Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

m-floに聞いた、20周年以降の新モード「メチャクチャなパラレルユニバースみたいなことが起こる」

リアルサウンド

19/7/6(土) 16:00

 2017年12月にオリジナルメンバーであるLISAの復帰を発表。翌年3月に『the tripod e.p.2』をリリースして再始動したm-floが、今年7月7日に迎えるメジャーデビュー20周年に向けて『mortal portal e.p.』を完成させた(m-floが語る、再結成への想いとそれぞれの現在地「今は間違ってることが面白いと感じられる」)。

m-flo / EKTO Music Video

 1曲目を飾る「EKTO」は届かぬ想いをテーマにした切ないラブソングで、美しいピアノと神秘的なストリングスの音色が印象的。続く「STRSTRK」はダークな金属音と粗暴なシンセ音が交錯するクレイジースペイシーチューン。m-floの持ち味であるレフトフィールドな感性が炸裂したアバンギャルドにして超絶クールな楽曲だ。彼らはこの2曲をどのようにつくりあげたのか。現在のチームワークやmortal portalというワードに込めた意味、さらには今後の展開までオープンに語ってもらった。ラストに出てくる☆Takuの哲学的な答えも必読だ。(猪又孝)

3人のチームワークは65点?

ーー『the tripod e.p.2』のリリースから1年ちょっと経ちますが、3人のチームワークは今どのような感じですか?

☆Taku:リリースからは1年だけど、再始動はその前からだから、チームワークはいいんじゃないですか? そこはLISAに聞くのがいちばん良いと思う。

LISA:相変わらず熱いですよ、私は。愛がなきゃ動かないし、やっぱり音楽は愛から生まれると思うから。Loveを感じながら私はホットにやらせていただいてます。

VERBAL:点数で言うと65点くらいかな。

ーーその理由は?

VERBAL:僕たち3人のグループLINEがあるんですけど、LISAを招待するといつもすぐ退会しちゃうんですよ。

LISA:それ、言うよねー。私、グループLINEがすごく苦手で。そこに入って発言するのが怖いんですよ。あれはダメっす。

ーー1対1ならOKなんですか?

LISA:それなら全然いいんです。逆にそれが嫌なの? って思っちゃう。

VERBAL:けど、このあいだ、結局、送ってる内容は☆Takuと僕で一緒だということが発覚して。だったら同じところで話せばいいじゃん、って言うんですけど。

LISA:いや、私は一人ひとりがいいの! 一人ひとりに送るのが手間だと思わないし!

VERBAL:けどシナジーが欲しいじゃん、音楽つくるときも。10人くらいのグループLINEならまだしも、3人で作ったグループLINEを退会されたら俺と☆Takuしかいなくなる。それじゃ、いつものLINEだから(笑)。

LISA:けど、私はそれまで1対1でやってきたし、その方が好きなの!

☆Taku:あはは。m-flo、LINE事件ですね。スクープですよ、これ(笑)。

勝ちパターンにこだわらない

VERBAL:m-floが再結成したとき、僕はみんなに、なんでもかんでも共有することをテーマにしようって言ってたんですよ。要はガラス張り。良いこともシブイ話も共有して頑張りたいっていう話をして、LISAも「だよね!」って言ってくれたのに、いつも退会されちゃうんですよね。だからLISAが退会しなくなったら90点台になると思います(笑)。

ーー『the tripod e.p.2』リリース後は、昨年末にシングルを立て続けに出しました。☆Takuはm-flo以外の仕事も多いですが、最近はずっとm-floモードで制作している感じですか?

☆Taku:そうですね。特に去年の年末から今年の前半までは、やっと方向性が見えてきてガーッとトラックを作ってました。今はDJの数もだいぶ少なくして、それを完成させる方にシフトしてます。しばらく音楽を作るのがホント嫌いだったんですよ。でも最近楽しいです。

ーーそんな中、今回はどのようなEPをめざしたんですか?

