Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

映画『キャッツ』2020年日本公開、テイラー・スウィフトも登場の予告編

CINRA.NET

19/7/24(水) 13:05

映画『CATS』が『キャッツ』の邦題で2020年1月24日から公開される。

1981年にロンドンで初演され、これまでに全世界での累計観客動員数8100万人を記録しているミュージカル『キャッツ』を映画化する同作。オリジナルのミュージカルはT・S・エリオットの詩集をもとに、アンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を手掛け、『レ・ミゼラブル』などで知られるキャメロン・マッキントッシュがプロデュースを担当した。

映画版で白猫のヴィクトリアを演じるのは、イギリスのロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワード。さらにバストファージョーンズ役にジェームズ・コーデン、グリザベラ役にジェニファー・ハドソン、ボンバルリーナ役にテイラー・スウィフトがキャスティングされている。またオールドデュトロノミー役をジュディ・デンチ、マキャヴィティ役をイドリス・エルバ、ガス役をイアン・マッケラン、ジェニエニドッツ役をレベル・ウィルソンがそれぞれ演じるほか、ジェイソン・デルーロも出演。

監督は映画『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』などのトム・フーパー。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、『レ・ミゼラブル』のスタッフが再集結する。

今回の発表とあわせて第1弾予告映像が公開。ジェニファー・ハドソンが歌う“メモリー”にあわせて映像が展開され、猫の姿になったキャストのビジュアルや、歌唱シーン、ダンスシーンなどが確認できる。

アプリで読む