Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「第11回下北沢映画祭」フライヤービジュアル

下北沢映画祭の全プログラム解禁、“十人十色の映画人”斎藤工を特集

ナタリー

19/9/4(水) 19:16

第11回下北沢映画祭が10月12日から14日にかけて開催。このたび全プログラムが解禁された。

ジャンルを問わないコンペティションを主軸に、音楽や演劇、ファッション、グルメなどさまざまなカルチャーを切り口にしたプログラムを実施する下北沢映画祭。第11回は、多様な企画と映画からあふれるパワーをイメージした「SPARK FILMーきっとハジケル3日間ー」がテーマに据えられた。フライヤーイラストは、マンガ家の大橋裕之が担当している。

今回のプログラムは計7つ。大橋の同名マンガを原作にした長編アニメーション「音楽」を監督の岩井澤健治自らライブハウス上映を想定し編集した“ロックバージョン”を初上映するほか、「五・七・五・七・七から生まれた映画たち」では、4首の短歌を原作にした杉田協士の監督作「ひかりの歌」のもとになった短編4本がスクリーンにかけられる。

また俳優にとどまらず、監督やプロデューサーとしても活躍する斎藤工の仕事に着目した「十人十色の映画人 -斎藤工(齊藤工)特集上映-」も開催。そのほか活動弁士の佐々木亜希子を迎え「チャップリンの勇敢」を上映する下北ニコニコ活弁大会、京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画の新プロジェクト発表会も行われる。

コンペティション部門には、映画監督の深田晃司がゲスト審査員として参加。今年は応募総数270本の中から選定された9作品が上映される。第30回東京学生映画祭でグランプリに輝いた白磯大知「中村屋酒店の兄弟」、PFFアワード2019にも入選している田村将章「そんなこと考えるの馬鹿」などが並んだ。そのほかのラインナップは下記にて確認を。

「愛がなんだ」で知られる今泉力哉が監督、若葉竜也が主演を務めた下北沢オールロケ映画「街の上で」のプレミアが行われるのは既報の通り。スケジュールの詳細は映画祭の公式サイトで確認してほしい。

第11回下北沢映画祭

2019年10月12日(土)~14日(月・祝)東京都 北沢タウンホール、下北沢トリウッド、近松

Aプログラム:アニメーション映画「音楽」“ロックバージョン“超最速上映

「音楽」ロックバージョン

Bプログラム:五・七・五・七・七から生まれた映画たち

「反対になった電池が光らない理由だなんて思えなかった」
「始発待つ光のなかでピーナツは未来の車みたいなかたち」
「自販機の光にふらふら歩み寄り ごめんなさいってつぶやいていた」
「100円の傘を通してこの街の看板すべてぼんやり光る」

Cプログラム:「街の上で」世界初上映

「街の上で」

Dプログラム:十人十色の映画人 -斎藤工(齊藤工)特集上映-

「バランサー」
「サクライロ」
「blank13」
「映画の妖精 フィルとムー」
「パカリアン」
「ZERO-焼きそばしかないキャバクラ」
「DEATH BIKE」

Eプログラム:下北ニコニコ活弁大会

「チャップリンの勇敢」

Fプログラム:ヨーロッパ企画の新プロジェクト発表会 in 下北沢映画祭

「ハウリング」ほか

Gプログラム:第11回下北沢映画祭コンペティション

「雲梯」川上喜朗
「門出」村田唯
「そんなこと考えるの馬鹿」田村将章
「次は何に生まれましょうか」野本梢
「中村屋酒店の兄弟」白磯大知
「なみぎわ」常間地裕
「春」大森歩
「ひ なんて、なくなってしまえ!」平松悠
「宮田バスターズ(株)」坂田敦哉

アプリで読む