Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ミラ・ジョヴォヴィッチがアクションシーンの裏側を語る 『モンスターハンター』特別映像公開

ぴあ

21/3/23(火) 13:30

『モンスターハンター』 (c)Constantin Film Verleih GmbH

3月26日(金)より公開となる『モンスターハンター』より、主演のミラ・ジョヴォヴィッチらが米軍訓練プログラムで会得したという、アクション撮影の裏側を語る特別映像が到着した。

2004年に第1作を発売して以降、16年を経た今なお確実にファンを増やし続ける、シリーズ累計販売本数6,500万本(2020年9月30日現在)の大ヒットゲームシリーズ『モンスターハンター』。“モンハン”という愛称で親しまれる同ゲームは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かう「ハンティングアクション」という新たなゲームジャンルを確立し、他のプレイヤーと協力して強大なモンスターに挑むゲーム性から「一狩りいこうぜ」を合言葉にモンハンブームを巻き起こした。

そんな日本発の大ヒットゲームシリーズをハリウッドで待望の実写映画化。監督に『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン、主演にミラ・ジョヴォヴィッチという最強タッグを再び実現させ、さらにトニー・ジャー、ロン・パールマンといった錚々たる面々が名を連ねる。

この度公開されたのは、ハードでスリリングなアクションの連続となった撮影を振り返る特別メイキング映像。主人公アルテミスを演じたミラ・ジョヴォヴィッチや、同じ特殊部隊員のキャスト陣、そして道中で出会うハンターを演じたトニー・ジャーらのコメントを通し、劇中で幾度となく強力なモンスターと戦うことになる彼らが体当たりで挑んだ、驚きのアクション撮影の模様が映し出される。



“ディアブロス亜種”がハンヴィーをひっくり返す場面では、実際に役者たちを乗せた状態で車両を横転。激しいアクションシーンで世界中を魅了しているポール・W・S・アンダーソン監督が辣腕を大いに振った。さらに特殊部隊員を演じるにあたり、ジョヴォヴィッチをはじめとしたキャスト陣が「米軍訓練プログラム」をこなして徹底的に役作りをしたことも判明。

また本作でミリタリーアドバイザーを務めたナタリー・マルーは世界中に18人しかいないという特殊部隊の隊員で、「アルテミスには身体的な強さも必要だが、特殊部隊員として先頭に立って率いていくための賢さと社交性も必要だった」とコメント。ジョヴォヴィッチに対して厳しい身体的・戦術的な訓練に加え、心理的なトレーニングも行ったという。

もちろん他のキャスト陣にも厳しい指導と訓練を課し、全員が見事に乗り越え「ナタリーのアドバイスによって、可能な限り一流の部隊に見せることができたと思う」とアンダーソン監督も太鼓判を押した。

『モンスターハンター』
3月26日(金)より公開

アプリで読む