Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

『麒麟がくる』いよいよ本編放送再開へ!  本木雅弘、片岡愛之助ら、名武将たちの集大成が繋ぐ

リアルサウンド

20/8/24(月) 6:00

 NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』の放送再開まで残すところ1週間となった。「総集編(3)誇り高く」では、これまでに放送された見どころとなる2つの合戦が描かれる。きたる最新話放送に向けての集大成とも言える総集編となった。

 1つ目の山場となったのは、長良川の戦いだろう。真の父は土岐頼芸(尾美としのり)だと言い張る高政(伊藤英明)に、斎藤道三(本木雅弘)は「そなたの父の名を申せ、父の名を申せ」と言いながら迫る。だが、道三は最後まで父と呼ばれることなく、高政の家臣に殺されてしまった。血を吐き、高政に覆いかぶさるように息を引き取る道三の最期は、親子関係を修復できなかった切なさと、最期に見せた父としてのケジメが現れた名シーンとなった。本木雅弘の鬼気迫る表情は、道三というキャラクターの魅力をこれ以上もなく物語る。そしてこの長良川の戦いは、本作の前半で強いインパクトをもたらした道三という存在の終焉にふさわしい迫力のある場面となった。

 一方、京では足利義輝(向井理)の将軍としての権威は失墜していた。そんな中、信長暗殺を阻止することで光秀に力を貸したのが、松永久秀(吉田鋼太郎)である。久秀はかつて、光秀にとって1本目となる鉄砲を譲ってくれた人物でもあり、ドラマ再開後の「京〜伏魔殿編」でも重要人物の一人となるだろう。松永と光秀が築く関係性は、再開後の『麒麟がくる』でどう変わっていくのか、注目しておきたい。そして品性と穏やかさにフォーカスされた向井版の義輝だが、今後、「剣豪将軍」の異名にふさわしい大立ち回りを演じてくれるのかにも期待が高まる。京での一連のエピソードは、今後の『麒麟がくる』に繋がることが期待される要素が散りばめられていた。

 総集編3回目のラストを飾る桶狭間の戦いでは、今川軍と戦う信長軍と、今川義元(片岡愛之助)の配下から脱しようとする松平元康(風間俊介)の姿が映し出される。竹千代と呼ばれた幼少期から三河の人質として織田家と今川家に留め置かれていたが、いよいよ支配から脱することに。元康を演じた風間の誠実そうな瞳と、駒のように扱割れることに対する反抗心をはっきりと提示する様子は、堂々としていて気持ちが良い。さらに、義元が討たれるシーンでは、上から飛びかかり義元を突き刺す大役を今井翼が担っている。今井が演じるのは織田の家臣・毛利新介。飛びかかる新介の姿を義元の瞳が捉えたシーンに、SNSでは感嘆の声が溢れた。歴史を動かす瞬間をダイナミックに、機転の効いた演出で描いたこの場面は、『麒麟がくる』の名シーンの中の一つとなるだろう。

 次週、8月30日からはいよいよ『麒麟がくる』の本編が再開する。予告では、滝藤賢一や本郷奏多の姿も映し出された。これまで活躍してきた登場人物と、新たに加わる登場人物とが織りなす化学反応に期待が膨らむ。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
『麒麟がくる』まであと1週! これまでの名場面すべて見せます
総集編(3)誇り高く
8月23日(日)
20:00~20:45/NHK総合・BS4K ※土曜の再放送あり
09:00〜09:45/BS4K
18:00〜18:45/BSプレミアム
写真提供=NHK

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む