Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ブレードランナー ファイナル・カット』日本初のIMAX上映決定 先着で特製ポスタープレゼントも

リアルサウンド

19/7/24(水) 9:00

 リドリー・スコット監督作『ブレードランナー ファイナル・カット』が、9月6日より2週間限定で日本で初めてIMAXシアターで上映されることが決定した。

参考:観客の評価が二分した『ブレードランナー 2049』は内容的な成功を遂げたのか?

 本作は、フィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、スコット監督とハリソン・フォード主演のタッグで映画化され、1982年に公開されたSF映画。1992年には、スコット監督編集による『ブレードランナー ディレクターズ・カット/最終版』が、2007年には『ブレードランナー ファイナル・カット』が公開されスマッシュヒットを記録した。

 今回、本作の舞台となる2019年を迎え、『ブレードランナー ファイナル・カット』がIMAXので2週間限定公開が決定。9月6日からの公開に向けて、フォード演じるデッカードが、レプリカントを処刑する“ブレードランナー・ブラスター”を手にしたポスターと、約3分の予告編が公開された。スコット監督は、「『ブレードランナー』の中で一番好きなこの『ファイナル・カット』を是非楽しんでほしい」と語っている。

 また、IMAXシアターでの公開を記念して、特製ポスター(先着限定、なくなり次第終了)がプレゼントされる予定だ。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む