Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ペドロ・アルモドバルプロデュース作『永遠に僕のもの』8月公開 主演のロレンソ・フェロ来日も

リアルサウンド

19/6/7(金) 19:00

 ペドロ・アルモドバルがプロデュースを務めた映画『El Angel(原題)』が、『永遠に僕のもの』の邦題で8月16日より全国順次ロードショーされることが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

参考:詳細はこちらから

 2018年にアルゼンチンでメガヒットを記録した本作は、アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年カルリートスの、美しくも儚い青春を描き出したクライム青春ムービー。主人公・カルリートスのモデルとなったのは、17歳から相棒と手を組み、自分が望む全てのものを手に入れようと、窃盗、嘘を重ね、さらには僅か数年で12名以上の殺人を犯し、当時の社会に衝撃を与えた実在の人物、カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。その美しいビジュアルから時に、「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称され、犯罪とは程遠いように思えるその美貌でも大きな話題を集めた。

 カルリートスを、本作が“銀幕デビュー”となるアルゼンチンの新星、ロレンソ・フェロが演じる。

 また、本作は第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門への正式出品、さらには第91回アカデミー賞外国語映画賞アルゼンチン代表作品に選出されている。

 公開されたポスタービジュアルでは、草をくわえ浴槽に横たわる少年カルリートスが物憂げな表情を浮かべ、どこか一点を見つめる姿と拳銃とともに、「堕ちる」という意味深なコピーが綴られている。

 さらに本作の日本公開を記念して、フェロの初来日も決定。今回の来日に合わせて6月下旬にジャパンプレミアが開催もされる予定だ。フェロのインスタグラムでは、スーパーマリオのTシャツを着用した写真をアップしたり、アイコンをポケモンのミュウツーにするなど、日本カルチャーへの興味も伺える。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む