Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「唐突なお別れはダメだと宏樹さんから学んだ(笑)」、中村憲剛×伊藤宏樹・スペシャル対談【後編】

ぴあ

21/1/27(水) 7:00

(写真左より)中村憲剛、伊藤宏樹 撮影:佐野美樹

本日1月27日に発売された『FOOTBALL PEOPLE 川崎フロンターレ 中村憲剛特集号』では、中村憲剛氏とつながりが深い方々にインタビュー。誌面の都合で泣く泣くカットせざるを得なかった盟友・伊藤宏樹氏(現・川崎フロンターレ強化部)との対談の未公開部分を昨日に続き掲載。後編は長年、兄と弟のような関係で切磋琢磨してきたふたりが、印象に残っている試合やゴールについて語り合う。

――印象に残っているゴールを教えてください。

中村憲剛(以下、中村)「俺は2007年のナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)で、宏樹さんがアウトサイドに(巻いて)かけて、サイドネットに突き刺さったゴール。あれは、宏樹さんのゴールのなかでもすごく覚えてる」

伊藤宏樹(以下、伊藤)「あれ? その試合に憲剛いたんだっけ?」

中村「いましたよ」

伊藤「いたか」

中村「あれはいました(笑)」

伊藤「憲剛はいつもカップ戦にあると、代表でいないイメージだったから」

中村「あのときはいたんですよ、なぜか」

伊藤「(チョン・)テセのゴール、アシストした?」

中村「した、した。俺、意外と宏樹さんの生涯ゴールの半分ぐらいはアシストしていると思う。セットプレーも含めて」

伊藤「少ないからな(笑)」

中村「たぶん5点、6点くらいでしょ? そのうち3点ぐらいは俺がアシストしているよ」

伊藤「もうちょっと(点は)多いわ!」

――宏樹さんは憲剛さんのゴールで印象深いものはありますか?

伊藤「ゴールでいうと、プロ1年目のアウグストからのボレー。まだ憲剛が26番のとき。引退セレモニーの『ThanksVTR』のなかでも流れていたけど」

中村「あれね」

伊藤「あとは、アシストは熊谷での大宮アルディージャ戦。ジュニーニョに出したロングスルーパス、かな」

中村「それもう、だいたい世に出ているやつじゃないですか。……別のやつもらってもいいですか?(笑)」

伊藤「じゃあ、やめようか?(笑)」

中村「大丈夫、大丈夫、それでいい(笑)」

伊藤「まだ、いっぱいあるけど、憲剛とジュニーニョの“翼くん・岬くんゴールデンコンビ”みたいに決めたやつも好きだけどね。あれはFC東京戦だっけ」

中村「FC東京戦のやつね。あれもすごかった」

伊藤「あれは本当にすごかった」

中村「宏樹さん、ほとんど俺のゴールを後ろから見ているからね。確か、宏樹さんが俺と一番試合に出ていたんだよね? この間、誰かとその話をした覚えがある」

伊藤「この間、タニ(谷口博之)が言っていたな」

(写真左より)中村憲剛、伊藤宏樹

――ふたりのなかで一番印象深い試合は?

伊藤「ふたりのなかでか。俺が悲しかったのは、2004年に昇格して、2005年にいざ念願のJ1開幕戦を迎えた柏レイソル戦。憲剛が前日に熱を出して、いないという。あれは悲しかった」

中村「それを挙げるのは、よくないなあ(苦笑)」

伊藤「本当、そこを楽しみにめっちゃ(練習して)きていたのね。そしたら、前日のホテルで知らされて」

中村「俺もそうだよ。飯を食って、部屋に戻ったらもう急に寒気がしちゃって」

伊藤「39℃くらいあったよね?」

中村「ああーってなった」

伊藤「『何してんだよ!』と思った。あれが本当に残念だった」

中村「現役最初のJ1の試合と最後のJ1の試合が柏戦で、両方とも行っていないという……(苦笑)」

――なるほど。

中村「実は2005年にJ1に昇格したときの試合日程が柏、続いて浦和レッズだったんです」

伊藤「ああ」

中村「しかもアウェイ柏、ホーム浦和で。それで、自分の現役最後のリーグ戦は、ホーム浦和、アウェイ柏!」

伊藤「すごい偶然だね」

中村「2020年のスケジュールが出たときにもう、ゾゾゾってなったよ。それで始まって、それで終わるの? という日程だったので。だからその2試合は絶対に出なきゃいけないって思ってた」

