Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

綾野剛、映画ファンに感謝と誓い「いつか会いに行きます」 主演作『ヤクザと家族』封切り

ぴあ

21/1/29(金) 17:08

日本アカデミー賞6冠に輝いた『新聞記者』のスタッフが再集結した『ヤクザと家族 The Family』の初日舞台挨拶が1月29日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、綾野剛、舘ひろし、磯村勇斗、小宮山莉渚、藤井道人監督が出席。無観客で実施された初日舞台挨拶の模様は、全国272劇場に同時中継された。

1999年、2005年、2019年と変わりゆく3つの時代に、ヤクザとして生きるしかなかった男と、彼を取り巻く人々を、抗争ではなく家族という視点から描いたヒューマンストーリー。主題歌には綾野自らオファーしたという常田大希率いる音楽集団・millennium paradeが書き下ろした楽曲を起用された。

本作で主人公・山本賢治を演じ、初のヤクザ役を務めた綾野は「自分の集大成であることは間違いない。本当に最愛の作品」と誇らしげ。すでに各方面から絶賛の声が寄せられ「自分たちの愛をちゃんと受け取ってもらえた。映画という家族に愛されているし、いろんなことがリンクし、ありそうでなかったことが動き始めている」とさらなる旋風に期待を寄せた。

また、同日封切りを迎えたライバル作品の名前を複数挙げ「いろんな作品が手と手を取り合い、エンターテインメントで皆さんの心の疲弊を止めようと頑張っています。そんな僕らの思いをくんで、劇場に足を運んでくださり、心から感謝申し上げます」と感謝の意。さらに「状況が許されるようになれば、僕らのほうから、いつか会いに行きます」と映画ファンに誓いを立てた。

舘は主人公・山本に“家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲博を演じ、43年ぶりのヤクザ役。司会者から「誰に見てほしいか?」と問われると、「あんまり言いたくないですけど、やっぱり亡くなった渡(哲也)さんですね。僕に自信をつけさせたいのか、いつも褒めてくださった」としみじみ。この日、綾野が着用したスーツは、舘から譲り受けたものだといい「この晴れ舞台に、魂が宿ったスーツを着られて、門出というか、自分にとっては大切な日です」(綾野)、「僕が着てるより全然カッコイイ(笑)。返してほしい」(舘)と息の合った掛け合いも披露した。

また、1月26日に39歳の誕生日を迎えた綾野に、特製の花束がサプライズプレゼントされる一幕も。感謝しきりの綾野に対し、舘は「39歳? やりたい放題だよね。綾野くんに引っ張られて、映画が完成した気がします」とダンディに祝福していた。

取材・文・写真=内田涼

『ヤクザと家族 The Family』
全国公開中

アプリで読む