Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「ヒロアカ」ファンミに山下大輝、岡本信彦、梶裕貴ら集結!吉沢亮は大緊張

ナタリー

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」ワールドファンミーティングの様子。左から中井和哉、林原めぐみ、吉沢亮、山下大輝、岡本信彦、梶裕貴。

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」のワールドファンミーティングが本日7月19日に東京・有楽町朝日ホールで行われ、声優キャストの山下大輝、岡本信彦、梶裕貴、ゲスト声優の中井和哉、林原めぐみ、吉沢亮が登壇した。

原作者の堀越耕平が総監修とキャラクター原案を担当した本作は、アニメ「僕のヒーローアカデミア」の劇場版第3弾。個性保持者の殲滅をもくろむ謎の集団ヒューマライズが仕掛けた爆弾によって、世界崩壊へのカウントダウンが始まるさまを描く。山下が主人公の緑谷出久(デク)、岡本が爆豪勝己、梶が轟焦凍に声を当て、個性終末論を掲げるヴィランのフレクト・ターンに中井、運び屋として生計を立てる少年ロディ・ソウルに吉沢、ロディの相棒である鳥ピノに林原が息を吹き込んでいる。イベントは同時通訳で海外のファンに向けて生配信も行われた。

参加の感想を聞かれた中井は「もっとすごい人と戦いたかったよね、こういう劇場版は重鎮が来るものなのに……」と自虐。岡本が「“声優界のキングカズ”が何を言ってるんですか」と即座にフォローすると、中井は「それはいじってる!」と笑った。林原によると、台本上のピノのセリフは「ぴー」と書かれてるだけだったそう。「これは自由に演じていいんだよね……?と話して、自由にやらせていただいてます。今日は登壇してますが、観るときは私のことを忘れて鳥を鳥だと思ってください」と話し、笑いを誘う。中井と林原というベテランの出演に、山下は「すごいですよね……劇場版ごとに毎回プルス・ウルトラしていっていて。プレッシャーと言うより、がんばらないとすぐ喰われてしまいます」と明かした。

シリーズの大ファンを公言している吉沢はオファーを振り返り「やっと来たか……と。このために“ヒロアカ愛”を語ってきたと言っても過言ではないので」と冗談交じりに回想。「こんなに素晴らしい声優の方々に囲まれてただのファンがポツンといて……イベントでこんなに緊張することない。ずっと下向いちゃってます(笑)」と緊張しっぱなし。アフレコは山下と一緒だったそうで「ずっと隣からデクの声がして涙が出そうでした。とてもリスペクトがあるのでどうにか作品になじめるように、僕がやれることはやりました」と胸を張る。山下も「もうそこにロディがいるようで、すっごく楽しい掛け合いができました」と振り返った。

世界15カ国のファンからの応援メッセージが上映される場面も。中井は「こんなにいっぱいの人から嫌われると思うとゾクゾクします」と悪役ならではのコメントをする。梶は「人がなかなか会えない昨今、アニメが世界中の人をつないでることに泣きそうになりました。キャラクターがヒーローになって、いろんな人の心を救ってくれてる。うれしいですね」と喜ぶ。最後に山下は「劇場版が1作、2作と続いてきたからこそ感じられる感動がある。新しいファンにとってはロディの目線でデクたちの活躍をフレッシュな気持ちで楽しめるはず。公開されたら、ぜひたくさん足を運んでください」と呼びかけ、イベントを締めくくった。

長崎健司が監督を務めた「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」は8月6日より全国でロードショー。

(c)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (c)堀越耕平/集英社

アプリで読む