Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳、三浦春馬主演ドラマ『TWO WEEKS』出演へ

リアルサウンド

19/6/6(木) 11:00

 7月より放送がスタートするカンテレ・フジテレビ系火9ドラマ『TWO WEEKS』に、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳が出演することが決定した。

参考:芳根京子、『TWO WEEKS』で初の検事役に 三浦春馬とは『ラスト・シンデレラ』以来の共演

 三浦春馬が火9ドラマ初主演を務め、芳根京子が初の検事役としてヒロインを演じる本作は、イ・ジュンギが主演を務めた、ソ・ヒョンギョン脚本の同名韓国ドラマをもとにしたタイムリミットサスペンス。殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦春馬)が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描く。

 比嘉が演じるのは、結城の元恋人・青柳すみれ。8年前に結城から一方的に別れを告げられた後、結城に黙って娘のはな(稲垣来泉)を産み、シングルマザーとして育ててきた。しかし、白血病に侵されたはなのドナー適合者を探すため、はなの父親である結城のもとを訪れる。

 連続テレビ小説『どんど晴れ』(NHK)や『コード・ブルー』シリーズ(フジテレビ系)をはじめ、ドラマ、映画、舞台でさまざまな役を演じてきた比嘉。最近では、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)での妖艶なキャラクターが印象的だが、今作で連続ドラマとしては初の母親役を演じる。すみれは、結城との辛い過去やはなの病気といった不運に見舞われながらも、ひたむきに生きる芯の強い女性。母親として、はなを守りたいという母性、不安にかられて時折見せる弱さといった心の機微を表現する比嘉は、「役者として一つのターニングポイント」とコメントしている。

 三浦貴大が演じるのは、すみれの婚約者・有馬海忠。鋭い洞察力と冷静な判断力を持つ優秀な刑事だが、職務を離れたプライベートでは、すみれとはなを献身的に支える心優しい人物だ。結城がはなの父親であることは、すみれから知らされていない。殺人犯として脱走した結城捜索の最前線に立つ有馬は、皮肉なことに、2週間後に控えたはなの手術までに結城を捕まえることを心に誓う。

 高嶋が演じるのは、実業家・柴崎要。柴崎コーポレーションの社長として、高級クラブや質店など多角的な経営を進めるほか、投資コンサルティングセミナーで顧客を集めるなど、一見敏腕な男に見えるが、本当は己の欲のためなら、法や倫理に反した手段も狡猾にこなす“毒蛇”だ。結城とは古くからの付き合いがあり、8年前の“ある出来事”にも関わっている。このドラマきっての悪人で、笑顔の裏に底知れぬ恐ろしさを秘めた柴崎。これまで笑顔を効果的に芝居に活かして善人も悪人も演じ分け、数多くの作品でインパクトを与えてきた高嶋自身も、「狂気じみた笑顔が、今回の役における芝居の重要なポイント」と語っている。

 黒木が演じるのは、国会議員・久我早穂子。前職の弁護士時代から楓(芳根京子)の家族と知り合いで、今も楓を娘のようにかわいがり、相談役として支え続ける心優しい女性という役どころだ。息子が難病に侵された経験から、小児医療関係の政策に率先して取り組んでおり、国民からの支持も厚い。楓にとって良き理解者であり、最強の味方である早穂子。自身の強い信念に基づいて政治活動を行ってきた早穂子だが、結城にとって敵か味方かは不明。さらに物語が進むにつれて、早穂子の正義感が揺らぐことも。黒木は「血の通った人間を演じたい」とコメントした。

【比嘉愛未 コメント】
■このドラマの企画、そして脚本を読んだ時の印象
台本を読んだときにスピード感があって、ハラハラして、すごく映像が頭に浮かんだんです。いつも作品に携わらせていただくときに「映像が思い浮かんでときめくか」を大事にしているのですが、今回は一気に世界観に入り込めたので、ぜひ演じさせていただきたいなと思いました。

■連ドラ初の母親役となるすみれをどう演じていきたいか
すみれは信じられないくらい不運な女性ですが、相当な覚悟と強い母性を持った女性です。その複雑さも繊細さもひっくるめて、すみれの思いを自分の中に落とし込んで演じていけたらと思います。連ドラでは初めての母親役ということで、役者として一つのターニングポイントになる挑戦です。だけど、乗り越えた先は絶対景色が変わるような気がしますので、楽しみながら取り組んでいきたいです。

