Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ドリカムがJ-POPシーンに与えた衝撃、そして楽曲の“スリリングな”仕掛けとは? 本間昭光が語る

リアルサウンド

17/11/26(日) 15:00

 18枚目のオリジナルアルバム『THE DREAM QUEST』をリリースしたDREAMS COME TRUE。リアルサウンドでは、J-POPのシーンで活躍するアーティストにドリカムについて語ってもらうインタビュー特集を企画。第1弾では「ドリカムのラブソング」をテーマに、シンガーソングライターのMACOと井上苑子にインタビューを行った。そして第2弾として登場するのは、ポルノグラフィティやいきものがかりを手がけるなど、“J-POP界にこの人あり”と言われる名プロデューサー/アレンジャーの本間昭光。ドリカムとは、2009年に行われたイベント『みんなでドリする? DO YOU DREAMS COME TRUE? SPECIAL LIVE!』で音楽監督を務めるなど、深く関わった経験がある。今回、ドリカムのニューアルバム『THE DREAM QUEST』のリリースにあたって、改めてドリカム楽曲の特徴やその魅力を、プロデューサー/アレンジャー目線で語ってもらった。(谷岡正浩)

「良い歌詞って、みんなが真似したくなる」

ーー本間さんが活動を始められた時期とドリカムのデビュー(1989年)タイミングは、ほぼ同じなんですよね?

本間昭光(以下、本間):そうですね。僕の場合は、デビューとかいうことではなくてもっとふんわりしていたんですけど、だいたいそれくらいの時期から始まっていますね。とは言え、中村(正人)さんはキャリアとしては大先輩なわけですけども。

ーーデビュー当時のドリカムはどんな印象でしたか?

本間:デビューから少し経った頃ですけど、いきなり宇宙船に乗った3人のビルボードが出現したんですよ(※1992年11月にリリースした5thアルバム『The Swinging Star』)。あの当時は、とにかくユーミン(松任谷由実)さんが強い時代で、冬といえば12月にユーミンさんの新しいアルバムが出るから、それをみんなが心待ちにしている、というのが音楽業界的な風物詩のようにあったんですよね。そこにドリカムがドンと出てきた。それまでももちろん存在や曲は知っていたんですけど、このアルバムがあまりにも鮮烈で、そこから聴き込んでいったという感じでしたね。

ーーお聴きになって、まず感じたのは何だったのでしょうか?

本間:それはもう中村さんのわかりやすいソウル愛ですよね(笑)。

ーー『The Swinging Star』のジャケットからも伝わってきますよね。

本間:本当に(笑)。

ーーとりわけ、「決戦は金曜日」に衝撃を受けた、と以前コメントされていましたよね。

本間:ええ。あの曲は今でいうところの“ミクスチャー”ですよね。自分の好きな音楽はこれなんだ! と明確に打ち出すスタイルというのが、それまではなかったんですよね。だからこそ、ドリカムの楽曲は、本場のソウルやR&Bを知らない人たちにも浸透していったと思うんです。で、それは僕みたいな、音楽に携わる人間にとっても少なからず驚きだったわけです。中村さんが敬愛するアース・ウィンド・アンド・ファイアーにしてもブラックとホワイトの融合だったわけじゃないですか? プロデューサーにデイヴィッド・フォスターが入っていたりすることからも明らかなように。同じように、ドリカムがやったことというのは、J-POPというフィールドに、いかに体が動くソウルミュージックを持ってくるかという挑戦だったと思うんですよね。それまではやはり、ソウルやR&Bはどちらかと言うと敷居の高い音楽というイメージでしたから。それをJ-POPできちんとダンスミュージックとして成立させたのがドリカムで、そこに衝撃を受けたんですよね。そしてそれがサウンドだけじゃなく、歌詞においても見事に達成されていたわけです。それまでアメリカのソウルのノリを出している曲はたくさんあったと思うんですけど、それらとドリカムの最大の違いは言葉なんですよ。きちんと日本語の歌詞として合わさるかどうか、それはドリカムにしかできなかったことだと思います。

ーーこれまでの女の子像を軽々乗り越えていくようなアグレッシブさと繊細さ、そして日常にしっかり結びついた歌詞はあっという間にリスナーの物語になっていきましたよね。

本間:そう。良い歌詞って、みんなが真似したくなるんですよね。ブレーキランプを5回踏むとか。それがポップスということだし、そこで果たす言葉の役割は本当に大きいですよ。ドリカムが出てきてしばらく経った頃は、J-POPにおいては、わりとストレートな表現が多かった時代だったんですよね。でも、それまでの音楽の世界では、歌謡曲もそうでしたし、ユーミンさんや(井上)陽水さんがやってきたような深い詩世界というのが一方ではあって、それをドリカムが融合したんじゃないかなと思います。そしてドリカムのデビューから少し遅れて槇原敬之くんが出てきて、さらにその後にaikoさんが続くわけで、日本のポップスにおける歌詞の役割をもう一度考え直すきっかけになったのがドリカムだったと言えるのではないでしょうか。

