Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日向坂46 東村芽依、小籔千豊への複雑な乙女心を吐露 「芽依、絶対嫌われてる」

リアルサウンド

19/6/4(火) 12:20

 小籔千豊が司会を務める『HINABINGO!』(日本テレビ系)6月3日放送分にて、「日向坂セルフドッキリSP!」の模様がオンエアされた。

(関連:日向坂46の名バイプレイヤー 富田鈴花が持つマルチな能力 バラエティ力の高さを軸に考える

 同企画は、日向坂46メンバーが自らドッキリを考案し実行するというもの。まず初めの仕掛け人は、佐々木久美、潮紗理菜、富田鈴花だ。小藪が日向坂46に怒っているという情報を伝え、ターゲットにその理由を聞いてみるというドッキリを仕掛ける。ネタバラシ役となった富田は、定番の小藪モノマネで登場するとのこと。ターゲットは、好きすぎて涙を流してしまうほどの小藪ファン・東村芽依、日向坂46のピュア代表・丹生明里だ。

 アンケート(偽物)を書くため部屋に集められた東村、丹生、佐々木、潮。スタジオでは声が小さいと言われる東村であるが、メンバーの前では休日の過ごし方や買い物の話などを楽しそうに語る。VTRを見てた小藪は「めっちゃしゃべってる! 声も張ってるし」といじりスタジオを笑わせた。談笑している東村をよそに、佐々木は「小藪さんが私たちのことよく思ってくれてないらしい」と話を切り出す。すると楽しそうな表情から一変し、「え? なんでぇ?」と落ち込みだす東村。さらに佐々木は「小藪さんが床をガンってやってたときがあって……」と追い打ちをかけると、東村は「芽依、絶対嫌われてる」とすっかり自信をなくしてしまう。メンバーはフォローしたものの佐々木から「嫌われてるって感じる?」と聞かれると、「うん……」と複雑な乙女心を見せた。「嫌われた原因は挨拶にあるのでは?」という話になり、東村に大声で挨拶をさせようとする仕掛け人たち。様子がおかしいと感じ取った東村は、ティッシュ箱の裏を覗き仕込みマイクを発見。ネタバラシの前にバレてしまうという結果となった。

 続けてのターゲットは、井口眞緒と齊藤京子だ。同じように話を切り出す佐々木。すると、井口は「(小藪は)良く思ってると思うよ!」と強気を見せる。一方齊藤も小藪が怒っているという情報に疑いを感じているようだ。「悪いこと言わないぐらい良い方じゃない?」「“この子たちあんまり良くないよ”って言わないぐらい完璧な方じゃない?」と小藪を絶賛。佐々木は「(小藪が怒ってる原因は)収録に慣れてきたせい?」と言ってみるものの、「いつも全力で頑張ってる」と答える井口。小藪は「自分に甘いな!」とスタジオからツッコんだ。ネタバラシをすると、齊藤は「小藪さんが私たちのことを好きでよかった」とコメントした。

 VTRを見ていた小藪は、齊藤のコメントに対して「(日向坂46のことを)なんとも思ってへん。ただの共演者や!」と返答。しかし、メンバーは「強がってますよね?」(佐々木)「そういうところがみんな好きです」(齊藤)と切り返し。さらに井口が「本当に思ってる人はそういうことを口に出しません」「好きな人にこそ嫌いって言う」と詰め寄ると、小藪は「なんの確信や! 400歳ぐらいの占い師のババアか!」とツッコんだ。

 小藪は東村に話をふるものの、東村は「……はい」と髪の毛で顔を隠してしまう。そんな彼女に対して小藪は「陰でめっちゃしゃべるくせになんやねん。陰でめっちゃ買い物するくせに」「こんなん(髪の毛で顔を隠す)しとったら買い物できないやないかい」といじり倒した。しばらくすると、なぜか涙目になっている東村。小藪が「今こそ泣くタイミングちゃうやろ」「改めて見たら長かったんか、俺の顔が」と言うと、東村は一生懸命返答しようと話し出す。しかし相変わらず声は小さく、小藪からは「聞こえへんねん!」とツッコみが飛んだ。いつもの小藪のツッコミに安堵したのか、東村は「へへへ」と最後に笑顔を浮かべていた。

 次回は6月10日放送。「小籔千豊VS日向坂46ビンゴ!」をオンエア予定だ。(向原康太)

アプリで読む