■撮影に向けての抱負や、視聴者に向けてのメッセージ
私自身、読んでいてすごく面白くて、次も見たいと思える脚本ですので、その中でちゃんと母性をにじみ出せるように頑張ります。素晴らしいキャストの皆さん、特に疾走する三浦春馬さんの熱量を感じてもらえたらと思います。ぜひご覧ください。

【三浦貴大 コメント】
■このドラマの企画、そして脚本を読んだ時の印象
物語の中の複雑な人間関係のなかで、どのように有馬という男を演じていくべきか、良い脚本なだけにかなりのプレッシャーを感じました。

■婚約者・すみれの元恋人とは知らずに結城を追う有馬をどのように演じていきたいか
有馬は仕事には厳しいが、普段は人を思いやって行動をしている人物だと思います。ただの正義漢ではない、有馬なりの葛藤や、愛情を丁寧に演じていければと思います。

■撮影に向けての抱負や、視聴者に向けてのメッセージ
難しい作品と役柄ではありますが、より良い作品になるように物語の中に存在していければと思います。ぜひ、ご覧になってください。

【高嶋政伸 コメント】
■このドラマの企画、そして脚本を読んだ時の印象
すごくパワフルな印象を受けました。2週間という限られた時間の中で、主人公がどのように生き抜いていくのか。その生き様に力強さを感じて、すごく心ひかれましたね。それに謎が謎を呼ぶ人間関係になっているので、今後どうなっていくのかが非常に楽しみな脚本です。

■このドラマきっての「悪い男」柴崎の「悪さ」をどのように演じていきたいか
柴崎はすごく頭が良くて執念深い、相手を生殺しにする毒蛇のような人物ですね。それでいて孤独で、自分しか信じられないという部分があります。その辺はジーッと相手の表情から真偽を読み取ろうとする目に表れてくると思います。あとは、笑顔! 臆病な自分や知られたくない本心を隠すためなのか、狂気じみた笑顔が、今回の役における芝居で重要なポイントだと思うんです。

■撮影に向けての抱負や、視聴者に向けてのメッセージ
誰が本当に悪いのかわからない、この謎に満ちた物語の中にどっぷりつかって楽しんでいただきたいなと思います。主人公の結城が、さまざまな危険に遭いながらどうサバイブしていくのか、そこも見守っていただけたらいいなと思います。

【黒木瞳 コメント】
■このドラマの企画、そして脚本を読んだ時の印象
本当に目が離せない連続ドラマ向きの作品だと思いました。「次がどうなるの? 助かるの?」と、最終回に向けてのドキドキハラハラ感が見る人をひきつけていくのだろうと思います。

■政治家、そして楓の良き理解者として、早穂子をどのように演じていきたいか
早穂子の正義感がどのように崩れていくのか、とても楽しみにしているところです。今作品は職業よりも人間に重きを置いて描かれているので、血の通った人物を演じたいと思っています。結城にとって、敵なのか味方なのかわからないところが、ある意味、演じにくいですけど(笑)。そこが早穂子の面白さでもあると思います。

■撮影に向けての抱負や、視聴者に向けてのメッセージ
とても感動的な物語です。ヒューマンサスペンスのドラマ、ここにあり!という作品に参加でき、私も楽しみです。ご期待ください。

【岡光寛子プロデューサー(カンテレ)コメント】
このドラマは「父と娘の親子愛」と「濡れ衣を着せられた男の逃亡劇」という大きく2つの柱があります。重層的なストーリーの中、三浦春馬さん演じる主人公を取り巻く人たちの複雑に絡み合う人間模様も、この作品の魅力の一つです。そんな個性豊か“過ぎる”登場人物にぴったりな皆様に集結していただくことができました。比嘉さん演じるすみれの母性、三浦貴大さん演じる有馬の実直さ、高嶋さん演じる柴崎の狂気、そして黒木さん演じる早穂子の正義感…。「こんなのアリ!?」と思わせるほど入り組んだ人間関係のなかで、この豪華な俳優陣の個性が存分に活きる作品にしたいと思っています。先日無事にクランクインしました! 皆さん、放送を楽しみに待っていてください。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む