Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第9回九州戯曲賞大賞は山口大器「量子の歌声」

ナタリー

19/6/24(月) 11:11

第9回九州戯曲賞 大賞を山口大器「量子の歌声」が受賞した。

九州戯曲賞は、九州の劇作家を発掘・育成し、九州の文化芸術を盛り上げることを目的として設立された戯曲賞。最終審査員は佐藤信、横内謙介、松井周、中津留章仁、桑原裕子が務めた。

劇団言魂の代表を務める山口は、「この作品は、自分の劇団の公演に向けて執筆しました。その時のメンバー、興味があったもの、コンプレックス、環境、そして、描きたい衝動と世界に突き動かされて構想を始めました」と作品を紹介し、「今まで頂いたたくさんの機会とご縁が、今の創作の礎になっていることに感謝しながら、今後も創作に励んでいきたいと思います」と受賞の喜びを語っている。

山口大器コメント

この作品は、自分の劇団の公演に向けて執筆しました。その時のメンバー、興味があったもの、コンプレックス、環境、そして、描きたい衝動と世界に突き動かされて構想を始めました。その無謀さに不安になりつつも、頑張って書いた作品だと今では思います。あの瞬間から逃げることなく創作し、上演したものが、こうして評価されたことが大変嬉しいです。
今まで頂いたたくさんの機会とご縁が、今の創作の礎になっていることに感謝しながら、今後も創作に励んでいきたいと思います。ありがとうございました。

第9回九州戯曲賞 最終審査候補作品

宮田晃志「ヒトツ目の街」
日下渚「サヨナラ、我が家。」
山口大器「量子の歌声」
中島栄子「BERLIN」
松岡伸哉「海が降った夏」

アプリで読む