Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

舞台「ねじまき鳥クロニクル」キービジュアル(提供:ホリプロ)

「ねじまき鳥クロニクル」成河、渡辺大知、門脇麦の姿収めたビジュアル

ナタリー

19/9/9(月) 19:00

舞台「ねじまき鳥クロニクル」のキービジュアルが解禁された。

このたびお披露目されたビジュアルは、白を基調にしたものと、黒を基調にしたものの2点。それぞれに、成河、渡辺大知、門脇麦の姿が収められた。なおビジュアルのアートディレクションを務めているのは、きゃりーぱみゅぱみゅのCDジャケットや東京・ラフォーレ原宿の広告などを手がけてきたスティーブ・ナカムラ(STEVE NAKAMURA)だ。

本作は村上春樹の長編小説「ねじまき鳥クロニクル」を原作とした舞台作品。演出・振付・美術をイスラエルの演出・振付・美術家であるインバル・ピント、脚本・演出をイスラエルのテルアビブを拠点に活動する劇作家・演出家・ドラマターグのアミール・クリガー、脚本・演出をマームとジプシーの藤田貴大、音楽を大友良英が手がける。このほかの出演者には既報の通り、大貫勇輔、徳永えり、松岡広大、成田亜佑美、さとうこうじ、吹越満、銀粉蝶らが名を連ねた。

公演は2020年2月11日から3月1日まで東京・東京芸術劇場 プレイハウス、7・8日に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、14・15日に愛知・愛知県芸術劇場 大ホールにて。東京公演の先行予約は、9月26日18:00から10月6日23:59までホリプロステージで受け付けられ、一般販売は11月2日10:00にスタートする。

舞台「ねじまき鳥クロニクル」

2020年2月11日(火・祝)~3月1日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2020年3月7日(土)・8日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

2020年3月14日(土)・15日(日)
愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

原作:村上春樹
演出・振付・美術:インバル・ピント
脚本・演出:アミール・クリガー
脚本・演出:藤田貴大
音楽:大友良英

出演

演じる・歌う・踊る
成河、渡辺大知、門脇麦 / 大貫勇輔、徳永えり、松岡広大、成田亜佑美、さとうこうじ / 吹越満、銀粉蝶

特に踊る(五十音順)
大宮大奨、加賀谷一肇、川合ロン、笹本龍史、東海林靖志、鈴木美奈子、西山友貴、皆川まゆむ

演奏
大友良英、イトケン、江川良子

アプリで読む