Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

“東宝シンデレラ”屈指の才能・福本莉子、最強だった森七菜 2020年に輝いたヒロインたち

リアルサウンド

20/12/26(土) 6:00

 この2020年は例年とはまるで違う年になってしまったのは言うまでもない。新型コロナウイルスの影響で春以降には多くの映画やドラマが延期となり、懐かしいドラマの再放送が相次ぐことに。『愛していると言ってくれ』(TBS系)の常盤貴子や『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)の堀北真希の姿を久しぶりにテレビ画面で観ることができたのはこの上ない喜びではあったが、やはり全体的には、いまひとつ盛り上がりに欠けた1年であったことは否めないところだ。

 それでも夏過ぎごろからは、映画界は完全に元通りとまではいかなかったが、スタッフやキャスト、作品に携わるすべての人々が互いの安全に配慮しながら撮影に臨むなど、通常とは異なる努力を重ねた結果として、コンスタントに作品が届けられるようになった。それは作品の受け手として感謝せずにはいられない。

 さて、そんな1年を振り返って、もっとも印象に残った女優をピックアップするならば、まず挙げるべきは福本莉子を置いて他にいない。8月に公開された三木孝浩監督の『思い、思われ、ふり、ふられ』で主人公4人の1人として、正統派キラキラ映画ヒロインを演じ抜いた福本。共演した同じ「東宝シンデレラ」の先輩である浜辺美波の放つスターオーラに屈することなく、初のメインキャストでありながらも対等なダブルヒロインとして君臨するその様は、歴代の「東宝シンデレラ」出身女優のなかでも指折りの素質を感じてしまうほど。

 同作以外にも、ドラマと映画の連動プロジェクトとして製作された『映像研には手を出すな!』では主人公たちの前に立ちはだかる生徒会メンバーのひとりとして大胆なキャラクターを熱演。とくに映画版では冒頭から登場してその鮮烈さで場をかっさらうあたり期待を裏切らない。テレビ東京の深夜枠で放送された『歴史迷宮からの脱出〜リアル脱出ゲーム×テレビ東京〜』でも(ドラマ要素と流行りに乗ったゲーム要素を加えた作品の異質さを抜きにしても)、他の作品とは違うタイプのキャラクター性にしっかりとハマる。2021年には年明け早々からMBS系ドラマ『夢中さ、きみに。』のヒロインや、初夏に主演映画も控えており楽しみだ。

 そして上半期の作品からは、フジテレビ系ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』や今泉力哉監督の『mellow』でのヒロイン役で安心感のある魅力を放った岡崎紗絵。下半期の作品からは『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)と『危険なビーナス』(TBS系)で、どちらも主人公を精神的に支えるポジションとして物語の方向性を決める重要な役割を果たした中村アンを挙げたい。2人ともモデルとしての活動を経て女優として本格的に活動をはじめてから数年。様々なドラマや映画に出演してきたわけだが、ここにきて一気に開花した印象だ。

 また、テレビ画面に映るたびに時の流れる速さを感じてしまうほどの急成長を遂げた芦田愛菜の活躍ぶりにも触れておきたい。子役時代の活躍ぶりは言わずもがなではあるが、2020年には今村夏子原作の『星の子』で極めて難しいタイプの主人公を演じ抜き、そのポテンシャルの高さを改めて証明してくれた。年末からはNHKの大河ドラマ『麒麟がくる』への出演や、昨年の『海獣の子供』につづいて声優を務める『えんとつ町のプペル』も公開。「マルマルモリモリ」と歌っていた頃から早9年、『明日、ママがいない』から6年で、“国民的子役”が確実に“国民的女優”になろうとしているようだ。

 ほかにも『のぼる小寺さん』の工藤遥、『アルプススタンドのはしの方』の小野莉奈、『ビューティフルドリーマー』の小川紗良と、将来性抜群の女優たちが実力ある監督たちの手がける青春映画で存在感を示していたのはとても印象深い。そしてもちろん、昨年からブレイク街道をひたすら突っ走っている森七菜も『ラストレター』からNHK連続テレビ小説『エール』、『この恋あたためますか』(TBS系)に至るまで、今年もただただ最強であった。2021年には映画界もドラマ界も活気を取り戻し、ここに挙げた8人以外にも期待の若手女優たちが続々活躍してくれることを楽しみにしておきたい。

■久保田和馬
1989年生まれ。映画ライター/評論・研究。好きな映画監督はアラン・レネ、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■リリース情報
『思い、思われ、ふり、ふられ』
2021年1月20日(水)Blu-ray&DVD 発売
2020年12月23日(水)Blu-ray&DVDレンタル開始
Blu-ray スペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)TBR31064D ¥6,800+税
DVD スペシャル・エディション(特典DVD付2枚組)TDV31065D ¥5,800+税
(c)2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会(c)咲坂伊緒/集英社
発売・販売元:東宝株式会社

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む