Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

青木豪演出、東京芸術祭2021野外劇「ロミオとジュリエット」出演者オーディション開催!

ぴあ

21/2/5(金) 17:01

東京芸術祭2020「NIPPON・ CHA! CHA! CHA!」 撮影:住田磨音

東京芸術祭実行委員会(委員長:近藤誠一)が、2021年秋に東京芸術祭2021を開催することを発表した。

総合ディレクター・宮城聰(演出家 / SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)の元、コンセプトとなる「ひらく」「きわめる」「つながる」の3つの柱を掲げ、参加事業のディレクターと協働する「プランニングチーム」による体制も4年目を迎えた。2020年はコロナ禍のなかでも、オンラインも駆使しなあ柄約40プログラムを実施。そして劇場を「ひらく」アクションとして、野外劇『NIPPON・CHA!CHA!CHA!』を上演した。

東京芸術祭2021においても、同じコンセプトで観客のみならず、様々な俳優に門戸を開いて出会うために野外劇を上演する。2021年は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を、演出に昨今の幅広い創作に定評のある青木豪を迎え、2年目となるGLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)で上演予定。今月2月21日(日)まで本作品に出演する俳優を募集中となっているので、ぜひたくさんの方に応募してほしい。

演出:青木豪からのメッセージ
宮城聰さんから「池袋のグローバルリングで、シェイクスピアを演出しませんか?」とお誘い頂いた。「芝居にまったく興味ない人でも、ついつい立ち寄りたくなるようなものにしたい。」と言われ、誰もが知ってる「ロミオとジュリエット」を選んだ。通りすがりの人さえ観客にしたい、というのはつまり「人の目をひきたい」ということだ。そういう単純な衝動が僕は大好きだ。「人の目をひきたい」と思ってる人、待ってます。「立ち寄るだけのつもりがついつい最後まで見ちゃったじゃねぇか」っていう芝居を一緒に作りましょう。

【オーディション概要】
東京芸術祭2021 野外劇「ロミオとジュリエット(仮)」
作:ウィリアム・シェイクスピア
上演台本・演出:青木豪
総合ディレクター:宮城聰(演出家 / SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)
日程:10月17日(日)〜25日(月) ※予定・調整中 / 東京芸術祭2021会期中
会場:GLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)

オーディションエントリー受付期間:2月3日(水)~2月21日(日) ※24:00必着
詳細はこちら:http://tokyo-festival.jp/2020/news/5517/

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む