Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

平辻哲也 発信する!映画館 ~シネコン・SNSの時代に~

ミニシアターブーム後も存在感放つユーロスペース 『アートのお値段』を自社配給するワケは?

隔週連載

第17回

19/8/11(日)

80〜90年代に渋谷のミニシアターブームを牽引し、レオス・カラックス監督、アッバス・キアロスタミ監督、フランソワ・オゾン監督といった欧州の気鋭監督の作品を日本に紹介。ブーム後、数多くのミニシアターが閉館となった今も存在感を放つのが「ユーロスペース」だ。邦洋のアート系作品を送り出し、8月17日からは自ら配給するドキュメンタリー『アートのお値段』を公開する。名物支配人が考えるミニシアターの昔と今とは?

アプリで読む