Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「仮面ライダーゼロワン」制作発表会見の様子。左から児嶋一哉、井桁弘恵、岡田龍太郎、高橋文哉、鶴嶋乃愛、中川大輔、砂川脩弥。

「仮面ライダーゼロワン」会見、番組開始時から登場する初の“女性ライダー”も

ナタリー

19/7/17(水) 15:45

仮面ライダーシリーズ新作「仮面ライダーゼロワン」の制作発表会見が、本日7月17日に東京都内で開催され、キャストの高橋文哉、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵、中川大輔、砂川脩弥、児嶋一哉が登壇した。

高橋悠也が脚本を手がける本作では、AI企業“飛電インテリジェンス”の社長である飛電或人(ひでんあると) / 仮面ライダーゼロワンが、AI技術を巡る戦いに身を投じていくさまが描かれる。劇中では、不破諫(ふわいさむ) / 仮面ライダーバルカンと刃唯阿(やいばゆあ) / 仮面ライダーバルキリーの所属する対人工知能特務機関“A.I.M.S.”、AIロボ“ヒューマギア”を暴走させるテロリスト“滅亡迅雷.net”らも参戦し、三つ巴の戦いが繰り広げられる。

或人役の高橋文哉は、自ら演じるキャラを「とにかくまっすぐで喜怒哀楽が激しく、ヒューマギアと人間が共存するのは素晴らしいと信じる唯一の人物。仮面ライダーとして、そして社長として街のみんなを守っていく主人公です」と説明。主演に選ばれたときは驚きしかなかったそうで「今日実感が湧くかなと思ったら、緊張しか感じないです(笑)。心臓の音が自分で聞こえるくらい……」とフレッシュにコメントした。

A.I.M.S.の隊長・諫役の岡田は「AIが暴走したときにそれを破壊する、という意味ではヒーローです。でも思想はAI否定派で、過激派。(或人と)同じように正義感があるけど、2人の対比や関係性を楽しんでいただけたら」と役を紹介。父の影響で昭和の仮面ライダー作品を観ていたという岡田は「『仮面ライダーアマゾン』の印象が強いです。『大切断!』って言いながらトイレットペーパーを切って、お尻を拭いてました」とほほえましいエピソードを披露した。

本作で初めて演技のオーディションを受けたという鶴嶋は、飛電インテリジェンスの秘書であるヒューマギア・イズ役で出演。誕生日に合格を知らされたそうで「人生で一番うれしい誕生日プレゼントでした」とほほえみ、「イズはAIなので心がないんですけど、喜怒哀楽の激しい或人と行動することでどう成長していくか観ていただけたら」と話した。

仮面ライダー史上、番組開始時から登場する女性仮面ライダーは仮面ライダーバルキリーが初。冷静沈着で男勝りな唯阿役の井桁は「変身すると聞いたときは、『私が変身するんですか!?』と聞き返してしまったくらいびっくりしました。仮面ライダーバルキリーとしても唯阿としても、皆様にかっこいいと思ってもらえるように1年間がんばります。銃さばきもうまく、スマートなキャラクターなので、練習を重ねています」と努力を明かした。

“滅亡迅雷.net”の行動係・迅(じん)役の中川は「俳優を始めた頃から仮面ライダーを目標にしていたので、出演できてうれしいです」と喜びを語る。迅については「悪役っぽい、怖い面もあるのですが、普段は子供っぽいところもある」と話し、そのための役作りを「迅は精神年齢が5歳くらいなので、発達心理学の本を買って5歳児の心理を研究しました。5歳は『他人に何かしてあげる』という考えがまだないみたいです」と振り返った。

“滅亡迅雷.net”の司令塔・滅(ほろび)役の砂川は、「滅はとてもミステリアスな人物。なぜ悪いことをするのか、そして過去に何があったのか。迅との関係性も変化していくので、ぜひ滅亡迅雷.netにも注目してほしい」と見どころをアピール。役作りのために普段からクールに振る舞うようにしているらしく「今も、(口数が少ないのは)緊張しているわけじゃなくて……役作りです」と言い張って笑いを起こした。

そして児嶋は、飛電インテリジェンス副社長・福添准(ふくぞえじゅん)役で出演。優秀だが“万年2位”の人生を歩んできた福添は、或人の失脚を望みながら会社の成功には喜んでしまう複雑なキャラクターだ。司会に「大嶋さん」と紹介され、すぐさま「児嶋だよ!」と返した児嶋は「嫌な役なんですが、人間味があふれているので、愛されるキャラになったらいいな」とコメントする。オファーを快諾した理由については「子供たちが観る番組じゃないですか。15年後、20年後にその子たちの中からディレクターさんやプロデューサーさんが出てくるわけじゃないですか。だからこれはがんばっておこうかなと。『あ、あの頃観ていたおじさんを、自分の番組で使ってみようかな』となるかもしれない」と話して笑いを誘った。

会見では、番組のナレーションを務める山寺宏一と、AI音声を担当する日高のり子からのコメントも読み上げられた。仮面ライダー関連のモノマネでローカル番組に出演したことがあるという山寺は「中江真司さんのモノマネもしていた自分が、まさか新作でナレーションを担当できるとは! 最先端でかっこよくて面白い令和元年ライダーにぜひご期待ください」と、日高は「満を持して仮面ライダーに出演させていただくことになりました。うれしい! 観ている子供たちがマネしてくれる仮面ライダーを作っていけたら」と話した。

このほか会見では、高橋文哉が仮面ライダーゼロワンの変身ポーズを披露。大きな拍手が起こると、高橋文哉は「150点です!」と自己採点してはにかむ。最後に高橋文哉は「令和の最初にふさわしいライダーとして、素晴らしい作品にしていきたいと思っています。全身全霊でやっていきますので、よろしくお願いします」と意気込みを語った。

「仮面ライダーゼロワン」はテレビ朝日系にて9月1日に放送スタート。以降毎週日曜9時から放送される。なおYouTubeでは、本作のPR映像も公開中だ。

※日高のり子の高ははしごだかが正式表記

アプリで読む