ーーなるほど。

本間:だから、ドリカムがデビューした80年代後半というのは、日本のポップミュージックシーンにおける歌詞の空白期間だったように思います。80年代の高揚した時代感から、細部にこだわっていく時代へ、もう一度揺り戻しが来た時期だったんじゃないかなと思いますね。それは、ドリカムのサウンドにも表れていますよね。とても大胆だけど、緻密ですから。好きを実行するには、やはりとことん細部にこだわらなければいけないんですよね。

ーーその細部こそが、音楽への“愛”ですよね。

本間:愛であり、魂ですね。最後の最後まで悩み抜いて細部を詰めていく、そこに魂が宿るんですよね。中村さんがアースのモーリス・ホワイトに初めて会った時に、「僕はあなたの音楽をパクって成功できたんだ」って正直に打ち明けたら、モーリスが「それでいいんだ」って言ってくれたというエピソードがあって。その話を聞いた時に、それを堂々と言える中村さんのマインドと、それを「いいんだ」って賞賛するモーリス・ホワイトのマインドの共鳴ぶりに感動してしまいました。中村さんは便宜上、「パクった」っておっしゃっていますけど、でもそれは絶対パクリではないんです。パクリとオマージュには絶対的な違いがあって、パクリの場合はたとえば流行っているからやってみるとかそういうことなんですけど、一方でオマージュは日常から聴き続けて自分の血肉になっている音楽を自分なりに表現するということ。そこに迷いがないんです。小手先ではないんです。堂々と“ラブ”を宣言している。だからこそ、違和感なくオリジナルに昇華していけるのだと思います。

ーーその部分があらゆる表現の出発点ですよね。

本間:すべての芸術というのは模倣から始まるんです。そこからオリジナルを生み出していくというのがこれまで連綿と続いてきた人類の芸術活動だと思います。クラシック音楽がわかりやすい例で、同じ譜面を演奏しても、やる人が違えばまったくの別物になったりしますからね。

ーー本間さんは、若手のアーティストのプロデュースも多く手がけてらっしゃると思うのですが、突き抜けた“好き”があるかどうかというのは、重要なポイントですか?

本間:かなり重要です。なんでもいいんですよ。好きからは少しずれるかもしれないんですけど、「とにかく売れたいんだ」とかでもいいわけです。明確に自分たちの意志やソウルを持っていないとスタートラインにも立てないと思いますね。それはアーティストに限った話ではなく、作詞家や作曲家、アレンジャーにしても同じことが言えると思います。こういう曲が書きたい、あるいは、この人に書きたい、でもいいんです。その強い気持ちがいつでも出発点ですよ。

ーーデビュー当時のドリカムには、やりたい音楽への気持ちが溢れていたんでしょうね。

本間:いやあ、そうでしょうね。じゃないと、これだけ多くの人を感動させることはできませんから。

「ドリカムのサウンドに世界が戻ってきた」

ーー本間さんから見た、アレンジャー・中村正人さんはどういったタイプですか?

本間:唯一無二です。中村さんじゃないとドリカム・サウンドにはならない。2009年の『みんなでドリする? DO YOU DREAMS COME TRUE? SPECIAL LIVE!』(アーティストたちがドリカムの楽曲をカバーしたスペシャルライブ)の時に僕は音楽監督として携わらせてもらったんですけど、アレンジの際に整地してしまうとドリカムにならないんですよ。だから中村さんのフレーズをちゃんと踏襲していかないと、ドリカムにならないんだ! っていう発見がありましたね。ここはストリングス休んでみようかなとかってやってみても、あれ? 違う……ってことになるんです(笑)。ブラスとストリングスが混在していて、多少ぶつかっているからついつい整えたくなっちゃうんですけど、そうはいかないという奥深さですね。ピカソやセザンヌが描いた絵みたいな感じというか。写実的なバランスからしたら、明らかに手が大きかったりするんだけど、この人の表現としてはこれしかないというか。それと同じで、どう突き詰めても、中村さんのサウンドとフレーズが積み上がったうえでのドリカム楽曲なんですよね。だから中村さんのアレンジは、フレーズの積み重ねによるアレンジ、ですよね。どちらかと言うとクラシック的だと思います。クラシックの楽曲って和音楽器の積み重ねではないじゃないですか。それよりも単音楽器のフレーズが合わさって楽曲になっていますからね。そのへんの話をすると中村さんご本人は謙遜されるんですけどね。本当に唯一無二ですよ。

