Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東海林広太作品

写真家・東海林広太、「青」がテーマの個展『青い光』 オリジナルグッズも

CINRA.NET

19/9/4(水) 19:30

東海林広太の個展『青い光』が、9月5日から東京・阿佐ヶ谷のVOIDで開催される。

東海林広太は1983年、東京生まれの写真家。2007年にスタイリストとして独立し、2014年より独学で写真を始める。自らスタイリング、撮影を手掛けたポートレートシリーズ『go sees』をはじめ、国内外でコマーシャルワークから作家活動まで幅広く活動している。

同展のテーマは「青」。未発表作品や撮り下ろし作品を展示予定だ。またオリジナルグッズとして、作品を転写プリントした古着やZINE、バッジ、ステッカーなどを販売する。

9月7日にオープニングパーティー、9月15日にクロージングパーティーを開催。詳細はVOIDのオフィシャルサイトをチェックしよう。

東海林広太のコメント

メタファーとしての色彩。それは明け方の西の空、ブエノスアイレスの恋人達、愛猫の瞳の色、荒木経惟のヌード写真、Yves KleinのBlue、深海の椅子、川崎洋の詠む海、James Turrellの光、華奢な指先のマニキュア。

アプリで読む