Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

日向坂46 齊藤京子が語る、“国民的彼女”の新境地 「聖地巡礼して、デート気分を楽しんでもらえたら」

リアルサウンド

21/1/19(火) 10:00

 日向坂46・齊藤京子の1st写真集『とっておきの恋人』が、2021年1月19日に発売された。日向坂46として初のソロ写真集となった本作は、日向坂46のカラーを強調した、”アザトカワイイ”齊藤京子らしい特別な一冊となっている。

 “国民的彼女”という齊藤京子独自のワードは奥が深い。推しの笑顔やパフォーマンスが、ふとしたときに訪れる寂しさや行き場のない悲しみを埋めてくれるとするならば、アイドルの存在は”彼女”のように近しい距離にいるのが理想的だからだ。特に昨年は、物理的に距離を取らざるを得ない一年だったのに反して、心の距離はグッと近づく一年だったのかもしれない。実際に手を繋ぐことはできなくても、いつでも手を繋いだ気分になれる写真集は、心の距離をさらに縮め、安心感を与えてくれる。まさに『とっておきの恋人』であり、”国民的彼女”の為せる技だと感じた。

 本作は、さまざまなデートシチュエーションを盛り上げるおしゃれなファッションにも注目だ。齊藤京子と妄想デートを楽しめる写真集でありながら、彼氏目線だけでなく、女性目線、カップル目線でも楽しめる要素があるのが面白い。いろんな形の”キュン”が詰まった記念すべき一作目の写真集に齊藤京子が込めた思いとは。撮影の思い出やこだわりについて話を聞かせてもらった。(とり)

写真集のデートを真似してほしい

――日向坂46初となるソロ写真集の発売おめでとうございます。写真集を出すことになったときのお気持ちはどうでしたか?

齊藤:光栄な気持ちでした。写真集を出させていただけるだけでも十分幸せなことで、日向坂46として一番目というプレッシャーもありましたが、気持ちに応えられるよう頑張らなきゃとも思いました。

――プレッシャーもあったんですね。一作目にして、凄く日向坂46らしい、齊藤さんらしい作品に仕上がっていると思います。この写真集が次に繋がっていくといいですね。

齊藤:嬉しさとプレッシャーの両方がありましたが、ポジティブに楽しみながら頑張ろうと思って撮影に臨みました。これからも、他のメンバーも写真集を出せたら嬉しいです! 

――本当に一緒に東京デートを楽しんだと錯覚するような写真集でした。今回、恋人感をコンセプトにした理由を教えてください。

齊藤:もともと写真集を買ったり見たりするのが趣味で、家にもたくさん写真集があるんですけど、いつか自分が写真集を出すとしたら、ページをめくるだけでデートしている気分になれるくらい、彼女感のある写真集にできたら面白いんじゃないかと思っていたんです。なので、実際に写真集のお話をいただいたときに、彼女感をコンセプトにした写真集ができたらと考えていたことをお話しして、実現しました。

――写真集を見るのがお好きなんですね。実際に、参考にした写真集はありますか?

齊藤:そうですね。他の方の写真集を見ていたら彼氏になった気持ちを味わえるような場面が出てくるものがあって、そこに凄く魅力を感じたんです。なので、私は全編を通して彼女感のある写真集にしたいな、と思いました。

――まさに“国民的彼女”だと思いました。

齊藤:本当ですか? 嬉しいです。“国民的彼女”は、みなさんに彼女と思っていただけるくらいの親近感を持ってもらいたくて独自に作った言葉なんですけど、そのように見ていただけたのであれば嬉しいです。女性にも楽しんで頂けそうですかね……?

――女性の私から見ても、一緒に楽しく過ごしたような気持ちになったので、女性受けもすると思います! それに、最後にロケ地をまとめたマップが載っているのが親切でいいなと思いました。全部東京なので誰でも行きやすいですし、写真集の新しい楽しみ方ができそうです。

齊藤:そうなんです! 聖地巡礼して、デート気分を楽しんでもらえたら嬉しいです。今までの写真集にない楽しみ方ができると思うので、一人でも多くの方に見ていただきたいです。

――カップルで写真集を見て一緒にデートする、みたいなこともあるかもしれないですね。

齊藤:「きょんこみたいに、水族館でペンギンのぬいぐるみ買おうよ!」みたいな感じで、シチュエーションを真似してもらえたら幸せです。実際に、昨日のミーグリ会(オンライン ミート&グリート会)で「きょんこのおかげで結婚しました」っていう人がいたんです。こんな私が恋のキューピッドになったんだと思うとウルっときてしまって……。これからも頑張ろうって思いました。

――それは凄いですね! 聖地巡礼デート、楽しそうです。

齊藤:カップルの方もそうでない方も、たくさん聖地巡礼してほしいです!

――もし齊藤さんが実際にデートをするなら、どんなデートプランがいいですか?

齊藤:まさにこの写真集通りのデートをしてみたいです。水族館とか映画館とか、わりと王道なデートスポットなんですけど、ベタな感じがすごく好みです。

――王道が好きなんですね。では、自分が男性だとして、日向坂46のメンバーとデートに行くなら誰とデートに行きたいですか?

齊藤:丹生ちゃん(丹生明里)ですかね。丹生ちゃんは本当にピュアな子なので、どこへ連れて行っても喜んでくれる気がします。リアクションもしっかりとってくれるので、サプライズのし甲斐がありそうだなって思います。

――写真集でもあった東京タワーの見えるレストランでサプライズとか?

