Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

湯浅政明監督作『日本沈没2020』、“劇場編集版”として11月13日公開決定

ぴあ

20/8/20(木) 18:00

『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』 (c)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

7月にNetflixで配信開始した『日本沈没2020』が、『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』として11月13日(金)に劇場公開されることが決定した。

本作は、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』『きみと、波にのれたら』『SUPER SHIRO』などで世界的な評価を受けてきた湯浅政明監督最新作。『DEVILMAN crybaby』以来2度目となるNetflixオリジナルアニメシリーズとして、小松左京のベストセラー『日本沈没』の初のアニメ化に挑んだ。Netflixで配信後には、SNSを中心に賛否両論を巻き起こし、連日更新される国内視聴ランキングのNo.1を記録した。

『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』では、現代の世界が内包する様々な要素が詰め込まれた全10話の配信版から、1本の映画として情報量を絞ることで、令和における日本沈没の持つテーマ性と時代性がより鮮明となっている。

あわせて、公開された本ポスタービジュアルは、大災害の中、前を向き生き抜く、ごく普通の家族:武藤家にフォーカスをあてたビジュアルから一転、沈没した国土の先に、朝日と共にそびえる富士山を描いた、スケール感のあるビジュアルとなっている。

●湯浅政明監督コメント
1話のダビングの時に5.1chで作られた音が心地良くて、これはいい環境で見ないともったいないと思うようになりました。配信が開始されると内容に非難も巻き起こり、意図した所へたどり着かない視聴者の方も多く見受けられました。この作品は見る側へのたくさんの裏切りがあります。それは登場人物が乗り越えるべき苦難と同様で優しくありません。ぜひ劇場でご覧になって確かめて下さい。

『日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-』
11月13日(金)公開

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む