ーーその、フレーズの積み重ねによるクラシック的なアレンジって、じつはすごく現代的ですよね。

本間:そうなんですよ。理論に則ったオーケストレーションというのではなく、音楽の根本というか。一言で言えば、スリリングなんですよね。そのスリリングなところがドリカムっぽさにつながっているのだと思います。最近の若いアレンジャーには、フレーズを重ねるということを履き違えている場合が多くて、音圧のために重ねて満足してしまっているんですよね。でも中村さんのアレンジにおけるフレーズの重なりというのは、各々のフレーズの最良の部分を選び抜いた結果である。この違いは、かなり大きいですよ。

ーーそしてそこに吉田さんの言葉と歌が乗るという最大のマジックが起きるわけですからね。

本間:そこは決定的ですね。どんな音を入れても、何にも負けない声ですから。だからアースへのオマージュが効いた曲をやってもドリカムになるという強みは、とくに初期の頃は意識的にあったでしょうし、自分たちのオリジナルに突き進むうえでも、さらなるチャレンジや冒険をするうえでも、吉田さんのボーカルというのは常に最大の武器ですよね。それはもうアレンジャー冥利に尽きるのではないでしょうか。中村さんのアレンジの根底には、とにかく吉田さんが歌いやすいように、というのはありますよね。

ーーニューアルバム『THE DREAM QUEST』のお話をお聞きします。率直にどのような感想を持たれましたか?

本間:どこからどう聴いてもドリカムというアルバムでしたね。それはつまり、すごいということです。まずアルバムの構成が素晴らしい。これは完全にショーですよね。1曲目に「THE THEME OF THE DREAM QUEST」があって、そしてほとんどイントロもなくガツンと吉田さんのボーカルで2曲目の「KNOCKKNOCK! – TDQ VERSION -」の幕が開くというね。見事なオープニングですよ。少しじらしつつ、いきなりドーンと来る、かなり計算された世界なんだろうなと思いますね。

ーーとくに気になった点はありますか?

本間:全体的にBPMが落ち着いていると思いました。僕の場合、職業病なのでそういうふうに聴いちゃうんですけど(笑)、BPMが落ち着いているというのは、世界の潮流なんですよね。一昔前にアメリカが一気に速い方向に向かったんですけど、今は落ち着いてきているんですよ。ただドリカムに限って言うとBPM自体は落ち着いたところでずっとサウンドを作ってきたと思うんですけど、また世界の波長と合ってきたというか。ドリカムのサウンドに世界が戻ってきた、と言えるかもしれません。だからドリカムは変わってなくて、世界の方が変動しているんですけど、そのシンクロニシティが、とても新しく感じるんですよね。

ーーとくにソウル/R&Bは顕著ですね。

本間:そうですね。ラップなんかも、言葉は詰まっているけどサウンドは隙間だらけにしたうえでBPMが落ちていて、それぞれの音がはっきり聴こえる、あるいは見えるようなサウンド作りになっていますよね。そこのチャンネルとドリカムが合ってきているというのは本当に面白いですね。お二人からしたら、「だろ? やっぱりココに来るだろ?」という感じではないでしょうか。

ーーシングルとして発表されている曲以外のアルバム収録曲の多くが、R&Bのディープな楽曲が多いのは、やはりそのあたりを意識されたのかもしれませんね。俺たちはずっとこの歩幅だったんだよっていう。

本間:世の移り変わりはどうであれ、ドリカムは自分たちの体が自然に動くテンポを信じてやってらっしゃるんでしょうね。そしてそのテンポこそ、聴き手にとってももっともしっくりくるものなんですよね。それは、日本語の曲だから、という部分も大きいでしょうね。

ーーなるほど。

本間:とにかく30年近くずっとトップにいながら考え抜いて悩み抜いて、細部にまでとことんこだわってやり抜いて来られた人たちですからね。『THE DREAM QUEST』も変わらず、愛と魂が詰まっていますよね。それを感じられるのが、ドリカムを聴くことの最大の喜びであり、僕らからすると、背筋が伸びる思いというか、励みになりますよね。

(取材・文=谷岡正浩/撮影=池田真理)

