Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ロームシアター京都が自主事業ラインナップ発表、2021年度のテーマは「声」

ナタリー

21/3/16(火) 19:58

「ロームシアター京都2021年度自主事業ラインアップ発表会」より、2021年度プログラムディレクターの小倉由佳子。

「ロームシアター京都2021年度自主事業ラインアップ発表会」が、本日3月16日に京都・ロームシアター京都とオンラインで実施された。

会見には、同劇場の2021年度プログラムディレクター・小倉由佳子が登壇。小倉は、同劇場が1月10日に会館5周年を迎えたことに触れ、「この状況下でも足を運んでくださるお客様、関係者の皆様、応援してくださる皆様にお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます」と謝辞を述べる。

「2021年度ラインナップのテーマは『声』です」と続けた小倉は、「『声』というテーマには、自分たちの声を活動に重ね合わせ、活動を取り戻していくということ、そして社会的弱者とされてきた人々の声なき声に耳を傾けるという意味が込められております。コロナ禍で苦しい状況ではありますが、観客との関係を諦めないアーティストたちに寄り添いながら、プログラムを展開します」と言葉に力を込め、「公演だけではなく、トークイベントほか関連プログラムも充実させていきたいと思っております」と目標を掲げた。

2021年度のラインナップは大きく6つの事業カテゴリに分けて紹介された。「作品創造」には、音楽を軸とした表現活動を行うアーティストのパフォーマンスを紹介する新シリーズ「Sound Around 001」をはじめ、市原佐都子 / Q「妖精の問題」リクリエーション、松田正隆が昨年手がけた「シーサイドタウン」を記録映像上映とトークで振り返るプログラム、「高谷史郎 新作準備のためのトークシリーズ」、「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト XVIII ROHM CLASSIC SPECIAL」、ダミアン・ジャレ×名和晃平「PLANET[wanderer]」、アンディ・マンリーによるクリエーションがラインナップ。また2019年度の「レパートリーの創造」作品として同劇場が製作し、昨年2月に初演されたジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ「ショールームダミーズ #4」が、フェスティバル・ドートンヌに招聘され、パリ公演を行う。

「ロームシアター京都セレクション」では、福井裕孝、敷地理が参加する「U35 創造支援プログラム“KIPPU”」、「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN」、糸井幸之介のソロユニット・ぐうたららばいの「海底歩行者」、太陽劇団「金夢島 L’ILE D’OR」(仮題)、ピチェ・クランチェン・ダンスカンパニー「No.60」を上演。

「京響プログラム」では、「京都市交響楽団×藤野可織 オーケストラストーリーコンサート『ねむらないひめたち』」「広上淳一×京響コーラス『フォーレ:レクイエム』」「京都市交響楽団コンサート 京都市交響楽団×石丸幹二 音楽と詩(ことば)メンデルスゾーン:『夏の夜の夢』」「京響クロスオーバー オーケストラ・プレミアム 作曲家・編曲家プロジェクト『大島こうすけ×西川貴教×京都市交響楽団』」が、「伝統芸能の継承」では、恒例の市民寄席のほか、「能楽チャリティ公演 ~祈りよとどけ、京都より~」「能の世界へおこしやす~京都薪能鑑賞のための公開講座」「第71回京都薪能 ―地・水・火・風・空―」などが実施される。

このほか、岡田利規、木田真理子、山城大督が講師を務める「劇場の学校プロジェクト」をはじめとしたラーニングプログラム、「プレイ!シアター in Summer 2021」「ホリデー・パフォーマンス」「OKAZAKI PARK STAGE 2021」といったコミュニティプログラムも用意された。

ロームシアター京都 2021年度自主事業ラインアップ

作品創造

「Sound Around 001」

2021年7月17日(土)・18日(日)
ノースホール

ホスト:いまいけぷろじぇくと(今村俊博、池田萠)
ゲスト(18日):山下残、茂山千之丞 ※17日のゲストは調整中。
トークゲスト:佐々木敦

レパートリーの創造 市原佐都子 / Q「妖精の問題」リクリエーション

2022年1月下旬
ノースホール

作・演出:市原佐都子

レパートリーの創造 関連プログラム「『シーサイドタウン』を振り返る」

2021年6月上旬
ノースホール

トーク登壇者:松田正隆、村川拓也 ほか

レパートリーの創造「高谷史郎 新作準備のためのトークシリーズ」

2021年4月9日(金)ほか(全4回)
サウスホールなど

第1回トーク出演:高谷史郎、東岳志

「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト XVIII ROHM CLASSIC SPECIAL」