齊藤:そうですね。おしゃれなお店に行って丹生ちゃんを驚かせてあげたいです(笑)。

東京をさらに好きになった撮影

――撮影で楽しかった思い出を聞かせてください。

齊藤:撮影の初日に行った新島という東京の離島が凄く楽しかったです。日本のはずなのに海外に行ったような、新鮮で開放的な気分になれました。初日なので緊張もしていましたが、緊張がなくなるくらい楽しかったですね。私は東京生まれ東京育ちなんですけど、新島は名前を聞いたことがあるくらいで一度も行ったことがなかったんです。実際に行ったら海がとても綺麗で、本当にここが東京なんだ、こんな東京もあるんだと、東京の新しい一面を知ることができて、さらに東京が好きになりました。

――それは素敵な発見でしたね。東京で育った齊藤さんですが、東京の好きな場所はどこですか?

齊藤:東京タワーはやっぱり”東京”という感じがするので好きです。写真集でも、東京タワーが見えるレストランに行ってディナーデートシーンを撮影しました。そこでは40階くらいの高い建物の目線で、間近に東京タワーを見ることができたんですけど、本当に綺麗でした。

――写真集ではいろんな衣装を着られていますが、特にお気に入りの衣装はありますか?

齊藤:どの衣装も「なんでこんなに可愛いの!?」ってくらい可愛かったんですけど、一番のお気に入りは、ピンクのシャツにモノトーンのタイトスカートを合わせた衣装です。サスペンダーが付いている衣装なんですけど、サスペンダーを付けることで”アザトカワイイ”感じになって、さらにこの衣装が好きになった思い出があります。

――“アザトカワイイ”は日向坂46の楽曲タイトルにもあるワードですね。一昔前までは、”あざとい”には嫌味っぽい意味があったように思うのですが、齊藤さんはどのように捉えていますか?

齊藤:“アザトカワイイ”は褒め言葉だと思います。“あざとい”だと小悪魔的に狙ったイメージがありますが、”アザトカワイイ”は自然体な感じがするので。”アザトカワイイ”って言われる方が、私は嬉しいです!

――なるほど。確かに、自然な“アザトカワイイ”瞬間が写真集には詰まっていますね。それに、お風呂でのぼせているセクシーなショットも。

齊藤:前に日向坂46の1st写真集『立ち漕ぎ』を出させていただいたときは、バスタオルを巻いて露天風呂で撮影したシーンがあったんですけど、今回はバスタオルなしの状態で撮影したので恥ずかしかったです。ただ、私は趣味に「旅行・温泉」と書くくらいお風呂が大好きなので、浸かっているうちにだんだん気持ちよさが勝って、途中からは恥ずかしさも忘れて温泉を楽しんでいました(笑)。真夏の露天風呂だったので結構暑かったんですけどね。何枚も撮っていただいたので、かなりのぼせてしまいました(笑)。

――顔真っ赤になっていますもんね(笑)。真夏の露天風呂は大変そう……。

齊藤:でも、撮影は本当に楽しくて、大変だと感じたのは、虫以外に思いつかないです。夏の離島だったので、今まで見たことのないような虫が多くて戸惑ったんですが、ソロ写真集なので私が怯えていたら始まらないじゃないですか。なので、苦手ながら頑張りました!

”国民的彼女”として

――写真集発売情報が解禁された日のSHOWROOMでは「アイドルとしての齊藤京子ではなく、一人の女性として写っている」という話もされていましたが、齊藤さんの思う理想のアイドル像とはどんなアイドルですか?

齊藤:白石麻衣さんが理想のアイドル像であり、理想の女性像でもあります。本当に上品だしお綺麗だし、みんなから愛されている方だと思うので。私も白石さんのように、みなさんから愛される強くて美しい女性になりたいです。そこに、”国民的彼女”としての親近感を持ってもらえるよう、日々頑張っています!

――写真集はその理想を体現しているようにも思います。2020年は新型コロナで大変な一年でしたが、振り返ってみていかがですか?

齊藤:ライブや握手会はできなくなってしまいましたが、新しいことにたくさん挑戦させていただけた一年でした。配信ライブやミーグリ会という形式でファンのみなさんとお会いできたことは私にとって心強い支えになりましたし、こんなやり方もあるんだなという新しい発見でもありました。日向坂46としては9月に1stアルバム「ひなたざか」を発売させていただけたこと、私個人としてはこの写真集の撮影ができたことも思い出です。

――2021年はどんな一年にしたいですか?

齊藤:まず、日向坂46としては、延期になってしまった「ひなくり2021」東京ドーム公演を最高の形で、みなさんに直接お届けしたいと思っています。また、この写真集がたくさんの方に長く愛されるといいなという気持ちも強いです。

――2021年も忙しくなりそうですね! では最後に、写真集を見てくださる方にメッセージをお願いします。

齊藤:いつでも隣にいるような、どんなときも元気になれるような写真集になっています。一人でいるとき、寂しいときにこの写真集を開いていただければ「一人じゃないんだな」と思っていただけるはずです! 全編200ページと超ボリュームがあるので、寂しい気持ちなんて無くなってしまうと思います。少しでもみなさんの元気の源になれたらと思いますので、よかったらぜひ見てみてください!

■とり
日々グラビアに勇気と希望をもらって生きており、 グラビアを熱くドラマチックに語るのが趣味。 読んだ後に心が豊かになるような文章を心がけています。 好物はカレーとサーモンです。Twitter、note


■書籍情報
『齊藤京子1st写真集 とっておきの恋人』
出版社:主婦と生活社
発売日:21年1月19日
定価:本体1800円+税 
撮影:岡本武志
Twitter
Instagram

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む