Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

木村拓哉が仏料理シェフ、生田斗真がニートに 注目のジャニーズ秋ドラマをピックアップ!

リアルサウンド

19/10/9(水) 6:00

 季節の流れは早いもので、すでに10月スタートの秋ドラマも続々と放送開始日を迎え始めている。各ドラマの出演者をチェックすると、今クールもジャニーズメンバーたちが多く顔を揃えている。彼らはどんな演技を見せてくれるのだろうか。そこで、注目の秋ドラマの中から数作品を取り上げて見てみたい。

参考:『俺の話は長い』会見レポはこちらから

 これまで様々な職業を演じる度に世の中に大きな影響を与えてきた木村拓哉が、今度はフランス料理のシェフを演じる。『グランメゾン東京』(TBS系)は、木村演じる尾花夏樹と鈴木京香演じる早見倫子というフランス料理シェフ同士がタッグを組み、三つ星を目指していく大人の青春を描いたヒューマンストーリーだ。尾花は、「型破りなフランス料理シェフ」。パリに自分の店を持って二つ星を獲得し、三つ星を目指していたが自信が慢心に変わり、ある事件によってどん底に転落したという過去を持つ。木村のドラマファンは、この時点でワクワクしてしまうのではないだろうか。これまで木村が演じてきた役は飄々としつつも凄腕の持ち主であるケースが多かった。今回もそのイメージに近いのではないだろうか。

 公式HPを見ると、「倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに、突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出して、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジー(フランス一の三つ星レストラン)で働いていたから好みが分かるというのだ。その矢先に、男は、借金取りに追いかけられて、去っていく」とある。登場シーンからインパクトがあり、木村らしい演技を見られる想像がつく。三つ星を目指して奮闘していく尾花が今から気になって仕方がない。また、尾花のフランス時代の弟子・平古祥平をKis-My-Ft2・玉森裕太が演じる。動画配信サービスParaviでは、平古を主人公としたスピンオフドラマ『グラグラメゾン・東京 ~平古祥平の揺れる思い~』も配信予定。木村と玉森の共演とともに、スピンオフ作品にも注目したい。

 変幻自在のジャニーズ俳優・生田斗真が無職のニートを演じる『俺の話は長い』(日本テレビ系)。生田が演じる岸辺満は、6年前から実家に寄生する無職のニート。現実逃避のための言い訳と屁理屈は天才的で、自分のダメさをごまかし続けてきた31歳だ。しかし、姉・秋葉綾子(小池栄子)の家族が実家に一時帰省してきたことで状況が大きく変わっていく。ダメ男が成長していく様子を笑いながら見守れるホームドラマ、と銘打たれているのを見るとコメディ色が強そうな作品である。

 生田はこれまで実に様々な役を演じてきている。大らかな好青年、極端な二面性を持つ警察官、無鉄砲な潜入捜査官、トランスジェンダー、少女漫画の優しい先生……。しかも作品も胸キュンラブストーリーからコメディまでこなす、何でもござれ、のジャニーズを代表する俳優だ。今作は生田にとって4年ぶりの主演ドラマ。映画『土竜の唄』シリーズのように笑えるシーンにも期待が高まる。ちなみに、主題歌は『土竜の唄』シリーズと同じく関ジャニ∞の「友よ」。主題歌と作品とのリンクに注目してみるのも面白いかもしれない。

 「令和版『野ブタ。をプロデュース』」と前評判が高い『ブラック校則』(日本テレビ系)。「土9」や「土曜深夜枠」に代わってジャニーズドラマ枠となりつつある「シンドラ」枠では、Sexy Zone・佐藤勝利とKing & Prince・高橋海人がタッグを組む。同作はブラックな校則に黙っていられないと立ち上がる高校生たちを描く恋と友情の青春ストーリー。

 一際空気のような存在の小野田創楽を佐藤が、創楽の親友であり性格は正反対、空気を読まない破天荒の月岡中弥を高橋が演じ、ブラック校則に青春を歪められた女子生徒・町田希央(モトーラ世理奈)を救うために様々な方法で戦っていく。佐藤も高橋も、俳優としてのキャリアを築きはじめたばかりだが、着実に成長を遂げてきているメンバーだ。映画のトレーラーやドラマの予告動画を見ると、佐藤は大人しい男子高生が感情を爆発させる様子を、高橋は自由奔放で天真爛漫な様子を、しっかり見せてくれている。解禁されている情報はまだまだ少ないが、ストーリーの盛り上がりとともに2人の演技にも期待を寄せたい。

 他にも、ジャニーズメンバーが出演する作品が盛りだくさんな10月クールの連ドラ。ぜひくまなくチェックし、お気に入りを見つけてみてほしい。 (文=高橋梓)

アプリで読む