、結構珍しいんじゃないかな。

ーーそれはこういう表現ができる年齢に、皆さんがなってきたという表れでもありますよね。気づけば、芹奈さんとかれんさんは昨年で20歳になりましたし。

かれん:またさらに、今年はアサヒとMAYUが20歳になりますから。

芹奈:manakaも18歳になったばかりだけど、あっという間に20歳になってると思う(笑)。

ーー確かに(笑)。アルバムの内容についてですが、前作『juice』の新曲群にあった「流行りの洋楽ポップスのフォーマットに沿った横ノリ感」をより特化させたような印象を受けました(参照:Little Glee Monsterが語る、紅白出場の喜びと3rdアルバムでの“音楽的挑戦”)。そのせいもあってか、アルバムを通して聴いたときの統一感がより強まったなと。

全員:うんうん。

ーーそんな新作の制作を通して、皆さんの中で新たにチャレンジできたこと、これまで難しいと感じていたけど今回のレコーディングを通してクリアできたことなど、新たな気づきって何かありましたか?

芹奈:今までは“真面目に歌を歌う”という感じだったんですけど、今作の「恋を焦らず」では“真剣に遊んでみよう”ということで、かなり挑戦の多い曲になったと思います。

ーーBメロの、ちょっとラップっぽい歌い方はまさにそういう感じですよね。

芹奈:そうですね。今まで私たちの曲を聴いてきた方は、もしかしたらびっくりするかもしれないですけど、そういう反応が今から楽しみですね。

「自分の歌い方に対して発見があった」(MAYU)

ーーかれんさんはいかがですか?

かれん:私は「君のこと」がすごく印象に残っていて。この曲はバラード調なんですけど、今までのリトグリにはなかったカラーで、自分的にも「リトグリってこういう曲もできるんだ」っていう発見がありました。特にこの曲は、アサヒの声や歌い方にすごく合っていますし、彼女の良さがよく出ていると思いますね。

ーーアサヒさんは実際、この曲を歌ってみていかがでしたか?

アサヒ:この曲は本間昭光さんが作曲してくださったんですけど、レコーディングのときに「部屋で話しているような雰囲気で録りたい」とおっしゃっていて。それを聞いて、どう歌ったらいいのか模索しながら歌ったんですけど、私の良さが出ているならよかったです(笑)。

ーー本間さんがリトグリに楽曲提供するのはこれが初めてですが、昨年1月放送の『Sound Inn “S”』(BS-TBS)での共演が縁だったんでしょうか?

芹奈:そうです、あの番組がきっかけです。

ーー「MY HOME」も番組(MBS『ちちんぷいぷい』)での企画が制作のきっかけですし、そう考えるとこのアルバムはいろんな縁でつながった1枚でもあるのかなと。

芹奈:そうなんですよね。しかも、「君のこと」の次にその「MY HOME」が並んでいて、アルバムの流れ的にもすごくキレイだし。1曲ずつ単独で聴いても良いんですけど、アルバムの流れでこの2曲を続けて聴くとそれぞれの良さがより際立つんじゃないかと思います。

ーー確かに、このアルバムって曲順がすごく練られていて、流れが気持ちいいんですよね。

芹奈:本当にそのとおりで、何度も聴きたくなる流れだと思います。

MAYU:私は「My Brand New Day」かな。私はこれまで、落ちサビを歌うことが何度かあったんですけど、わりとそういうときってファルセットで歌うことが多くて。でも、この曲では地声で歌っていて、それが自分としても自信につながったかな。そういう意味では、自分の歌い方に対して発見があった曲でした。

アサヒ:私はかれんが挙げた「君のこと」もですけど、もうひとつ個人的に気にいっているのは「I BELIEVE」。この曲は壮大な曲調で、きっと海外の方にも気に入ってもらえるんじゃないかと思います。

ーーさっきのアルバムの流れの話じゃないですけど、僕はアルバム序盤の「I BELIEVE」から「ハピネス」「恋を焦らず」の並びがすごく気持ちいいなと思っていて。まさに「大人のリトグリ」を表現できているんじゃないかなと。

Little Glee Monster 『ハピネス』Short Ver.

manaka:それ、わかります。私は「ハピネス」から「CLOSE TO YOU」までの4曲の流れがすごく気に入っていて。恋をしているときの甘酸っぱさがこの4曲には共通していて、通して聴くことでそういう部分がより引き立つなと思いました。

芹奈:でも、こういった曲も昔の自分だったら歌えなかったんじゃないかと思うことがあって。

ーーそれは技術的に?