☆Taku:まずEPを作ろうとしてつくったEPじゃないんです。

ーー去年出したシングル曲「MARS DRIVE」も入ってますしね。

☆Taku:そう。20周年だし、記念になるようなものを出したいよねっていう話をしていて。シングルでポンと1曲出すよりは、楽しい感じの方がいいじゃんって。で、今ある曲の中で「EKTO」と「STRSTRK」と「MARS DRIVE」を入れようと。この3曲にしようって言ったのは僕とVERBALじゃなくてスタッフなんですよ。セカンドオピニオンみたいな形で「こういう感じで行くのはどう?」って提案されて「いいじゃん」って。で、EPのタイトルを考えなきゃねってことになってVERBALが「mortal portal」というワードを出したんです。

ーー『mortal portal』と名付けた意図は?

VERBAL:デビューした頃の僕たちは未来や宇宙というコンセプトを打ち出していて。たとえばインタールードで「将来CDはなくなるであろう」とか言ったりするのは当時、新鮮だったと思うんです。そういうコンセプトはまだ好きなんですけど、ちょっと擦り倒した感じがあるので、次のファンタジーはなんだろう? と、みんなでざっくばらんに話していて。そのときにパラレルユニバースだろうと。要は異次元です。それって説明できないし、不透明でワクワクする感じがあるから、そこにportalを通して行くとか、我々の世界に来て下さいっていう意味を込めたんです。で、portalと語呂の良い言葉っていうところからmortalを付けたんです。

☆Taku:portalってワームホール(wormhole=時空トンネル)みたいなことじゃん。で、mortalってコトは、そのワームホールが消えちゃうかもしれないってことだよね。

ーーmortalには「いずれ消滅する」みたいな意味がありますからね。

☆Taku:そう。だから、もしチャンスを逃したら、そのportalが見つけられないっていうことにもなる。

VERBAL:そういう意味もあるんです。immortalだと語呂が悪いし、ずっと存在するという意味になるからドキドキ感がない。「なくなっちゃうかも」っていう方がロマンチックだなって思ったんです。

ーー20年前に打ち出していた未来や宇宙がもう過去になってる感じもありますしね。

VERBAL:そう。2000年に「Mirrorball Satellite 2012」っていう曲をつくったときに「2012年か。すげえ先だけど、実はそんな先でもないよね?」っていう話をしてたけど、それがもう過去になってる。でも、そういう数字じゃなくて、縦軸でも横軸でも考えられるものにしようと。たとえば映画『インターステラー』とかそういう内容じゃないですか。

ーー☆Takuの好きなMARVEL作品だと『スパイダーマン:スパイダーバース』のマルチバースとか、そういう概念ですよね。

☆Taku:うん。そうそう。

ーー前作『the tripod e.p.2』をつくるとき、☆Takuは、再始動ということもあり、かつてのm-floサウンドを意識しながらそれをどうアップデートさせるかをテーマにしていたと話していました。今回はどんな意識で制作していましたか?

☆Taku:その“かつて”を捨てました。前作で1回やって、自分らが思ってた以上にお腹いっぱいになっちゃって違うものが欲しいなって。で、ある意味それがm-floじゃない? っていう結論になったんです。

ーー真新しいことをやることがm-floだろうと。

☆Taku:そう。勝ちパターンにこだわらない。

私はたぶん狂ってるって言った気がする

 

ーー「EKTO」と「STRSTRK」にはその新しいモードを強く感じました。

☆Taku:「STRSTRK」がきっかけなんです。「STRSTRK」をつくるまでは、何をすれば良いか、何を出せばいいか、何がフレッシュか、何がm-floなのかとかいろいろ考え込み過ぎちゃったところがあって。僕のトラックに対して、みんながメロディをつけていくんだけど、僕的に「ごめん。違うんだよね」って感じになっちゃってたんです。「これだ!」っていうのができなくて。

ーーなんかしっくり来なかった。

☆Taku:しっくりくるのって元々難しいことなんですよ。過去の作品でも「これだ!」って思ったことはあまりないんです。今回そういうことにも気付かされたりして。今回ソングライティングキャンプをやってたときに90’sのヒップホップっぽいモノを作ったり、フューチャーベースを作ったり、いろいろ試していたんですね。その中で、ある日、「STRSTRK」のデモを作ったときに、二人とも「What the fuck is this?」みたいな感じになって。

VERBAL:僕たち、グアムで一軒家を借りてソングライティングキャンプをやってたんです。2階建ての家でLISAの部屋が1階にあって、僕と☆Takuは2階。で、☆Takuの部屋のドアがちょっと空いてたんですよ。そしたら、いきなり「STRSTRK」のトラックが流れてきて。僕は隣の部屋で他の曲を書いたりして作業してたんですけど、「なにこれ、なにこれ?」って部屋に入って行ったのを覚えてる。