2022年3月18日(金)、20日(日)
メインホール

音楽監督:小澤征爾
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ ほか

ダミアン・ジャレ×名和晃平「PLANET[wanderer]」クリエーション

2021年7月上旬~中旬
ノースホール、サウスホール

本番
2022年4月下旬
サウスホール

振付:ダミアン・ジャレ
舞台美術:名和晃平
ドラマトゥルク:プラープダー・ユン

ロームシアター京都レパートリー作品「ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ『ショールームダミーズ #4』」パリ公演

2021年11月10日(水)~13日(土)
フランス・パリ ポンピドゥー・センター

演出・振付・舞台美術:ジゼル・ヴィエンヌ、エティエンヌ・ビドー=レイ
出演:朝倉千恵子、大石紗基子、高瀬瑶子、花島令、藤田彩佳、堀内恵
音楽:ピーター・レーバーグ
照明:アルノー・ラヴィッセ、パトリック・リウー

アンディ・マンリー クリエーション

2021年11月中旬~12月初旬
ノースホール

京響プログラム

「京都市交響楽団×藤野可織 オーケストラストーリーコンサート『ねむらないひめたち』」

2021年6月20日(日)
メインホール

指揮:三ツ橋敬子
小説:藤野可織
管弦楽:京都市交響楽団

広上淳一×京響コーラス「フォーレ:レクイエム」

2021年8月9日(月・振休)
サウスホール

合唱:京響コーラス
弦楽合奏:京都市交響楽団
指揮:広上淳一
ソプラノ:小玉洋子
バリトン:小玉晃

京都市交響楽団コンサート「京都市交響楽団×石丸幹二 音楽と詩(ことば) メンデルスゾーン:『夏の夜の夢』」

2021年9月5日(日) 予定
メインホール

指揮:広上淳一
語り・歌唱:石丸幹二
ソプラノ:鈴木玲奈
メゾソプラノ:高野百合絵
管弦楽:京都市交響楽団
合唱:京響コーラス(女声)

京都市交響楽団コンサート「京響クロスオーバー オーケストラ・プレミアム 作曲家・編曲家プロジェクト『大島こうすけ×西川貴教×京都市交響楽団』大島こうすけ:交響組曲『Life ~永遠 (TOWA) の夢人 (MUJIN)~』-どれだけ生きれば、また君に出逢えるのだろう。(Original Edition)」

2021年10月10日(日) 予定
メインホール

指揮:岩村力
管弦楽:京都市交響楽団
出演:大島こうすけ(作曲・構成・アレンジ・Pf)、西川貴教(Vo)ほか

伝統芸能の継承

市民寄席

第355回
2021年5月25日(火)

第356回
2021年7月27日(火)

第357回
2021年9月26日(日)

第358回
2021年11月16日(火)

第359回
2022年1月23日(日)

「能楽チャリティ公演 ~祈りよとどけ、京都より~」

2021年8月25日(水)
サウスホール

第1部
能「田村 替装束」
前シテ:片山伸吾
後シテ:河村晴道

狂言「柿山伏」
シテ:茂山忠三郎

能「鍾馗」
シテ:林宗一郎

第2部
半能「右近」
シテ:吉田篤史

狂言「舎弟」
シテ:茂山千之丞

能「鞍馬天狗 白頭」
前シテ:井上裕久
後シテ:片山九郎右衛門

※吉田篤史の「吉」は土に口が正式表記。

「能の世界へおこしやす ~京都薪能鑑賞のための公開講座~」

2021年6月1日(火)・2日(水)
メインホール

出演:京都薪能出演能楽師

「第71回京都薪能 ―地・水・火・風・空―」

2021年6月1日(火)・2日(水)
京都府 平安神宮特設能舞台 ※雨天の場合はメインホール

6月1日(火)
観世流能「竹生島」
前シテ:吉浪壽晃
後シテ:橋本光史

観世流能「葵上」
シテ:浦田保親

大蔵流狂言「水掛聟」
シテ:茂山千之丞、茂山七五三

金剛流能「土蜘蛛」
前シテ:廣田幸稔
後シテ:豊嶋幸洋

6月2日(水)
観世流能「白鬚」
シテ:古橋正邦

金剛流能「松風」
シテ:金剛永謹

大蔵流狂言「神鳴」
シテ:茂山忠三郎

観世流能「土蜘蛛」
前シテ:河村和貴
後シテ:大江信行

<継承と創造>1「宮古・八重山・琉球の芸能」(仮)

