Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

クリープハイプ尾崎世界観の小説『母影』が第164回芥川賞の候補作に選出、2021年1月に単行本を発売

ぴあ

20/12/18(金) 5:00

尾崎世界観(クリープハイプ)

クリープハイプの尾崎世界観の小説『母影』が第164回芥川賞の候補作に選出された。

尾崎世界観は2016年6月に初小説『祐介』を発表。自身の本名をタイトルに冠して、売れないバンドマンを主人公にした作品が話題になり、以降音楽活動と並行しながら、エッセイや対談、小説などの執筆活動を行っていた。

その尾崎が初めて文芸誌「新潮」(2020年12月号)に発表した中篇小説が『母影』。
今作はデビュー作『祐介』から一転、小学校低学年の少女の視点から見た世界を描いた作品となった。なお、芥川賞を含め尾崎が文学賞にノミネートされるのは初となる。

同賞の選考会は2021年1月20日に行われる予定。さらに、本作品を収録した単行本『母影』が2021年1月29日に発売されることも併せて発表された。


<『母影』ストーリー>
私は書けないけど読めた――お母さんの秘密を。
行き場のない少女は、カーテン越しに世界に触れる。

小学校でも友だちをつくれず、居場所のない少女は、母親の勤めるマッサージ店の片隅で息を潜めている。お客さんの「こわれたところを直している」お母さんは、日に日に苦しそうになっていく。カーテンの向こうの母親が見えない。
少女は願う。「もうこれ以上お母さんの変がどこにもいかないように」。

著書詳細

尾崎世界観『母影』(おもかげ)

2021年1月29日発売


仕様:四六判ハードカバー
価格:1,300円(税別)
URL:https://www.shinchosha.co.jp/book/352142/

関連リンク

クリープハイプ公式サイト
http://www.creephyp.com/

クリープハイプYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9qzBf1wP4tGot4qi__1B_g?sub_confirmation=1

Twitter
https://twitter.com/creephyp

Facebook
https://www.facebook.com/143303469088825/

Instagram
https://www.instagram.com/creep_hyp/

LINE
https://line.me/R/ti/p/@creephyp

アプリで読む