Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

大駱駝艦・天賦典式 「のたれ●」ビジュアル(撮影:大杉隼平)

麿赤兒が漂泊の俳人・種田山頭火に迫る、大駱駝艦新作「のたれ●」

ナタリー

19/9/29(日) 10:42

大駱駝艦・天賦典式 「のたれ●」が11月21日から24日に東京・世田谷パブリックシアターにて上演される。

“人類とは”を常に追究してきた麿赤兒が、今回は漂泊の俳人・種田山頭火に迫る。2018年に、「信念を貫いた生き方で多くの人びとに感動を与えた文化人・表現者」として「第一回 種田山頭火賞」を受賞した麿が、山頭火の世界観をどのように舞台に立ちあげるのか。

麿は上演に向けて「道に迷い 土に埋もれ 水に溺れ 死に抱かれ 言の葉一枚拾う そして のたれ● 山頭火は舞頭火」と一句詠んでいる。チケットは10月4日に発売。

大駱駝艦・天賦典式 「のたれ●」

2019年11月21日(木)~24日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

振鋳・演出・美術・鋳態:麿赤兒
鋳態:村松卓矢、田村一行、松田篤史、塩谷智司、若羽幸平、小田直哉、坂詰健太、荒井啓汰、阿蘇尊、我妻恵美子、高桑晶子、鉾久奈緒美、藤本梓、梁鐘譽、伊藤おらん、齋門由奈、谷口舞、古田真奈未、川村真奈

アプリで読む