Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「嵐電」公開記念舞台挨拶の様子。

「嵐電」井浦新が京都での撮影述懐「映画作りの本質を感じられた」

ナタリー

19/5/25(土) 14:43

「嵐電」の公開記念舞台挨拶が本日5月25日に東京・テアトル新宿で行われ、キャストの井浦新、大西礼芳、安部聡子、金井浩人ら9名と、監督を務めた鈴木卓爾が出席した。

京都市街を走る路面電車・京福電鉄嵐山線、通称“嵐電”とその周辺を舞台に、3組の男女の恋と愛の運命を描いた本作。鎌倉からやって来たノンフィクション作家の平岡衛星を演じた井浦は「本日は皆様、お熱い中、ご乗車誠にありがとうございます」と挨拶する。

嵐電沿線に部屋を借りる衛星は、執筆のため電車にまつわる不思議な話を集めていく人物だ。井浦は自身が「突き動かされた」という鈴木の言葉を紹介。「監督は『僕もわからないから、あなたたちに演じてもらいたい』と。監督もわかってないし、きっと僕らもわかってない。ものすごくシンプルなことなんですが、映画作りの本質を感じられた素敵な時間でした」と京都での撮影を振り返る。

そんな衛星の妻・斗麻子を演じるのは、京都の劇団・地点に所属する安部。俳優としても活動する鈴木と「トキワ荘の青春」で共演していた縁から本作への出演が決まった。安部は実際の嵐電を「京都の小さな範囲を走ってるゆっくりとした電車」と紹介しながら、「映画を観ると、嵐電はものすごく硬くて重くて、そこからは電車がきしむ高音も聞こえて。そういった鋭さも兼ね備えたやわらかい映画になってると思います」とコメント。井浦は、安部との初共演を「僕がなんとかして地点に入団しない限り、ご一緒する機会はないと思っていた。まさか卓爾組でお芝居できるとは思ってなかったので本当にうれしかった」と喜んだ。

鈴木が准教授を務める京都造形芸術大学映画学科俳優コースを卒業している大西は、現在放送中の連続ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」に養護教諭・佐川役で出演している女優だ。映画では太秦のカフェで働く小倉嘉子を演じており、「卒業してから京都に帰って映画を撮るのは初めてで、先生や後輩がどう受け入れてくれるか不安でした。でも後輩の皆さんは優しく温かく慕ってくれて。それが救いでとても自由に演じることができました」と撮影を述懐する。

映画では金井演じる、東京からやって来た俳優・吉田譜雨とのキスシーンも。大西は「これまでも何度か演じたことはあるんですが、自分で自分のキスシーンを観てドキドキしたのは初めてでした」と感想を伝え、金井も「たぶん実人生でもあんなキスは二度とできない」と見どころを明かす。鈴木自身もキスシーンの演出は2回目で、1回目は妖怪と人のキスだったため、人間同士のキスを演出したのは初めてだったという。「僕も現場で心臓がバクバクしてました。あそこは一生に一度しか撮れないようなものが撮れたと思っています」と語った。

イベントには、修学旅行で青森からやって来た女子高生・北門南天役の窪瀬環、電車を8mmカメラで撮影する地元の少年・有村子午線役の石田健太に加え、村井崇記、藤井愛稀、岡島由依も登壇。「嵐電」は東京・テアトル新宿、京都・京都シネマで公開中だ。その後、全国で順次ロードショー。

(c)Migrant Birds / OMURO / Kyoto University of Art and Design

アプリで読む