Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ダンボ』 (c)2019 Disney

ティム・バートン監督が散りばめた原作オマージュが続々 『ダンボ』特別映像公開

ぴあ

19/7/17(水) 10:00

世代を超えて愛され続けるウォルト・ディズニーの名作アニメーションを鬼才ティム・バートン監督がふたたび映画化した、実写映画版『ダンボ』。7月17日(水)、MovieNEXと4K UHD MovieNEXでの発売にあわせ、この度、アニメーション版『ダンボ』への細かいオマージュを解説するトリビア映像が公開された。

バートン監督はアニメーション版の大ファンと自ら公言、アニメーション版へのオマージュが、実写映画版『ダンボ』にはたくさんとり入れられているという。

この度解禁となった映像は、隠されたトリビアを、アニメーション版の映像と並べて解説しながら進んでいく、MovieNEXとデジタル配信(購入)で楽しめるボーナス・コンテンツのワンシーン。

初めに登場するのは、列車“ケイシージュニア・トレイン”に記されている“41”の数字だ。これはアニメーション版の公開年1941年を意味していると紹介される。アニメーション版ではダンボの友達で、口笛を奏でたり好物のピーナッツを帽子に隠していた“ティモシー”は、サーカス団の一員として全く喋らないキャラクターとして登場しているが、ピーナッツ好きは同じであることなど、解説しているトリビア以外にも、バートンの愛あふれるオマージュが、本編では多数隠れている。

MovieNEXには、“ようこそ! サーカスの世界へ”や“メイキング・オブ『ダンボ』”、“アニメーション映画『ダンボ』へのオマージュ”、エンドソング「ベイビー・マイン」を担当したアーケイド・ファイアのミュージックビデオなど、ボーナス・コンテンツも多数収録。また、デジタル配信(購入)には限定で、作中の魅惑的な“ドリームランド”のシーンを解説した“ドリームランドへようこそ!”が収録され、MovieNEXとデジタル配信では、それぞれ異なるコンテンツを楽しむことができる。

『ダンボ』
7月17日(水)MovieNEX(4,200円+税)、4K UHD MovieNEX(8,000円+税)発売
先行デジタル配信中

アプリで読む