Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

S・スピルバーグ製作総指揮『キャッツ』来年1月公開 猫になったテイラー・スウィフト映る予告も

リアルサウンド

19/7/24(水) 13:00

 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するミュージカル作品を映画化した『CATS(原題)』が、『キャッツ』の邦題で2020年1月24日より全国公開されることが決定。あわせて、第1弾予告映像が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』を映画化するもの。白猫のヴィクトリアを、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワードが演じ、バストファージョーンズをジェームズ・コーデン、グリザベラをジェニファー・ハドソンがそれぞれ演じる。

 また、テイラー・スウィフトもボンバルリーナ役で出演するほか、オールドデュトロノミーをジュディ・デンチ、マキャヴィティをイドリス・エルバ、ガスをイアン・マッケラン、ジェニエニドッツをレベル・ウィルソンが演じる。監督を務めるのは、『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー。スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めるほか、『レ・ミゼラブル』のスタッフが再集結した。

 公開された予告編では、ハドソンが歌う「メモリー」に合わせ映像が展開されていく。本作では、フーパー監督が現場での生歌にこだわり、各キャスト陣が撮影現場で歌った生歌が収録。スウィフトをはじめ、その歌唱力を認められたキャストたちの演技にも期待が高まる。 (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む