伊藤「でも、最後、出ていないからちょうど良かったのかもしれないね(笑)」

中村「というか、(伊藤が挙げた)一番悔しかった試合、印象に残っている試合に、俺がいないことが問題です(笑)」

伊藤「印象に残っている試合……他は……」

中村「何ですかね。もう、あり過ぎて…」

伊藤「個人的にはあれかもしれない。俺の引退試合になった(2013年の)横浜F・マリノス戦。あの試合は憲剛がめっちゃめちゃパフォーマンスが良かったから。あれにはびっくりしましたよ」

中村「俺ね、最初で最後だと思う。人のために頑張ったの」

伊藤「結構、神がかっていた」

中村「神がかっていましたね。『宏樹さんの等々力ラストゲームを負けて見送るわけには、絶対にダメだ』と思っていた」

伊藤「しかも、相手は優勝のかかっていた大きな試合。大舞台ですよ」

中村「あの試合は、もう本当に心震えましたね。それにこの人、引退すると言ったのが、その週の初めなんですよ。F・マリノス戦の週のオフの日に、電話がかかってきて、あり得ないよ、本当に」

伊藤「(笑)」

中村「それもあったから、俺は2カ月前に言ったんです。だって、さみしい。1週間前に言われて、気持ちの整理がつかないじゃないですか。だから自分は、引退するときは絶対に先に言いたいと思っていたんです。そうしたら、たまたまチームの調子も良くて言いやすかった。やっぱり、唐突なお別れになっちゃうのはダメだなというのは、宏樹さんから学びました(笑)」

伊藤「あはは(笑)」

中村「残される方はさみしいからね。俺、今回は去っていくほうの気持ちが初めてわかったけど、意外と去っていくほうは、さっぱりいけるんですよ」

伊藤「うん」

中村「ただ残された方は、キツいから」

伊藤「俺の場合は、フロンターレだけで、憲剛の場合は背負っているものが違うから。俺はあれで良かったんだよ」

中村「いやいや、そんなことないでしょ」

伊藤「でも、改めて、憲剛のこの終わり方は本当にすごいよね。リーグ優勝を決めたことを考えても、最後に天皇杯決勝の舞台まで整ったことも含めて。普通のスポーツ選手では、なかなかできないことだと思います」

取材・文:林遼平 撮影:佐野美樹

FOOTBALL PEOPLE 川崎フロンターレ 中村憲剛特集号

FOOTBALL PEOPLE 川崎フロンターレ 中村憲剛特集号
川崎フロンターレとサッカー人生を歩んできた中村憲剛のバンディエラの矜持に迫ります。
1万文字にもおよぶ本人のロングインタビューはもちろん、ピッチの外から見届けた天皇杯決勝のラストゲームにも密着。小林悠、家長昭博、大島僚太、谷口彰悟、登里亨平らチームメイト、恩師、クラブスタッフにもインタビュー。サッカー漫画『GIANT KILLING』の漫画家・ツジトモによる中村憲剛の描き下ろしイラストやスキマスイッチ・常田真太郎からのメッセージ、よき理解者である伊藤宏樹との対談も掲載。

タイトル:FOOTBALL PEOPLE 川崎フロンターレ 中村憲剛特集号
発行:ぴあ株式会社
発売:2021年1月27日
定価:1,500円(本体1,364円)
判型:B5判・96ページ

Amazon:http://amzn.to/2LoCfD8
楽天ブックス:https://bit.ly/35flott
書店、ほかネット書店にて

詳細はこちら:https://book.pia.co.jp/book/b554944.html

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む