Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

BEYOOOOONDS 山崎夢羽、映画『あの頃。』で松浦亜弥役に 劇判を長谷川白紙が担当

ぴあ

20/10/30(金) 8:00

BEYOOOOONDS山崎夢羽

松坂桃李が主演を務める映画『あの頃。』が、2021年2月より全国ロードショーされる。この度追加キャストとして、ハロー!プロジェクトの末っ子グループ・BEYOOOOONDSの山崎夢羽が出演していることが新たに発表された。また、本作の劇判をアーティスト長谷川白紙が担当していることが明らかになった。

本作は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人によるハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』を実写映画化したもの。ハロー!プロジェクトのアイドルにのめり込んでいく主人公・劔(つるぎ)を演じるのは松坂桃李。

大学院受験に失敗し、地獄のようなバンド活動を続けながら、金なし、彼女なしのどん底生活を送っていた劔だったが、ある日、松浦亜弥のMVを観たことをきっかけにアイドルにドハマり。やがて仲間たちとともに遅れてきた青春の日々を謳歌していく……。監督を担当するのは、記録的ヒットを飛ばした『愛がなんだ』や『mellow』、『his』などの今泉力哉。脚本は、これまで『南瓜とマヨネーズ』『素敵なダイナマイトスキャンダル』などで監督・脚本を手掛けてきた俊英・冨永昌敬。日本映画界を牽引するクリエイターがタッグを組み、振り返ってみれば「どうかしていた」としか思えないほどバカバカしくて笑えるのに、ちょっぴり切ない、誰もが経験した「あの頃」の記憶を描き上げる。

劇中で主人公・劔(つるぎ)がハロプロにハマるきっかけとなったアイドル・松浦亜弥役を演じるのが、同じくハロー!プロジェクトのアイドルであるBEYOOOOONDSの山崎。映画化の情報解禁時から、誰が”あやや”を演じるのかと、ハロプロファンの間で話題となり、予想合戦もされていた。

今回重要な役どころを射止めた山崎は、松浦に対して、「歌もダンスもトークもひとりですべて完璧な方という印象で、松浦さんは“本物のアイドル”だなと思います。歌の勉強をする時には、いつも松浦さんの曲を聴いて、こんな風にやってみようと研究しています」と打ち明け、今回、尊敬する松浦を演じるにあたり、「こんなに嬉しいなということはないです」と満面の笑みを見せる。また、撮影を終え、「歌って踊るシーンではなかったので、どうやって松浦さんを表現したらいいのかが難しかったです。でも、応援してくださっている方に雰囲気が松浦さんに似ているねと仰っていただくことがあったので、このまま頑張ろうという気持ちで取り組みました。精一杯できたと思います!」と振り返った。

また、今回で映画の劇伴を担当するのが初となる長谷川は、2016年頃よりSoundCloudなどで作品を公開し、17年にインターネット上でフリーEP作品『アイフォーン・シックス・プラス』、18年には10代最後の初CD作品『草木萌動』、19年にファーストアルバム『エアにに』をリリースしている。知的好奇心がありながら、ポップ・ミュージックの肉感にも直結したサウンドで評価を集めている。現在、音大で学びながらソロアーティストとして活動中だ。

山崎、長谷川のコメントは以下の通り。



山崎夢羽(松浦亜弥役)
松浦亜弥さんは、歌もダンスもトークもひとりですべて完璧な方という印象で、”本物のアイドル”だなと思います。歌の勉強をする時には、いつも松浦さんの曲を聴いて、こんな風にやってみようと研究しています。今回、松浦さんを演じることになり、こんなに嬉しいなということはないです。歌って踊るシーンはではなかったので、どうやって松浦さんを表現したらいいのかが難しかったです。でも、応援してくださっている方に雰囲気が松浦さんに似ているねと仰っていただくことがあったので、このまま頑張ろうという気持ちで取り組みました。精一杯出来たと思います!


長谷川白紙
この映画の台本を初めて読ませていただいた瞬間が今でも強く記憶に残っています。わたしはそこから、偶像を媒介した時間に込められた、底抜けに楽しくてそして虚しい狂騒を感じたのです。とても狭い世界の中ですべてを笑い飛ばして何もかも無効化してしまう、そういった本来は秘匿されているようなくるった規範を公の場に楽しく差し出すことのお手伝いができたと感じています。この大役を任せてくださり、ありがとうございました……!


『あの頃。』
2021年2月よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

※山崎夢羽の「崎」は、「たつさき」。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む