☆Taku:そう。入ってきて、「なにこれ、ヘンテコなの」って。

LISA:私もスパークしちゃいましたね。もうシビれちゃった。私はたぶん狂ってるって言った気がする。「これやべえ、狂ってるー!」って。忘れないですね、あの瞬間は。最高でした。

☆Taku:とりあえず気分転換で作ったような曲に二人がそういうふうに反応してくれて「あ、こういうことなのかな」って。僕の中でそれがきっかけになって、そのあとトラックを作るのがすごく楽になったんです。自分がどういうトラックを作れば良いのかっていうのがあの曲で見えた。

ーー紙資料では「STRSTRK」をチルトラップと呼んでいますが、どのようなアーティストやジャンルをヒントにして作った曲なんですか?

☆Taku:資料にわかりやすい言葉が必要だったってことだと思うけど、チルトラップって付けたのはスタッフなんですよ。僕、block.fmやってるけど、チルトラップって言葉は一度も使ったことがないし、わかんない。「STRSTRK」は、単純に、おっそーい曲をつくろうと思ったの。トラップとかそういうんじゃなくて、おっそーい曲を作ろうっていうだけ。以上。

VERBAL:狙ってる感じがなかったんですよ。だから良かった。狙ってやると、「今の若い人に刺さろうとしてるのかな」みたいなのが出ちゃう。でも「STRSTRK」は何も考えないでやって出てきたのかなっていうのがすごく伝わってきて。要はタカハシトラップってことだよ(笑)。

LISA:そうだね(笑)。

☆Taku:けど、自分自身、オリジナルなものを作ったって思ってないし。本当単純に音を重ねていって作っただけです。

ーートラックに触発されて、リリックもスラスラ出てきた感じですか?

LISA:メロディはその場で降りてきました。だから、すぐ録って。そのときに〈I’m so starstruck〉っていう言葉も降りてきたんです。

ーーstarstruckというのはどのような意味なんですか?

VERBAL:有名人とかスターに会ったときに衝撃で固まるみたいな感じ?

LISA:それのもっと強い感じ。It’s madness, craziness みたいな。心にグッと刺さるとかじゃなくて、私をクレイジーにさせてしまうほどの「わぉ!」っていうヤツですね。

ーーLISAは、どのようなイメージで歌詞を書いていったんですか?

LISA:☆Takuと一緒で私もあんまり手直ししてないです。この曲では、何がどうなのかっていうことをあまり細かく伝えたくなかったの。どんなLoveなのかも具体的に伝えたくないし、どこまでクレイジーなの? っていうことも伝えたくないというか。宇宙チューンだとしたら宇宙規模に大きくしたかったんです。変な話、言葉も乗せたくなかったくらい。ラララとかタララでも良かったくらい、私、この曲に惚れたんです。言葉って残酷で、入れれば入れるほど世界を縮めてしまうから、もう何にも要らないって。このクレイジネスをキープするために、大きく大きく、スペイシーにスペイシーに、「何言ってんだかわかんない」くらいでいいじゃん、と思ったんです。

ーーVERBALはどんな思いでラップを書いんたんですか?

VERBAL:いろんなパターンのラップができるくらい、このトラックは刺激的でした。で、LISAと同時進行で何パターンか書いた中で、LISAの言ってるstarstruckにこのラップがすごくハマったんです。トラックがすごくダークだったこともあって、歌詞は暗い感じ。ディストピアにいるけど自分の中で何かが覚醒して盛り上がってる。その理由は崇めてる相手が……みたいな話ですね。その主人公の思想をキャプチャーした歌詞を書きたくて。

ーーVERBALのリリックには、Public Enemyの曲名でもある〈Welcome to the Terrordome〉という一節が出てきますよね。

VERBAL:気付いてくれてありがとうございます!

☆Taku:最初はerrordomeだったんだよね。

VERBAL:要はちょっとズレた世界観を歌おうと思ったんです。でも、Welcome to the Terrordomeすら知らない人たちにerrordomeは1ステップ多いなと思って、Terrordomeに戻したんです。

ーーそうやってPublic Enemyの曲名も引用しているくらいだから、コンシャスな意識で書いたリリックなのかと思ったんです。現代の管理社会への警鐘みたいな意識も多少あったんですか?

