Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

2018年に上演された飛ぶ劇場「わたしの黒い電話」より。

“愛と幸福と政治”がテーマ、飛ぶ劇場「ハッピー、ラブリー、ポリティカル」

ナタリー

19/8/5(月) 14:18

飛ぶ劇場「ハッピー、ラブリー、ポリティカル」が11月22日から24日に福岡・北九州芸術劇場 小劇場にて上演される。

本作は“愛と幸福と政治”をテーマにした悲喜劇。地元政治家への取材をきっかけに、現代人が抱える政治と幸福に対する思いを描き出す。23日18:00開演回にはザ・ニュースペーパーの福本ヒデと飛ぶ劇場主宰・泊篤志によるアフタートークが予定されている。

チケットは9月22日に発売。なお11月から12月にかけて上演される小劇場系3演目、田上パル「Q学」、南河内万歳一座「機械の季節(仮)」、そして本公演のチケットをまとめたセット券が、枚数限定で販売される。

飛ぶ劇場 Vol.41「ハッピー、ラブリー、ポリティカル」

2019年11月22日(金)~24日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 小劇場

作・演出:泊篤志
出演:桑島寿彦、内山ナオミ、寺田剛史、木村健二、佐藤恵美香、角友里絵、秋山実里 ほか

アプリで読む