芹奈:そうです。例えば最初に曲の音源をいただいたときに「あ、これは苦手なやつかも」と不安に思うんですけど、いざレコーディングをしたらわりと歌えるようになっていたりして。そうやって自然と気づくことが最近は増えたなと、すごく思いますね。

他のメンバー:うんうん。

ーーそういう気づきが、どんどん自信にもつながっている?

芹奈:うん、そうですね。

「5色にも何色にもなれる。それが今のリトグリの強さ」(芹奈)

ーー実際に完成したアルバムを通して聴いたとき、皆さんどう感じましたか?

芹奈:アルバムの新曲は去年のツアー中に録っていて、「どういうアルバムになるんだろう?」ってちょっと不安な部分もあったんですけど、完成したものを家で聴いたらしっかり良いアルバムに仕上がっていたから、すごくホッとしました。自信を持ってお届けできる作品になったなって。

かれん:本当にどの曲も良いですし、昨年リリースしたシングルも良い曲ばかりなので、早くアルバムとして聴いてほしいです。しかも特典DVDには前回のツアーの映像も入っているから、ライブに来てくれた方は見返して思い出に浸ってもらえるでしょうし、来られなかった方にも楽しんでいただけるはずなので、すごい自信作ができたなと感じています。

ーーアルバム本編にも、昨年後半のツアーで披露された楽曲がたくさん収録されていますし。特に、アルバムのラストを飾る「Everything could be your chance (From Live Tour 2018〜Calling!!!!!)」はライブのアンコールで最後に歌っていた新曲ですものね。

かれん:この曲はライブで歌ったバージョンよりも長くなっているので、ツアーに来た方にもまた違った楽しみ方をしていただけると思います。実はレコーディングでもライブに近づけるようにと、一人ひとり別々のブースに入って同時に録ったので、ライブ感がしっかり出ているんじゃないかと思います。

ーーこの曲は歌詞のメッセージ含め、リトグリらしさを強く感じさせる1曲だと思いました。こういったリトグリの独自性は作品を追うごとに磨かれていき、今回のアルバムではそれが完成形に近づいたんじゃないかという印象もあります。皆さんの中ではリトグリらしさ、リトグリならではの個性についてどう考えていますか?

芹奈:最近になってやっと、みんなの声の個性やキャラみたいなものがすごく出てきたなと思っていて。5人とも歌声のキャラは全然バラバラなんだけど、ユニゾンで歌うときはぴったり合っているような……例えば、今までだったら1色だったところが、最近は5色にも何色にもなれる。それが今のリトグリの強さなのかなと思います。

ーー確かにこのアルバムからも、一人ひとりの個が歌から感じ取れます。その確立された個性が1曲の中でぶつかり合うのではなく、しっかりとした調和を生み出しています。

芹奈:そうですね。ライブに来たお客さんからも「一人ひとりの歌をモノマネできるぐらい、個々のキャラが強くなってきたね」とよく言われるんですけど、確かにそのとおりで。そういう言葉をもらえるようになったのも、私たち的にはうれしかったです。

manaka:私は自分の個性がどうっていうのは正直わからないところもあるんですけど、メンバーとしてかれんを見ていると、そういう部分をすごく感じますね。

ーーそういう個々の成長=素材の強みをしっかり活かした結果、調和の取れた素晴らしい作品が仕上がったということなんでしょうね。

芹奈:だからこそ、ファンの皆さんにも早く聴いてほしいですし、その反応が楽しみなんです。

「武道館は何回立っても特別な場所」(MAYU)

ーー2月5日、6日には2年ぶりとなる日本武道館でのワンマンライブ『Little Glee Monster Live in BUDOKAN 2019〜Calling Over!!!!!』も控えています。実はこのインタビューをしている1月8日って、2年前に初めて武道館ライブを行った日なんですよね。

全員:おおーっ!

芹奈:本当だ!

かれん:2年前の初武道館はファンの方たちとの夢でもあったので、振り返ってもすごく楽しかった思い出ばかりで。先日、北海道でリリースイベントをやったときも「北海道から武道館に行きます!」と言ってくださる方が本当にたくさんいて、こんなにも遠くから集まってくれるんだってことを実感したばかりなので、前回を超えられるように頑張りたいです。それと、ライブのタイトルに『Calling Over!!!!!』とあるように前回のツアー(『Little Glee Monster Live Tour 2018~Calling!!!!!』)も超えられるようなライブにしたいと思ってます。

MAYU:武道館にはワンマンライブ以外でも何度か立たせてもらってますけど、やっぱり何回立っても私たちにとって特別な場所ですし、かれんが言うようにファンの方にも特別と思ってもらえる場所だと信じているので、そんな舞台で今回は2公演もできるのは本当にうれしいです。特に、今回はニューアルバムを織り交ぜての内容にもなると思いますし、自分たちでもこの新曲が加わることでどんなライブになるのか、良い意味で今まで以上に想像がつかないところもあるので、そこも含めて楽しみです。