2022年2月11日(金・祝)・12日(土)
サウスホール

監修
宮古の芸能:前里昌吾
八重山の芸能:大田静男
琉球の芸能:遠藤美奈
技術監督・コーディネート:關秀哉

「伝統芸能入門講座」

2021年秋に開講予定

案内人:木ノ下裕一

ロームシアター京都セレクション

ロームシアター京都×京都芸術センター「U35 創造支援プログラム “KIPPU”」

ノースホール

福井裕孝「デスクトップ・シアター」
2021年7月2日(金)~4日(日) 予定
演出:福井裕孝、吉野俊太郎
舞台美術:古舘壮真
ドラマトゥルギー:朴建雄

敷地理「循環、都市、律動、私たちの最後の7分間」
2022年2月 ※調整中

演出・振付・出演・美術:敷地理
出演:shin-sei ほか

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN」

2021年10月1日(金)~24日(日)
サウスホール、ノースホール、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、THEATRE E9 KYOTO ほか

ぐうたららばい vol.2「海底歩行者」

2021年10月30日(土)・31日(日)
ノースホール

作・演出・音楽:糸井幸之介
出演:伊東沙保、キムユス

太陽劇団「金夢島 L’ILE D’OR」(仮題)

2021年11月6日(土)・7日(日)
メインホール

演出:アリアーヌ・ムヌーシュキン

※「金夢島 L’ILE D’OR」(仮題)の「I」はサーカムフレックス付きが正式表記。

ピチェ・クランチェン・ダンスカンパニー「No. 60」

2021年12月3日(金)・4日(土)
サウスホール

演出・振付・出演:ピチェ・クランチェン
出演:コーンカーン・ルーンサワーン

ラーニング

「劇場の学校プロジェクト」

2021年7・8月、12月

講師
演劇コース:岡田利規
舞踊コース:木田真理子
メディア表現コース:山城大督 ほか

「新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室 2021『ドン・パスクワーレ』」

2021年10月26日(火)・27日(水)
メインホール

指揮:阪哲朗
演出:ステファノ・ヴィツィオーリ
管弦楽:京都市交響楽団
合唱:新国立劇場合唱団
出演:久保田真澄、森口賢二、中井亮一、九嶋香奈枝 ほか

「小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト XVIII 子どものためのオペラ ローム クラシック スペシャル」

2022年3月
メインホール

音楽監督:小澤征爾
管弦楽:小澤征爾音楽塾オーケストラ

リサーチプログラム

通年
※2022年3月に最終報告会を予定

ロームシアター京都×京都市ユースサービス協会連携事業「未来のわたし -劇場の仕事-」

通年

コミュニティ

「プレイ!シアター in Summer 2021 ステージプログラム『快傑ゾロ』アルファ人形劇場 from チェコ共和国」

2021年8月8日(日・祝)
ノースホール

「プレイ!シアター in Summer 2021 ロームシアター京都×京都市文化会館5館連携事業『シアターデビュー!』促進プログラム

京都府 京都市東部文化会館、京都市呉 竹文化センター、京都市西文化会館ウエスティ、京都市北文化会館、京都市右京ふれあい文化会館

「プレイ!シアター in Summer 2021 オープンデイ」

2021年8月14日(土)・15日(日)
全館

「プレイ!シアター in Summer 2021 京都市交響楽団 0 歳からの夏休みコンサート 京都市動物園コラボレーションスペシャル」

2021年8月14日(土)
メインホール

指揮:垣内悠希
オーケストラ:京都市交響楽団 ほか

「ホリデー・パフォーマンス」

2021年6月27日(日)、12月 予定
パークプラザ 3階共通ロビー など 予定

「OKAZAKI PARK STAGE 2021」

2021年10月1日(金) ほか
ローム・スクエア

「地域の課題を考えるプラットフォーム『仕事と働くことを考える』」

2021年7月~2022年1月(全4回)
パークプラザ 3階共通ロビー、ノースホール

「いま」を考えるトークシリーズ

年4回開催
オンライン、3階共通ロビー 予定

アプリで読む