VERBAL:それを救うのは自分自身というか。すごく貧困な地区に住んでる子どもたちが、ハッピーな笑顔をみせるドキュメンタリー映像とかを観るとグッとくるんですよ。友達がいっぱいいて楽しく生活してるとか。一方ですごく恵まれているのに文句ばっかり言ってる子もいる。ニュースをつけると世界は良いことばかりじゃないですけど、それは自分次第なんじゃないかなって。頭の中の銀河でいろんなことを空想していけば、自分の世界を広げられるとか、そういうポジティブなことを言いたかったんです。

20周年は振り返るものではなく“現在進行形”

ーー「STRSTRK」のMVはどんなコンセプトで撮ったんですか?

☆Taku:マックス・ヘッドルームです(1980年代イギリスの音楽番組にバーチャル司会者として登場したCGキャラクター。映画化もされた)。エミネムじゃないです。

VERBAL:エミネムがマックス・ヘッドルームのパロディを「Rap God」のMVでやってるんですけど、なんなら僕らはマックス・ヘッドルームをリアルタイムで観てますから。

☆Taku:というか、エミネムがマックス・ヘッドルームのネタをやってることを知らないくらい、俺、エミネム聞いてないし。

VERBAL:でも、若い子は知らないから、エミネムって言われるんです。マックス・ヘッドルームをやりたいっていうアイデアは前から温めてたんだよね?

☆Taku:そう。これまでにも何度か出ていた中、今回ついにマックス・ヘッドルームになったっていう。

VERBAL:ネタバラシをすると、MVで着てるスーツみたいなのは、実は「Piece of me」のビデオで使おうとしてたものなんです。

☆Taku:『PRINCE OF LEGEND』シリーズが80”sをコンセプトにしていたから、80’sだったらマックス・ヘッドルームだよねって言ってたんです。だけど、「Piece of me」は別のアイデアでビデオを作ることになって、それでこの曲に使われるようになったっていう。結果ドンハマリですね。

ーー「EKTO」は、「STRSTRK」のあとに作ったんですか?

☆Taku:はい。去年の12月下旬か今年1月上旬くらいにできた曲。

ーーどんなイメージでトラック作りに着手したんですか?

☆Taku:封印していたものを逆に全部出しました。自分の中で止めてたコード進行とか、自分が止めてた盛り上げ方とか、最近敢えてやらないようにしようと抑えていたものを爆発させた曲ですね。そのうえでどういうふうに今までと違うものを作るかっていうことを考えてつくりました。で、ソングライティングキャンプでは規則正しい生活を大事にしてたんだけど、この曲は夜中に作ろうと思って。「あ、夜中じゃないとこういうの作れないんだな」って思った曲。

ーー夜中になると、こういう曲が生まれてくる?

☆Taku:夜中の孤独感なのかな。夜中にできあがって、自分のiPhoneに移してイヤフォンで聞いて「いいな」って思いながら聞いてました。

ーー「EKTO」は、Jazzin’ parkの栗原暁さんとJUNさんとの共作になっていますが。

☆Taku:LISAが「☆Takuちゃん、私、こういうのはやり尽くしたからメロが思い浮かばない」って。

LISA:トラックは好きだったんですけど、☆Takuはそのときラッシュ状態で、他にもいっぱいトラックを上げてたんですよ。で、こっちも「Wao!」ってなって作りたいから、ここで頑張って「やれます」って言っちゃダメだなって。できることはやるけど、できないことはお返ししようと。

ーー結局メロディは栗原さんが書いたんですか?

☆Taku:そうです。シンガーソングライターのLISAもいいけど、女優のLISAもいいなって。

ーー他の人が書いたものをシンガーとして表現するっていう。

☆Taku:そう。

ーーラップの歌詞はVERBALが書いたんですよね?