アサヒ:あと、去年のツアーでは私たちのオリジナル曲だけでアカペラメドレーに挑戦したんですけど、武道館ではまた違った形のアカペラも披露したいので、そちらにも注目していてほしいですね。

「私たちの歌で誰かにパワーを送れるような1年に」(manaka)

ーーそういえば、リトグリは昨年10月でデビュー5年目に突入しましたね。

芹奈:そうですね。次の10月で5周年だし。

MAYU:早いなぁ……。

ーーそういう意味でも、今年は皆さんにとっても節目の年になると思うんです。そんな2019年を、それぞれどういう1年にしていきたいですか?

かれん:確かに2019年はリトグリにとってすごく大事な年になると思いますし、私たちは2020年の東京オリンピック・パラリンピックで歌うことを目標に掲げているので、そこにもっともっと近づけるような1年にできたらいいなと思っています。

芹奈:だからこそ、そんな2020年に向けて今年はたくさん、いろんな場所で歌っていきたいです。国内・海外問わず、チャンスがあればどこにでも歌いに行きたいですね。

MAYU:1周年、2周年の頃は毎日無我夢中で余裕もなかったんですけど、今は5周年という節目を、楽しみとして、プラスとして考えられるような余裕が生まれました。それは、自分たち的にも成長できているんだなと思えてうれしいです。だからこそ、今までを更新できるような年にできたらいいなと思います。

アサヒ:それと、「世界はあなたに笑いかけている」に匹敵する新たな代表曲もできたらいいな。そんな1曲をどんどん増やしていけたらと思います。

manaka:アーティストの方々やスポーツ選手の方々を見てもそうなんですけど、頑張っている人を見ると「自分も頑張らないと」っていう勇気やパワーをもらえるということを、2018年はより強く感じた1年でした。なので、私たちがひたむきに歌い続けることによって、諦めかけていたことを頑張ろうと思ってくれる方もいるかもしれないですし。2019年はそういう、私たちの歌で誰かにパワーを送れるような1年にしたいですね。

(取材・文=西廣智一/写真=林直幸)

■リリース情報
『FLAVA』
発売中
価格:初回限定盤A(CD+DVD)¥3,980 
初回限定盤B(CD+DVD)¥3,800 
通常盤(CD+CD)¥3,240

<収録内容>
CD DISC 1(全仕様共通)
01. 世界はあなたに笑いかけている
02. ギュッと
03. I BELIEVE
04. ハピネス
05. 恋を焦らず
06. 夏になって歌え
07. CLOSE TO YOU
08. 君のこと
09. MY HOME
10. My Brand New Day
11. 青い風に吹かれて
12. Everything could be your chance(From Live Tour 2018~Calling!!!!!)

CD DISC 2(通常盤のみ)
01. 世界はあなたに笑いかけている -winter ver.-
02. DANCING QUEEN
03. Motown Super Medley -Live on 2018.03.25-
04. a cappella medley -Live on 2018.10.24-
05. 世界はあなたに笑いかけている -Lead Vocal Off ver.-

初回生産限定盤A付属DVD
「Little Glee Monster Live Tour 2018~Calling!!!!!」 -Live on 2018.10.21-
・Opening~Welcome to Calling!!!!!~
・だから、ひとりじゃない
・Hop Step Jump!
・CLOSE TO YOU
・青い風に吹かれて
・小さな恋が、終わった
・夏になって歌え
・a cappella medley
・ギュッと
・好きだ。
・OVER
・SAY!!!
・世界はあなたに笑いかけている
・Ending~Thank you for Calling!!!!!~

初回生産限定盤B付属DVD
・Little Glee Monster スペシャルドキュメント~Road to the World~Director’s Cut

■ライブ情報
『Little Glee Monster Live in BUDOKAN 2019~Calling Over!!!!!』
2019年2月5日(火)開場 17:30/開演 18:30
2019年2月6日(水)開場 17:30/開演 18:30
会場:東京・日本武道館
ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00~19:00)

■関連リンク
Little Glee Monster オフィシャルサイト
Little Glee Monster オフィシャルTwitter
Little Glee Monster オフィシャルFacebook
Little Glee Monster LINE公式アカウント
LINE ID:@littlegleemonster

Little Glee Monster のサイン入りチェキプレゼント

■応募方法
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド公式Twitter

<応募締切>
1月30日(水)まで

アプリで読む