Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

『透明人間』5月1日公開決定 エリザベス・モスが見えない何かに怯えるポスター&予告編も

リアルサウンド

20/2/28(金) 18:00

 ユニバーサルのクラシック・キャラクターにインスパイアされた映画『The Invisible Man(原題)』が、『透明人間』の邦題で5月1日に公開されることが決定し、ポスタービジュアルと予告編が公開された。

参考:映像はこちら

 本作は、『ゲット・アウト』『アス』などの製作でハリウッドのホラー映画を牽引するブラムハウス・プロダクションズと、『ソウ』シリーズの生みの親で、監督・脚本・製作総指揮を務めたリー・ワネルがタッグを組んだ恐怖映画。『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』でゴールデングローブ賞主演女優賞、エミー賞主演女優賞受賞のエリザベス・モスが主演を務める。

 富豪で天才科学者エイドリアンの束縛された関係から逃げることのできないセシリアは、ある真夜中、計画的に脱出を図る。悲しみに暮れたエイドリアンは手首を切って自殺をし、莫大な財産の一部を彼女に残した。セシリアは彼の死を疑っていた。偶然とは思えない不可解な出来事が重なり、それはやがて、彼女の命の危険を伴う脅威となって迫る。セシリアは「見えない何か」に襲われていること証明しようとするが、徐々に正気を失っていく。

 公開されたポスタービジュアルには、暗闇の中で見えない透明人間の存在に怯えるエリザベス・モス演じるセシリアの姿が。「見えるのは、殺意だけ」というコピーにもあるように、姿はなくとも、狂気に満ちた透明人間の存在を感じるセシリアの表情が切り取られている。

 公開された予告編では、冒頭、最新の防犯システムが張り巡らされた豪邸から主人公セシリアが必死に逃げ出す様子が確認できる。この豪邸の持ち主でセシリアの恋人、天才科学者のエイドリアンは過剰なまでに彼女を束縛していた。豪邸の外に迎えにきた姉の車に乗り込み、ほっとしたのもつかの間、エイドリアンが追いつき、車窓を殴り割り横暴な一面を見せる。後日、エイドリアンの財産を管理する人物から、エイドリアンはセシリアが去ったショックで自殺し、彼の生前最期の希望で5億円の遺産をセシリアへ遺贈することを聞かされる。ただし、セシリアに心神喪失の診断が下れば契約無効の条件付き。彼の死に納得できない様子のセシリアだったが、やがて身の回りに不可解な出来事が起こり始め、「透明人間」の狂気を感じ始める。(リアルサウンド編集部)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む