Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「幸福なラザロ」

カンヌ映画祭で脚本賞、スコセッシも絶賛した「幸福なラザロ」公開決定

ナタリー

19/1/18(金) 15:00

2018年のカンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した「Happy as Lazzaro(英題)」が、「幸福なラザロ」の邦題で4月19日より公開される。

20世紀後半の、社会と隔絶したイタリア中部の小さな村を舞台とする本作。純朴な青年ラザロと村人たちは領主の侯爵夫人から小作制度の廃止も知らされず、タダ働きをさせられていた。しかし夫人の息子タンクレディが起こした誘拐騒ぎをきっかけに、労働搾取の実態が明らかに。ラザロを除く村人たちは、恐る恐る外の世界へ出ていく。

監督を務めたのは「夏をゆく人々」のアリーチェ・ロルヴァケル。彼女はイタリアで実際に起きた詐欺事件を知り、本作を構想した。北米での公開を前に本作を鑑賞したマーティン・スコセッシはロルヴァケルを絶賛。エグゼクティブプロデューサーとして映画をバックアップしている。

ラザロを演じるアドリアーノ・タルディオーロは、高校在学中にロルヴァケルからスカウトされ、1000人以上の同年代男子から発掘された新星。彼の脇を、ロルヴァケルの姉アルバ・ロルヴァケル、「ライフ・イズ・ビューティフル」のニコレッタ・ブラスキが固めた。

「幸福なラザロ」は東京のBunkamuraル・シネマほか全国で順次ロードショー。

(c)2018 tempesta srl・Amka Films Productions・Ad Vitam Production・KNM・Pola Pandora RSI・Radiotelevisione svizzera・Arte France Cinema・ZDF/ARTE

アプリで読む