Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

メキシコ×日本のカルチャー繋ぐイベント『メヒコ・マヒコ』渋谷MADOで開催

CINRA.NET

19/10/7(月) 19:00

イベント『MÉXICO MÁGICO メヒコ・マヒコ』が、10月26日から東京・渋谷ヒカリエのMADOで開催される。

メキシコと日本のカルチャーを繋ぐ同イベントでは、メキシコのカルチャーシーンで活動する8人のメキシコ人アーティストと、4人の日本人アーティストがメキシコの祝祭「死者の日」をテーマに描き下ろした作品を展示。「魔法がかかったメキシコ」を意味するイベント名は「死者の日」が行なわれる11月2日にメキシコの人々が現実の世界と先祖が眠る世界が繋がる非日常の時間を過ごすことから付けられた。

参加作家は、牛木匡憲、苦虫ツヨシ、SCHOKO、OKATAOKA、PONI、Jesús Benítez、Seher One、Jonathan Miralda Fuksman、Osley、Diego Freyre、Mazatl、Betotl Irigoyen。

また、メキシコのインディペンデントストリートウェアブランド「TONY DELFINO」の日本初ポップアップショップを展開。Tシャツ、ハット、ジャケット、参加アーティストとTONY DELFINOによる日本限定アイテムを販売するほか、雑貨屋「ocho」が出店する。メキシコ版ガーランド「パペルピカド」で彩られた店内には、TONY DELFINOのデザイナーを務めるSmitheが手掛けた祭壇が登場。キシコで買い付けた雑貨も販売する予定だ。

初日の10月26日には、Smitheや一部作家が参加予定のオープニングパーティーを実施。東京・吉祥寺のタコススタンド「TACOS Shop」と元メキシコ大使専任シェフのビクトル・バスケスによるコラボタコスや、「まろやかさ」が特長のテキーラ「ドン・フリオ」を使ったカクテル、テイスティングを楽しむことができる。最終日の11月2日にはトークイベントを実施。詳細は後日発表される。

さらに会期中に展示を訪れ、MADOのInstagramアカウント「@mado_cinra」をフォローし、ハッシュタグ「#mexicomagico_mado」「#アエロメヒコ」「@mado_cinra」を付けてInstagramに写真を投稿した人の中から抽選で1人にアエロメヒコ航空の東京・メキシコ往復チケットをプレゼントするキャンペーンを実施。

アプリで読む