■DREAMS COME TRUE『THE DREAM QUEST』特集記事
ドリカムの“サブスク全解禁”が日本の音楽市場に与える影響は? 新アルバム発売方法から考える
ドリカムのラブソングはなぜ世代を越えて愛される? “言葉の魅力”をMACO&井上苑子が語る

『THE DREAM QUEST』

■リリース情報
『THE DREAM QUEST』
発売日:10月10日(火)
価格:¥3,000+税
※ワイドケース仕様

<収録内容>
1. THE THEME OF THE DREAM QUEST
2. KNOCKKNOCK! – TDQ VERSION –
3. 世界中からサヨウナラ
4. 秘密
5. あなたが笑えば – DCT VERSION –
6. その日は必ず来る – TDQ VERSION - 
7. あなたと同じ空の下 – TDQ VERSION –
8. 九州をどこまでも – TDQ VERSION –
9. 堕ちちゃえ
10. 普通の今夜のことを  ― let tonight be forever remembered ―
11. 愛しのライリー – TDQ VERSION –
12. あなたのように
※かんぽ生命キャンペーンソング
13. THE DREAM QUEST - OVERTURE – 
14. 九州をどこまでも – SINGLE VERSION –
※JR九州「ドリカム新幹線」キャンペーンソング
15. 愛しのライリー – SINGLE VERSION –
※ディズニー/ピクサー映画『インサイド・ヘッド』オリジナル書き下ろし主題歌
16 . KNOCKKNOCK! – SINGLE VERSION –
※花王「ソフィーナ プリマヴィスタ」CMソング
17. あなたと同じ空の下 – SINGLE VERSION –
※ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)「ドリーム・プロジェクト2017」テーマソング
18. その日は必ず来る – SINGLE VERSION –
※ENEOSエネルギーソング

レコード(アナログディスク)『THE DREAM QUEST』
発売日:10月10日(火)
価格:¥4,860(¥4,500)
12inchアナログ通常盤130g 
A式-Sジャケット/封入:解説カード、ライナーノーツ(蔦谷好位置・豊崎由美・ 谷岡正浩氏ライナー)
<収録曲>
・Side A
1. THE THEME OF THE DREAM QUEST
2. KNOCKKNOCK! – TDQ VERSION –
3. 世界中からサヨウナラ
4. 秘密
5. あなたが笑えば – DCT VERSION –
6. その日は必ず来る – TDQ VERSION –

・Side B
1. あなたと同じ空の下 – TDQ VERSION –
2. 九州をどこまでも – TDQ VERSION –
3. 堕ちちゃえ
4. 普通の今夜のことを  ― let tonight be forever remembered ―
5. 愛しのライリー – TDQ VERSION –
6. あなたのように
7. THE DREAM QUEST - OVERTURE –

予約は以下のオンラインストアにて受付中
DCTgarden SHOPPING MALL
UNIVERSAL MUSIC STORE
Amazon
タワーレコードオンライン
ローチケHMV
TSUTAYA オンラインショッピング
山野楽器オンラインショップ

■配信サービス情報
Apple Music
Amazon Prime
AWA
Google Play Music
KKBOX
Spotify
LINE MUSIC
Rakuten Music
レコチョクBEST

■ツアー情報
<全国ツアー>
『かんぽ生命 Presents DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017 / 2018 THE DREAM QUEST』

10月21日(土)・22日(日)さいたまスーパーアリーナ
10月28日(土)・29日(日)大阪城ホール
11月3日(金•祝)・4日(土)マリンメッセ福岡
11月18日(土)・19日(日)宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
11月25日(土)・26日(日)サンドーム福井
12月2日(土)・3日(日)北海道立総合体育センター北海きたえーる
12月16日(土)・17日(日)横浜アリーナ
1月6日(土)・7日(日)日本ガイシホール
1月13日(土)・14日(日)大阪城ホール
1月20日(土)・21日(日)神戸ワールド記念ホール
2月3日(土)・4日(日)日本ガイシホール
2月10日(土)・11日(日)マリンメッセ福岡
2月17日(土)・18日(日)広島グリーンアリーナ
3月3日(土)・4日(日)横浜アリーナ

 『かんぽ生命 Presents DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017 / 2018 THE DREAM QUEST ~ドリカムの夕べ~』
12月23日(土・祝)・24日(日)グランメッセ熊本
3月24日(土)・25日(日)沖縄コンベンションセンター展示棟

■関連リンク
『THE DREAM QUEST』特設サイト
DREAMS COME TRUE オフィシャルサイト
MACOオフィシャルサイト
井上苑子オフィシャルサイト

アプリで読む