Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

和田琢磨、梅津瑞樹らが出演 「舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」2022年春上演決定

ぴあ

20/12/10(木) 20:00

「舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」 (c)舞台『刀剣乱舞』製作委員会 ©2015 EXNOA LLC/Nitroplus

IHIステージアラウンド東京において最大のスケールで挑む新作公演2部作を控える、舞台『刀剣乱舞』が、早くも次回作として「舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」の上演を2022年春に行うことを発表した。

本作は、当初2020年6月~8月に上演を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、科白(せりふ)劇として上演されたもの。今回ついに、本来のかたちである本公演が上演される。

歌仙兼定役に和田琢磨、山姥切長義役に梅津瑞樹、にっかり青江役に佐野真白などの出演が決定している。その他スケジュールなどの情報は、後日発表される予定となっている。

「舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花」
【原案】「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES / Nitroplus)
【脚本・演出】末満健一
【日程】2022年春
【出演】
歌仙兼定:和田琢磨
山姥切長義:梅津瑞樹
にっかり青江:佐野真白
亀甲貞宗:松井勇歩
獅子王:伊崎龍次郎
篭手切江:大見拓土
古今伝授の太刀:塚本凌生
地蔵行平:星元裕月
細川ガラシャ:七海ひろき 他
主催 ニトロプラス / マーベラス / 東宝 / DMM GAMES / S-SIZE

アプリで読む