Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

対テロ特殊部隊による伝説の作戦を描く 『15ミニッツ・ウォー』10月公開決定

リアルサウンド

19/7/11(木) 11:00

 対テロ特殊部隊・GIGN(フランス国家憲兵隊治安介入部隊)伝説の作戦行動を映画化した『15ミニッツ・ウォー』が、10月11日に公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

参考:異例のヒット『新聞記者』を巡る三つの違和感

 本作は、1976年にフランス最後の植民地であるジブチで発生したバスジャック事件をきっかけに、高い狙撃能力を持つスナイパーたちによって編成された対テロ特殊部隊・GIGNが正式に組織化される前夜に起きた、“奇跡の人質救出”を映画化したもの。伝説的な作戦の一部始終を、壮絶なアクション、そしてエモーショナルな人間模様とともに描く。

 テロリストに占拠されたスクールバスに単身乗り込むアメリカ人女性教師・ジェーンを『007 慰めの報酬』『オブリビオン』のオルガ・キュリレンコが演じ、『マイ・エンジェル』のアルバン・ルノワール、『ダリダ~あまい囁き~』のヴァンサン・ペレーズといったフランスの俳優陣が集結している。

 今回公開されたポスタービジュアルでは、キュリレンコの真剣な表情とともに、個性的な5人のスナイパーの姿が切り取られており、「誰も、死なせはしない」というコピーが綴られている。

 監督を務めたフレッド・グリヴォワは、「10年ほど前から、このテーマに取り組んでいました。しかし様々な事情で、別のプロジェクトを優先しなければいけなかった。長年温めていたこの企画の実現を、スタッフが後押ししてくれて映画化に至りました。私はドキュメンタリー作家でもなく、もちろんジャーナリストでもないです。事件の真実より、感情の部分を描きたかったので、この選択が良い方に作用出来る様に、10年前から執筆に取り掛かっていたのです」と語っている。 (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む