Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

福士誠治、芋生悠、阪元裕吾ら5名登壇!「ある用務員」舞台挨拶が1月23日開催

ナタリー

21/1/19(火) 19:00

「ある用務員」

福士誠治の主演作「ある用務員」の先行上映舞台挨拶が1月23日11時30分より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で開催されることがわかった。

本作は元暴力団員だった父を幼い頃に殺され、父親の組兄弟・真島のもとで凄腕の殺し屋に成長した深見を主人公とする物語。福士が真島の娘・唯の見張りを務めるため用務員として高校に潜り込んでいる深見を演じ、ヒロインの唯役で芋生悠が出演した。監督を務めたのは「ハングマンズノット」の阪元裕吾。

舞台挨拶には阪元、福士、芋生のほか唯と同じ高校の生徒・龍ヶ崎翔太に扮した近藤雄介、深見の命を狙う女子高生の殺し屋・シホに扮した伊澤彩織が登壇する予定だ。チケットの発売日など詳細については作品公式サイトで確認を。

松平章全が脚本を手がけた「ある用務員」は、特集上映「未体験ゾーンの映画たち2021」の1本として1月29日にヒューマントラストシネマ渋谷で公開。2月5日よりそのほかの劇場で全国順次ロードショーされる。

(c)2021「ある用務員」製作委員会

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む