Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から武田真治、オダギリジョー。

「時効警察」スペシャル9月放送、武田真治が71歳にして40代の肉体を持つ“美魔王”に

ナタリー

19/8/21(水) 5:00

「時効警察・復活スペシャル」が9月29日21時よりテレビ朝日系で放送される。

「時効警察」シリーズは、時効を迎えた事件を趣味で捜査する警察官・霧山修一朗を主人公とするコメディミステリー。オダギリジョーが霧山、麻生久美子が霧山の助手・三日月しずかを演じている。10月より連続ドラマ「時効警察はじめました」が放送されることが決定しており、三木聡がメイン監督を担当。大九明子、今泉力哉、福田雄一、森ガキ侑大、塚本連平も監督として参加する。

三木が監督と脚本を担当する「時効警察・復活スペシャル」では、24年前に発生した“浦島ガソリンスタンド火災事件”が軸に。霧山と三日月が事件の情報を集めるため浦島町の交番を訪れることから物語が展開していく。このスペシャルドラマにはゲストとして武田真治、菊地凛子、余貴美子が出演。武田は71歳にして40代の肉体を持つ人気タレント・美魔王藤原、菊地は美魔王の年齢詐称を疑うライター・九品仏さやか、余は事件の被害者である沢村浩司の母であり現在は消息不明の加奈子に扮する。なお「時効警察はじめました」にも登場する新人刑事・彩雲真空役の吉岡里帆、ドラマの第1シリーズで“口の臭いおまわりさん”とその弟を演じた笹野高史も出演する。

武田は本作への出演について「“完璧に作られた世界観”のある『時効警察』に招待してもらえたことが、信じられないくらい嬉しくて…。おとぎの国から招待状が届いたような気持ちでした!」とコメント。また「誰にも頼まれていないトレーニングを長年コツコツと続けてきたことが、この役に僕を導いてくれたのかなと考えると、本当によかったなと思いました」と美魔王を演じることの喜びを語っている。

時効警察・復活スペシャル

テレビ朝日系 2019年9月29日(日)21:00~

金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」

テレビ朝日系 2019年10月スタート 毎週金曜 23:15~24:15
※一部地域を除く

武田真治 コメント

出演が決まったときの気持ち

“完璧に作られた世界観”のある「時効警察」に招待してもらえたことが、信じられないくらい嬉しくて…。おとぎの国から招待状が届いたような気持ちでした! 年齢を重ねると、自分自身も夢を見ながら仕事をするのはなかなか難しくなってくるもの。でも「今回はそれができるんだ!」と、胸が躍りました。

美魔王藤原について

台本を読み進めるうちに、本当に生意気ながらも「これは自分がやるべき仕事だな」と思いました(笑)。もし別の役者さんがこの役を演じているのを、僕が「時効警察」ファンとして見たら、相当悔しがっただろうなって思いますね。誰にも頼まれていないトレーニングを長年コツコツと続けてきたことが、この役に僕を導いてくれたのかなと考えると、本当によかったなと思いました。

演じるうえでのこだわり

三木(聡)監督のこだわりがすごいので、“「自分なんかがこだわりを持たない」というこだわり”が生まれたかもしれません。監督は時に「えっ!? この行間から、それは読み取れませんよね」というムチャな演出もされるのですが、それも事前に絵コンテを渡してくださるし、決してノリだけではやらない方なんです。ですから、結果的にムチャにはならないのですが、ものすごい振り幅ですよ! きっと僕が出演するラストシーンのオチの付け方も、ご覧になったら驚かれると思います。

回想シーンでの学ラン着用について

46歳にして学ランを着るという違和感よりも、実はカツラの方に違和感がありました(笑)。坊ちゃん刈りっていうんですかね? 46歳の顔に、すべての毛流れが前に向かっている髪型というのはなかなか…(苦笑)。皆さんも引っかかるかとは思いますが、ぜひ温かい目で見ていただきたいです(笑)。

オダギリジョー、麻生久美子の印象

オダギリさんも僕も40代。大きな意味では同世代なのですが、表現者として間違いなく彼はトップランナーの一人だと思います。認めるのは悔しいですが、繊細な表現から大胆な表現までいろいろできる方ですし、俳優をやる上で絶対に必要なミステリアスさを持ち続けてらっしゃる! 実は、時効になった事件を“趣味”で捜査するという設定が一番ムリヤリな設定なんですけど、それも軽くひょいと飛び越えてらっしゃるんですよね。「時効警察」が続けられているのはオダギリさんのおかげだと思います。
麻生さんは実際にお会いするとさらに、“これだけの人気シリーズの看板ヒロインを演じられている魅力”が伝わってくる方ですね。監督の要望やオダギリさんの演技に、すごく柔軟に軽々と、すいすい合わせて演じられるので「さすがだな!」と思いました。

アプリで読む