Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から澤野弘之、えびなやすのり。

楠大典VS小山力也のアドリブ話も、「プロメア」澤野弘之と音響監督がトーク

ナタリー

19/6/15(土) 22:19

劇場アニメ「プロメア」のトークショー付き上映会が、本日6月15日に神奈川・川崎のチネチッタで開催され、同作の音楽を手がけた澤野弘之、音響監督・えびなやすのりが登壇した。

テレビアニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」でタッグを組んだ今石洋之と中島かずきが、それぞれ監督と脚本を担当した本作。松山ケンイチが高機動救命消防隊“バーニングレスキュー”の新人隊員ガロ、早乙女太一が炎を操る人種“バーニッシュ”の攻撃的な集団“マッドバーニッシュ”のリーダー・リオ、堺雅人がガロの上司クレイに声を当てた。

好きな場面を聞かれると、澤野は「最初に『プロメア』ってタイトルが出たあと、テーマ曲の『Inferno』が流れるんですが、個人的にはバグっていきなりスタッフロールが始まったように見えるんです(笑)。それが面白くて、これからどんな物語が始まるのかとわくわくしました」と答える。当初、メインテーマではなかったという「Inferno」。澤野は「メインテーマはインストゥルメンタルで作ってたんですけど、監督がデモの段階で『Inferno』のメロディを気に入ったとおっしゃってくれて。僕自身も、こっちがメインテーマになったらよりいいのかもと思っていたので、そう言っていただけてよかった」と同曲がメインテーマに決まった経緯を明かす。

また澤野は「『Inferno』をはじめ、歌の曲に力を入れたところがあって。いろんな作品でも歌ってきてもらったBenjaminさんとmpiさんにボーカルをお願いしたんですけど、今回の曲は僕自身も思いが強かったので、彼らの熱量を感じる現場が印象に残っています」と回想。バーニングレスキューの出動シーンで流れる「NEXUS」に対しても「Lacoさんという女性ボーカルをフィーチャーしたことで、彼女のエモーショナルな歌い方をより感じられ興奮したのを覚えています」と満足感をうかがわせた。

アフレコ現場の話題では、えびなが中島のことを「現場ですごく熱い方」と紹介。「途中でセリフを思いついたらどんどん変える。リアルタイムでセリフが変わっていくので、役者に『このセリフ、修正になります』って伝えづらいところはあるんですが、(セリフを変えることで)どんどん面白くなっていくんです。すごく刺激的な現場でした」と収録を振り返る。そして具体例としてヴァルカンとイグニスの一騎打ちのシーンを挙げ、「2人が自分の名前を叫んでいる部分も、台本には書いてないんですよ。中島さんが収録中に思い付いて。(ヴァルカン役の)楠大典さんにアドリブで演じてもらったんですけど、そのあとに(イグニス役の)小山力也さんが自分の名前を叫ばれまして。現場が大笑いになって『これ採用にしよう!』という経緯なんです(笑)」と裏話を明かした。

アヌシー国際アニメーション映画祭2019にも出品された本作。今後「プロメア」が海外進出していくことについて、澤野は「今石監督の世界観やスピード感、今回は色合いも独特ですし、僕自身それに惹かれました。もちろん僕が作った音楽にも興味を持っていただけたらうれしいですけど、全体を通して今石監督のエンタテインメントを海外の方にも楽しんでもらえたら」と期待を込める。えびなも「きっとみんな大喜びで観てくれるので、反応が楽しみ。日本語で観てほしい。そして、この熱さを感じてほしいな」と語った。

「プロメア」は全国で上映中。

(c)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

アプリで読む