Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

映画「明治東亰恋伽」完成披露イベントの様子。

「めいこい」メンバー全員集合!伊原六花の20歳を小林豊や久保田悠来が祝福

ナタリー

19/6/6(木) 21:51

映画「明治東亰恋伽」の完成披露イベントが本日6月6日に東京・シネマート新宿で行われ、キャストの伊原六花、小林豊(BOYS AND MEN)、宮崎秋人、岩永徹也、松島庄汰、とまん、山崎大輝、高橋真佳把(BOYS AND MEN 研究生 関西)、監督を務めた副島宏司が出席した。

明治の偉人たちとの出会いと恋を描く同名ゲームシリーズを実写化した「明治東亰恋伽」。ドラマ版は、テレビ神奈川など全国8局にて放送され、現在U-NEXTにて独占配信が行われている。伊原が明治時代にタイムスリップしてしまった女子高生・綾月芽衣を演じたほか、謎の奇術師チャーリーに小林、森鴎外に宮崎、小泉八雲に岩永、岩崎桃介に松島、泉鏡花にとまん、川上音二郎に山崎、菱田春草に高橋が扮した。

映画の初披露に、伊原は「もうすごくドキドキです。ドラマの最終回が放送されてるときにリアルタイムで皆さんの反応を見ていたんですが、映画を楽しみにしているコメントがたくさんあった。今日やっと観ていただけるのが本当にうれしい」と笑顔を弾けさせる。ドラマのラスト、芽衣が桃介から「大丈夫ですか、お嬢さん」と声をかけられる場面に触れ、「新しいスタートを予感させるシーン。そこから映画にどうつながって、映画はどう終わるのか楽しみにしていてください」とアピールした。

宮崎は映画の見どころを「ドラマで振られたメンズは果たして出てくるのか。ことごとく我々は振られてますから」と自虐的に回答。MCから「でもここにいらっしゃるということは……」とパスを受けると、宮崎は食い気味に「まだわからないですよ。出ないかもしれない」と含みを残した。岩永は「八雲は映画のためにスーパーミラクルハイパーイリュージョンを用意してますので、お楽しみに」と答え、ドラマの最終話でようやく登場した桃介役の松島は「ずっとSNSで宣伝しづらかった! 今日観てくださいって言ってもドラマ出てないから(笑)。映画では、ぜひ桃介を見てやってください」と自己アピールして笑いを誘う。

副島が「映画はすごくいい表情が多い」とキャスト陣を称賛すると、小林は「うれしいー!」と満面の笑み。映画はドラマの撮影と並行して行われたが、意識の違いはあったかと尋ねられると「クライマックスだからこそ、思いが積み重なった部分は出ていると思います」と小林。岩永も「この撮影でみんなともお別れだと思って、一生懸命やろうという気持ちがいつもよりあった気がします」と同意する。

登壇者1人ひとりが「この共演者は変わっている」と暴露する場面で、もっとも票を集めた山崎。小林は「毎日顔を合わせてしゃべってても、早送りしてるみたい」と早口を指摘し、とまんは「一緒にいる時間が一番長いのに、まともな日が1日もなかった。ずっと変」、高橋も「存在感がすごい。ずっとテレビを観ている感じです」と印象を語る。山崎は「つらいです」と弱音を吐きながらも、MCから「愛されキャラってことですよね」とフォローされ、笑顔を見せた。

主演として現場を引っ張った伊原に「がんばりやさん」「ザ・主演女優」「天真爛漫」「ひまわり」「とても明るい女性」と口々に共演者たちが称賛の言葉を向ける一幕も。そして6月2日に20歳の誕生日を迎えたばかりの彼女に、会場全体からハッピーバースデーの歌が捧げられた。そしてこの日、他作品の撮影のため欠席予定だった藤田五郎役の久保田悠来がサプライズケーキを持って壇上へ現れる。この登場を知らされていなかったキャスト陣が驚きの表情を浮かべる中、久保田は「伊原六花さん、今月誕生日でしたよね。おめでとうございます。6月に咲いた大きな花と書いて六花です」と祝福。そして自身も6月15日が誕生日であることを明かし場をさらった。

映画「明治東亰恋伽」は、6月21日より全国で順次ロードショー。

※高橋真佳把の高は、はしごだかが正式表記

(c)MAGES./LOVE&ART (c)ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会

アプリで読む