VERBAL:僕が書きました。でも、これを機に僕も、僕のラップを書いてくれる人を募集したいくらい(笑)。僕、それも全然ありだと思ってますから。往年のヒップホップの名曲で、実はゴーストライターなどがいた曲もありましたし。例えば、Foxy Brown の歌詞をJay-Zが書いていた事は有名な話です。

 話を戻すと、このラップはLISAの歌録りが終わってから書いたんです。で、思いを天に送りたいっていうところから、エクトプラズムが煙みたいに宙に舞う様なのをイメージして、そこからエクトっていう言葉が浮かんで。ラップはそこから広げていったんです。

ーーEKTOはエクトプラズムから来ていたんですね。最初、EKTOの意味がわからずググってみたら、ギリシャ語でECHOを示すと出てきて。曲の後半部でEKTO、EKTOとリフレインするから、確かにこだまのようだなって思ったんです。

☆Taku:まさにそれ! 次のインタビューからそう言いますから。いいじゃん、それ。実はエクトって、まるでエコーのようにこだまするからそれでEKTOっていうタイトルに……(笑)。

VERBAL:いやいや、もう遅いよ(笑)。

ーー今後の話も伺いたいんですが、「STRSTRK」のMVのラストに「m-flo 3.0」という文字が現れますよね。あれはどんな意図なんでしょうか?

☆Taku:m-floが次のバージョンに変わりますよっていう意味です。

ーーここから第三期ということですか?

☆Taku:みたいな。その第三フェーズが何かっていうのはまだ明かせないんですけど。

ーー確認ですが、第一フェーズ、第二フェーズはどの時期を指すんですか?

☆Taku:第1フェーズはLISAがいたとき。第2フェーズはLoves。

ーー1回、LISA抜きで復活した時期もありますが。

VERBAL:「FUTURE IS WOW」あたりは、2.6くらいで(笑)。

☆Taku:そうだね(笑)。そこがあるから4.0にしても良かったんだけど、でも3.0でいいかなって。けど、その3.0はムチャクチャになっていくよって。

ーーあはは。ムチャクチャになっていくんですか(笑)。

☆Taku:うん。カオス!(笑)。

LISA:素敵だね。素敵だと思う。

ーーメジャーデビューして20年ですが、改めて振り返ると、この3人のm-floって3年程しか活動してないんですよね。デビューからの2年と、この1年ちょっと。だからこそ、この3人での活動はまだ全然フレッシュなんじゃないかと思うし、今後をすごく楽しみにしてるんです。

☆Taku:ありがとうございます。でもまあ、ありがたいですよ、こうして20年もやらせていだけて。

ーーLISAが不在だった15年間って、振り返るとm-floにとってどんな期間だったと思いますか?

☆Taku:進行形ですよ、それも。どんなものだった? って考えるものじゃなくて、常に進行形のもの。なんていうか……振り返るものではない。

VERBAL:なんかポエムな答えだな(笑)。「to be or not to be」みたいな。

LISA:あはは! ☆Taku! That’s so funny!

VERBAL:なんかシュールな詩人みたい。

☆Taku:というか、あれは過去のものではない。

VERBAL:パラレルユニバースだからね。

☆Taku:そう。振り返るものではない。過去のものではない。

ーー哲学的な回答ですが、とにかくここから始まる第三期はカオスになると。

☆Taku:正直、このEPから少し時間はかかるんですよ、次のアルバムが出るまでは。でも、曲はいっぱい溜まってきたし、溜めてたアイデアも多いんで。時間が空くぶん、第三期のカオスはportalへのワープみたいなことが、メチャクチャなパラレルユニバースみたいなことが起こるはず。今はそう考えてます。

(取材・文=猪又孝/写真=池村隆司)

■リリース情報
『mortal portal e.p.』
7月3日(水)発売
初回限定  異次元ポータル穴あきジャケット
CD only:¥1,296(税込)
CD+DVD:¥2,160(税込)
<CD収録曲>
M1.EKTO
M2.STRSTRK
M3.MARS DRIVE
M4.EKTO -SASUKE Remix-
M5.EKTO -Instrumental-       
M6.STRSTRK -Instrumental-
M7.MARS DRIVE -Instrumental-       
M8.EKTO -Acappella-
M9.STRSTRK -Acappella-       
M10.MARS DRIVE -Acappella-

<DVD収録内容>
1.EKTO MV
2.STRSTRK MV

■ライブ情報
8月4日 ホットフィールド2019 @富山県 黒部市宮野運動公園

■関連リンク
m-flo公式HP
m-flo公式Instagram
m-flo公式Twitter

アプリで読む