Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

撮影:塚田史香

大谷皿屋敷主宰の劇団「地蔵中毒」の舞台『純喫茶“味噌夢”』GWに上演

CINRA.NET

19/4/29(月) 21:00

劇団「地蔵中毒」の舞台『無教訓意味なし演劇vol.10「純喫茶“味噌夢”~蜘蛛でもわかるアクリル製色即是空~」』が、5月2日から東京・学芸大学の千本桜ホールで上演される。

大谷皿屋敷が主宰を務める地蔵中毒は、「思いついてはみたものの社会に発表するにしては“見せられる側が迷惑”な、くだらない“思いつき”」の供養の場として発足された「無責任エンターテイメント集団」。大谷が作・演出を手掛ける同作は、自宅ポストにねじ込まれたハマチ、ブリ、個人経営の漫画喫茶に置かれた『シティーハンター』の中で一番くすんでいる巻などがモチーフになっている。

出演者はかませけんた、三葉虫オーディンみどり、東野良平、フルサワミオ、武内慧、hocoten(オルギア視聴覚室)、佐藤一馬、坂菜々子、大宮二郎(コンプソンズ)、シオザキ(シオちゃんハセちゃん)、今村圭佑(Mrs.fictions)、徳橋みのり(ろりえ)。チケットは現在販売中だ。

大谷皿屋敷(地蔵中毒)のコメント

本公演のナンバリングが遂に二桁になりましたので、ここに「地蔵中毒ネクストステージ」を宣言いたします。
初期衝動のみで突っ走った黎明期を経て、今回公演からは、ネクストステージ「モフモフパンダちゃん期」へと突入いたします。
今公演からは、「奥二重(おくぶたえ)の演者も、眉間に力を入れて二重瞼にしながら出演する」というタスクを課し、更なる高みを目指します。
普段とは違う(目元が)作品になると思いますが、人間、そんなにすぐ変われる訳ではないとも思うので、目元以外は変わらないかもしれません。
結局のところ、台本ができてないのでわからない。
正直な所、それが今の僕らの気持ちです。

アプリで読む