Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46、「日本レコード大賞」2年連続大賞受賞 「さらに飛躍していけるように頑張りたい」

リアルサウンド

18/12/31(月) 11:00

 『第60回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が12月30日に放送され、「日本レコード大賞」を乃木坂46「シンクロニシティ」が受賞した。

(関連:乃木坂46が『紅白歌合戦』で生んできた数々のドラマ 西野七瀬ラストの2018年出場に向けて

 乃木坂46は昨年大賞を受賞した「インフルエンサー」と「シンクロニシティ」をパフォーマンス。白石麻衣は、明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場での2会場同時ライブを例に挙げ、「新しいことに挑戦できた1年だったと思います」と話した。年内をもって卒業を迎える西野七瀬について白石は、「みんな寂しい気持ちもあるんですけども、彼女の背中を押していけるように私たちも最後までパフォーマンスしたいと思います」とコメント。それを受けて西野は「押されたいです」と嬉しそうに伝えた。大賞受賞では、センターの白石麻衣と西野が涙を流し、熱い抱擁を交わす。コメントを求められた白石は、「本当に嬉しいですし、まさか大賞をもらえるとは思ってなかったので、本当にみなさまへの感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます」と喜びを伝える。グループキャプテンの桜井玲香は、「昨年大賞をいただいて、それが私たちの誇りになりましたし、それがきっかけで今年は素晴らしい1年を過ごさせていただいたので、またさらに飛躍していけるように頑張りたいなと思います」とコメント。西野は「今年1番に嬉しいです。本当にありがとうございます」と語った。

 AKB48は「恋するフォーチュンクッキー」と優秀作品賞に選ばれた「Teacher Teacher」を披露。卒業を発表している指原莉乃は、「卒業までは時間があるんですけど、最後なので楽しみたいなと思います」とコメント。指原と縁の深い柏木由紀は「10年、ほぼ毎日のように一緒に活動しているので寂しくなりますが、今日も頑張りたいと思います」と物悲しさを滲ませた。「Teacher Teacher」のセンターを務める小栗有以は、「さっしーさんが卒業されるというのは寂しいんですけど、さっしーさんにとっても、AKB48として最後のレコード大賞になるので、みんなで頑張りたいと思います」と意気込みを述べると、指原は安心した顔で「センターのゆいゆいについていきます」と声をかけた。

 DA PUMPは、「スペシャルメドレー」のほか、優秀作品賞に選ばれた「U.S.A.」をパフォーマンス。KENZOは涙ながらに「7人でずっとやってきて、このステージで感謝を届けたいし、21年間ずっと歌ってきたISSAさんと感謝を届けたいです。よろしくお願いします!」と気合いを見せ、気持ちが入ったISSAは勇ましい表情でステージへ。「U.S.A.」のアウトロでは、「Y.M.C.A.」の振り付けを取り入れる一幕もあった。

 ほかにも「最優秀新人賞」は辰巳ゆうと、「最優秀歌唱賞」はMISIA、「最優秀アルバム賞」は米津玄師『BOOTLEG』が受賞し、欅坂46、三山ひろし、TWICE、SEKAI NO OWARI、氷川きよし、三浦大知、西野カナ、STU48、Chuning Candy、BiSHらが出演した。(向原康太)

アプリで読む