Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

バカリズムが描く群像コメディ、篠原涼子主演「ウェディング・ハイ」監督は大九明子

ナタリー

「ウェディング・ハイ」ティザービジュアル

バカリズムが脚本を担当した映画「ウェディング・ハイ」が来年3月12日(土)に全国公開されることが発表された。

カップルにとって人生最大のイベント・結婚式で次々と巻き起こる問題に、決して「NO」と言わない敏腕ウェディングプランナーが立ち向かうオリジナルストーリー。「勝手にふるえてろ」やシソンヌじろう脚本「甘いお酒でうがい」の大九明子がメガホンを執り、映画主演は3年ぶりとなる篠原涼子が主人公・中越真帆を演じる。

穏やかだが流されやすい新郎・石川彰人役を中村倫也、結婚式を心待ちにする天真爛漫な新婦・新田遥役を関水渚が担当。このほか、花嫁を奪いに式に乱入しようとする元カレ・八代裕也に岩田剛典(EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、披露宴会場に姿を現す謎の男・澤田紀昭に向井理、主賓挨拶に人生を懸ける新郎の上司・財津俊彦に高橋克実が扮する。

バカリズムの脚本について、向井は「バカリズムさんの繊細な台本は、いくつもの伏線が張り巡らされ、読後感としてはなるほど!と唸るような気持ちでした」とコメント。関水はバカリズム作品に出演することが夢だったと明かし、「本当に面白くて、これは絶対素敵な映画になるなと思いました!」と期待させる。高橋も「冒頭からラストまで本当に、抱腹絶倒です」と語った、バカリズムの描く群像コメディに期待しよう。

(c)2022「ウェディング・ハイ」製作委員会

アプリで読む